迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ゴーン・ガール

2015年01月19日 | か行 外国映画
もともと苦手な監督のフィンチャーさん。それでも映画製作の定評はあるし、うならされるとこも多い・・・けど、どうしても好きになれない。そう、別に好きにならなくていいですよ~というスタンスもそれでいいと思う。

確固としたスタイルがあるのが、フィンチャーさんだと思う。そして、それとは相性が合わないというのも、それでいいだと思う。

で、今作。原作は知らず。物語になんだかんだ言う気はない。
ご覧になられた方も多いだろうから、物語は割愛。まあ、なんでそこまでして夫婦になってないとならないのかとか、DNA検査とか、防犯カメラちゃんと見りゃ、すぐにわかるやん!とか、いろいろ突っ込みたくもなったけど、それは封印。話もやっぱり好きじゃないなあ~と思いながら、それにぴったりすぎたのが、ロザムンド!

生アンドロイドが見事に似合いすぎて、いつもの隙のない顔を見せていた彼女が、いろんな表情を見せてくれたのが最大の収穫でしょう。今思い出しても、彼女の表情しか思い出せないくらい。それだけのインパクトを与えたんだから、映画としては成功かな。

冒頭のあちらのポスターはとっても素敵。

◎◎◎○

「ゴーン・ガール」

監督 デビッド・フィンチャー
出演 ベン・アフレック ロザムンド・パイク ニール・パトリック・ハリス タイラー・ペリー キム・ディケンズ

コメント (10)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« マダム・マロリーと魔法のス... | トップ | ホビット 決戦のゆくえ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
男の側からすると…… (hori109)
2015-01-20 21:33:56
このヒロインをもっと生々しい女優(まあ、シャロン・ストーンとか……あ、ネタバレ)がやったら
と想像すると、パイクでよかったとつくづく(笑)。
冒頭とラストの顔の微妙な違いは、もともと表情の
少ない彼女ならではの味です(かなり好意的。ファンだから)。
>hori109さま (sakurai)
2015-01-22 12:34:43
彼女だったからこそ、現実味がなかった・・・と言う気もします。
どっか、ファンタジーのような。
ロザムンドさん、一皮むけた感じでした。
Unknown (ここなつ)
2015-02-05 12:47:58
こんにちは。当ブログにもご訪問&コメントを下さりありがとうございました。
実は私も、フィンチャーとはちょっと相性が合わないみたいなのですが、…彼の作品はいつも結構な評判になりますよね。私としては、それはそれ、これはこれ、と割り切ってみるようにしています。
今回、鑑賞前の割と早い段階でエイミーの失踪の原因を知ってしまったので、余計に斜に観てしまったかもしれません。
こんにちは (はらやん)
2015-02-05 22:40:25
sakuraiさん、こんばんは!

僕にとってフィンチャー監督は、観ていて何か居心地が悪い心持ちになるのに、また新しいの作ると気になって観に行ってしまうって感じがありますね。
「セブン」で痛い目にあったのに(笑)。
>ここなつさま (sakurai)
2015-02-10 13:53:09
こちらこそ。
フィンチャーと相性が合う・・って人には、あんまりお目にかかったことがないですが、そういうのは完全スルーして、好きに作ってる!ってのが価値なんでしょうね。
この監督。
スタイリッシュな映像は、時々ハッとさせられますが、物語はどうもだめ。でも見ないと!と思わせる力はある。
やっぱ実力があるってことかな。
>はらやんさま (sakurai)
2015-02-10 13:54:40
「セブン」の後味の悪さは、ほんとにひどかったですね。
私もいたい目に遭いました。
一週間ほど社会復帰できなかった。
でも、そういうのが現実っぽくなってる世の中がもっとやですね。
こんばんは! (ヒロ之)
2015-04-06 22:01:06
今までの作品でフィンチャーが描く衝撃的なラストは好意的に観てましたが、今回のは個人的には嫌いです。
なんなのそれ。
そんな気持ちだけが残りました。
こんにちは (maki)
2015-04-12 12:39:02
これはぐぐっと引き込まれてしまいました~
エイミー嫌い!って人が多いようですが
私は割と好きかな…
女性って結構こういう面もあると思うし…
それになにより醜悪だと思ったのはエイミーの両親なのでした
アメイジングであることを求められ周囲からも期待されそうやって過ごしてきた幼少から少女期、青年期、周りの期待どおりのアメイジング・エイミーを演じてきた彼女だからこその性格破綻だと思うので…
>ヒロ之さま (sakurai)
2015-04-19 20:10:12
原作アリのはなしですから、話に文句言ってもしようがないのですが、なんかいやーーーな気持ちばかりが残って、ダメでしたね。
そういう題材を選ぶ事態がねえ~。
>makiさま (sakurai)
2015-04-19 20:13:10
ロザムンドさんは、素晴らしかったと思いますよ~。
役柄には文句ないです。話自体が・・・・。
映画に何を求めるかって問題ですよね、要は。

コメントを投稿

か行 外国映画」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

「ゴーン・ガール」 Gone Girl (2014 20世紀FOX) (事務職員へのこの1冊)
もちろんそれまでにも彼女はたくさんの映画に出演していた。でも「お」と気づいたのは「タイタンの逆襲」でのアンドロメダ役。あれま、こんな魅力的な女優がいたのかぁ。つづいてトム・クルーズの「アウトロー」では、観客を悩殺することに監督とともに腐心しているよう...
ゴーン・ガール  監督/デヴィッド・フィンチャー (西京極 紫の館)
【出演】  ベン・アフレック  ロザムンド・パイク  ニール・パトリック・ハリス 【ストーリー】 ニックとエイミーは誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。警察に嫌疑を掛けられ、日々続報を流すため取材を続....
ゴーン・ガール (試写会) (風に吹かれて)
間違えて選んでも一生きみのもの 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/gone-girl12月12日公開 原作: ゴーン・ガール (ギリアン・フリン著/小学館文庫)監督:
ゴーン・ガール (だらだら無気力ブログ!)
その辺のホラーより怖いわ~。
『ゴーン・ガール』をトーホーシネマズ六本木7で観て、人間恐怖だふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★凄い話である事は認めるが、そんなに好きではない】    争う双方の心理戦が来る! やべえ。こええ。 人間が人間に対して恐怖を抱くのは、 その人間の内 ...
ゴーン・ガール (Gone Girl) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ベン・アフレック 2014年 アメリカ映画 149分 サスペンス 採点★★★★ 知人に「ワタシ媚びれないんだよねぇ」と言いながらアッチの男性にクネクネー、コッチの男性にクネクネーと媚びまくり、“悪い子”をアピールしつつも実...
「ゴーン・ガール」 結婚とは・・・ (はらやんの映画徒然草)
物語が終わり、エンドロールに入ったところで満席の映画館の各所から「ふぅ・・・」と
「ゴーン・ガール」 (ここなつ映画レビュー)
とある女が失踪したからミステリー、と決めつけるよりもサスペンス・スリラーなんだな、これは。何故ってひたひたとぞくぞくと怖かったから。最初はニック(ベン・アフレック)の妻が失踪した事を巡って、妻エイミー(ロザムンド・パイク)の行方探し、誰が関与しているの...
ゴーン・ガール (Some Like It Hot)
■「ゴーン・ガール/Gone Girl」(2014年・アメリカ) ●2014年放送映画批評家協会賞 脚色賞 監督=デビッド・フィンチャー 主演=ベン・アフレック ロザムンド・パイク ニール・パトリック・ハリス ※結末に触れる部分があります  デビッド・フィンチ...
ゴーン・ガール (銀幕大帝α)
GONE GIRL 2014年 アメリカ 149分 ミステリー/サスペンス/ドラマ R15+ 劇場公開(2014/12/12) 監督: デヴィッド・フィンチャー 『ドラゴン・タトゥーの女』 原作: ギリアン・フリン『ゴーン・ガール』 出演: ベン・アフレック:ニック・ダン ロザムンド・...
ゴーン・ガール (いやいやえん)
ベン・アフレック、ロザムンド・パイク共演。 まず、途中まで、全部エイミーのターン!です。 夫婦って他人同士がなるものだから、相手の全てを共有する事など出来ない。「何を考えてる?」それはわからない。