迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

デイブレイカー

2010年12月29日 | た行 外国映画
暮れの喧騒、胃腸炎とおぼしき絶不調、さまざまなストレス、山のようなケーキの製作・・・。私に覆いかぶさったこの12月のもろもろのことを乗り越えられたのは、すべてこの映画と、1月公開のあれを見れる!!ただそれだけだったように思えます・・・。

あたしにいきる力を与えてくれるのは、すべてはイーサン!あなたのその情けなさを漂わせる笑顔、ちょっとぷよぷよのおなか、眉を寄せた憂いを帯びた寂しい表情・・・・。それを見れただけで、私は幸せでございます



2、3度昇天しかけましたが、いい。あなたは、やっぱいい。一生ついて行きます。そう今日も思った一日でございました・・。

さて、「デイブレイカー」!イーサンが、ヴァンパイヤものの新作に出る!というニュースを聞いたのは、去年。いつ来るのかなあ??と、首を長~くして待ってましたよ!やっと当地に参りましたが、なんせ今はほれ!仮面ライダーやら、なんやらかんやらで、とにかく長蛇の列

いや、いつもはすぐにチケット買える映画館なんすよ。なので、ぎりぎりに行っても余裕なのですが、イーサン見に行くんだと思って、ちょっと張り切って早めに行ったんス。目が点!なんだ!!あの行列は!!!

親子連れから、なにやら、とにかく半端な数でない。やばい!!もうすぐ始まるでないの。ここは時間が迫ってる映画のチケット販売を優先させるべきではないかと、思ったのですが、そんな配慮は一切なし。もう、超ぎりぎりで、「どこでもいいです!」と、なかばキレがかりながらチケットゲット。ちょっと腹立ち状態で、椅子に座ったのですが、イーサン出てきた瞬間、そんな腹立ちはどこへやら!!もう、至福の時間。ちなみに観客は3人。あの行列・・・・。



さて、映画のことを述べねば。最近やたらはやりのヴァンパイヤもんだが、ちょっと色合いが違う。ここは二つの意味の色合いなのだが、マイノリティのはずのヴァンパイヤが、何とこの世界では、マジョリティになっているということ。

謎の病気のまん延によって、人類は滅亡の危機に陥ったが、乾坤一擲、ヴァンパイヤになることによって、生きながらえることが出来たというか、存続できたというか・・。でも、そこで大きな問題が!ヴァンパイヤの食糧たるべき人血が決定的にない!

ヴァンパイヤになってもわれら人間はあくまでも人間らしく、エゴの塊で、目先のことしか考えず、自分さえよければいい・・・という代物らしい。生き残った人間をとっ捕まえて、それを家畜化してしまうか、代用血液でなんとかこの場をしのごうとする。

この場さえしのげばなんとかなる・・というあたりもいかにも人間臭い。ヴァンパイヤという立場に置き換わっただけで、なんら人間と変わりないのだが、問題は食糧たるべき人血を飲まないと、ものすごい凶暴なサブサイダーというモンスターになってしまうこと・・。

人血を飲まずに、なんとか代用血液を作りだそうと奮闘している研究員のエドワードが、イーサンでございます。うーん、黄色い目の色はちょっと駄目だったわ。でも、顕微鏡をはっしと見るとこなんか、きゃー、どうしましょう!てな感じで。



なかなかうまくいかないまま、行き詰っていたところ、偶然知り合った人間から、驚愕の事実を聞く。決定的な解決方法が見つかるかもしれない・・・。しかし、人血はすでに底をついている。どうなる???

ということで、なかなかのアイデア!逆転の発想とでもいいましょうか、ありそうでなかった設定。人間がロボットでした!なんてのよく見ましたが、結構斬新だったのでは。で、なんとも頼りなげな、でも決めるとこは決めます!悩ましげな風情で、自分がもたらした結果を見やる複雑な表情!!あ、ここで昇天です。

目の色が青に戻って、前髪はらりと垂らした姿にまず昇天です!女とべたべたのシーンがなかったのが、またよかったですわ。そういった余計なもんは一切なしの、無駄をそぎ落とした映画でしたな。



いいとこは、デフォーさんに持ってかれた感もありましたが、いいんです。そういう決定的な見せ場を、御大にちゃんとゆずってあげるのもイーサンならではですから。

つうことで、グロの中に、結構な示唆を含ませたなかなかの力作。この監督、センスいいですね。ま、イーサンを持ってくる時点で、最高のセンスですがね!って、すいません!!!ほとんど壊れてます。これ見るために、今年も生きてきました!!来年、そうそう、あたしを「クロッシング」が待ってます!!!

◎◎◎◎

「デイブレイカー」

監督・脚本 ピーター・スピエリッグ/マイケル・スピエリッグ
出演 イーサン・ホーク ウィレム・デフォー クローディア・カーヴァン マイケル・ドーマン サム・ニール イザベル・ルーカス


デイブレイカー [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン

コメント (12)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« ミレニアム3 眠れる女と狂... | トップ | 終着駅 トルストイ最後の旅 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
slver (Unknown)
2010-12-29 23:57:00
こんばんは。
今さらのローカルクチコミ情報ですが、受付に向かって一番右側の窓口が、アニメや子供向け以外の作品優先になってはいませんでしたか?
23日の祝日に、とある作品を観に行った時は、そうなっていました。それでも予告に間に合いませんでしたけれど。
こんばんは。 (はくじ)
2010-12-30 00:41:24
こんばんは。
チケット売場の混雑は上映が迫っているとかなりイラッときますね。劇場によっては複数あるカウンタの一つは時間が迫っている作品用に明けてあったり、スタッフが声かけてその作品観る人を優先でチケット販売したりするんですが。
なにはともあれ、無事観賞できてよかったですね。

そしてイーサン・ホーク、カッコよかったですね。映画もヴァンパイアが支配する世界って設定が面白かったですし、ラストあたりの襲撃の連鎖のシーンは最高でした。
Unknown (nora)
2010-12-30 00:57:08
あら、3人って、もしかして9時の回ですか?
あたしもいましたヨー。
あの行列。びっくりでした。そうか、仮面ライダーか。。。
>slverさま (sakurai)
2010-12-30 09:44:07
当然というか、○ービー・○ンについてすぐ、これは間に合わないと、その窓口に行ったのですが、あっさり「みなさん、順番ですから!」と言われました。
それもキレがかりの原因の一つだったんですがね。
終わって出たときは、「『最後の忠臣蔵』をお待ちのお客さま!!」と、別口を作ってたようでした。
かなり、てんぱってたようで、パンフもあとでから買いに行った次第です。

>はくじさま (sakurai)
2010-12-30 09:47:51
いつも行きつけの映画館は、そういう心配りをきちんとするのですが、これの上映やった方は、てんぱってたようで、そんな余裕もなかったです。
まったくもうです。

そんな腹立ちも、イーサンのお顔を見ただけで、吹っ飛びましたけどね。
もうでへへへでした。
素敵でしたわ。
毎回、昇天しかかるのですが、今回はちょっと少なめ。やっぱ黄色い目が似合わなかった。
それでも十分、堪能しました!
>noraさま (sakurai)
2010-12-30 09:49:57
え、真ん中あたりにすわってたのnoraさんだった?
あたしは、タイトルが始まったあたりに、バタバタと入って行った。
席もとったのとは全然違う前に座ってましたが。
デフォー、なかなかよかったですね。
持ってかれました。
イ―サン・ホーク (mezzotint)
2010-12-30 15:17:03
なかなか格好良かったですね。
「クロッシング」のイ―サンは今までのイメージ
ですね。来年の公開なんですね。観られましたら、
感想楽しみにしています。
斬新な設定だったところがまたこの作品の魅力
でした。
高校駅伝、良い成績を残された。おめでとうございます!ぜひぜひ一度見学がてら京都へ!
かなり寒くなりました。sakuraiさんにも会いたい
です!
>mezzotintさま (sakurai)
2011-01-03 19:35:04
もう、どんな映画だろうと、どん役柄だろうと、へたれだろうと、かっこよかろうと、すべて受け入れます!!
もうこれだけで、ご飯3杯いけます!!
ほんと、いいですよねえ。
イーサン命になってから、はや20年以上、こういうの見るために生きてる!と言っても過言でないです。
はやく「クロッシング」が観たいです!!

ぜひぜひ京都行きたいです。
息子が今年修学旅行で行くことになってますが、あたしが先に行きたいとこですわ。
真面目に計画したいと思います!
分かる分かる!! (オリーブリー)
2011-01-04 14:30:13
「生きる力を与えてくれる」
そう、これよ、これ!!
これも映画の醍醐味です(笑)

私も今年は2作品で昇天でしょう~。
ネット上で消えたら、ジャックと一緒に水平線の彼方へランデブー(←古い?)してると思ってください!(爆)

あっ、イーサンのヴァンパイア!!
なかなかのモンでしたよん♪
>オリーブリーさま (sakurai)
2011-01-04 19:53:20
ですよねえ。
そのために映画見てるようなもんですもん。
もう、ほんとに幸せでした。真面目に自分の気持ちが高揚しました♡ハハン。

あははは、もう予告かかってますもんね。アンジーさんに食われないよう!
目のくま男もがんばってくださいね。

あ、イーサン、あはは。これでご飯3杯イケます!

コメントを投稿

た行 外国映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

10 トラックバック

デイブレイカー  監督/ピーター&マイケル・スピエリッグ (西京極 紫の館)
【出演】  イーサン・ホーク  ウィレム・デフォー  サム・ニール 【ストーリー】 2019年、ウィルスの蔓延により、全人口の95%がヴァンパイアとなっていた。エドワードは製薬会社ブロムリー=マークス社で人工血液を開発する研究者。彼自身も...
デイブレイカー (だらだら無気力ブログ)
人類に変わってバンパイアが世界を支配し、人類はバンパイアへの血液供給 のための家畜となってしまった世界で、人類の減少によりバンパイアに 食糧問題が直面する様を描いた近未来SFアクション映画。 主演は『その土曜日、7時58分』のイーサン・ホーク。 共演は『...
デイブレイカ―(2009)DAYBREAKERS (銅版画制作の日々)
 ついに観ましたよ! 絶望寸前の人類に希望はあるのか── Tジョイ京都にて鑑賞。先日頂いた招待...
デイブレイカー (心のままに映画の風景)
2019年、人類のほとんどがバンパイアと化した近未来。 ヴァンパイアの食糧源である人間の数が減少する一方で、血液研究者のエドワード・ダルトン(イーサン・ホーク)は、人間に危害を与えずに済む代用血...
デイブレイカー (風に吹かれて)
ヒーローになれそうでなれないイーサン (^m^)公式サイト http://www.daybreakers-movie.jpある日突然、未知のウィルスによる疫病が世界中に蔓延し、人類のほとんどが、ヴァン
デイブレイカー (食はすべての源なり。)
デイブレイカー ★★★★☆(★4つ) イーサンホーク出演作品は、青春(今を生きる)、恋愛(恋人までの距離、ビフォアサンセット)、ドラマ(生きてこそ)、SF(ガタカ)とジャンル問わず好きな作品ばかりなので、えぐい、グロイと聞いてたけど、そこは目をつぶって鑑賞...
『デイブレイカー』に学ぶ3倍オモシロくする方法 (映画のブログ)
 抜群に面白いSFの一つとして『スラン』を挙げることに反対する人はいないだろう。A・E・ヴァン・ヴォークトが1940年に発表したこの傑作小説に魅入られた人は多い。  新人類が活躍する『スラン』の後継とい...
デイブレイカー (Daybreakers) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マイケル・スピエリッグ/ピーター・スピエリッグ 主演 イーサン・ホーク 2009年 オーストラリア/アメリカ映画 98分 ホラー 採点★★★ 映画でも良く取り上げられる“永遠の命”って、確かに非常に魅惑的な響きを発しておりますねぇ。ただ、何歳の時点でそ...
【映画】デイブレイカー…前半は好みのSF、後半は嫌いなグチャグチャ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
近況報告、昨日2011年10月9日(日曜日)の続き…といっても大したことはしておりませんが。 「たかじんのそこまで言って委員会」を観た後ブログを更新。その後買い出しに行って庭の雑草を刈る新しい鎌等を購入。帰宅後はレンタルしていた「トゥルー・グリット」を観賞。 ...
デイブレイカー (mama)
DAYBREAKERS 2009年:オーストラリア、アメリカ 監督: マイケル・スピエリッグ 、 ピーター・スピエリッグ 出演:イーサン・ホーク、ウィレム・デフォー、マイケル・ドーマン、サム ...