迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

桐島、部活やめるってよ。

2012年08月23日 | か行 日本映画
高校生活ってのは、大多数の人にとって3年しかない。それは妙に甘酸っぱかったり、苦かったり、汗くさかったり、ゆるかったり・・・。いろんな味わいかたがあるが、誰にとっても特別で、何物にも代えがたい大事な時間だ。

セブンティーン・・・。なんともまぶしいことじゃありませんか。二度と来ない日々。親としても子供がまぶしいその年でも、学校って言う特殊な場所で、どんなことをしてるのやら、謎の日々のはず。

そんなセブンティーン、いや高校生を見続けてはや25年。毎年、毎年繰り返される彼らの毎日。。。まさにそれでした。高校教師には、本当に見なれた風景がそこにありました。

体育館も教室も彼らのもの。屋上も、バスケのゴール下も、学校の裏も彼らが主役。彼らがいなければ、教室も体育館も生きてこない。動き出さない。その日々がぐんぐんと伝わってきた作品でした。

とにかくがむしゃらに部活に打ち込む奴、引退しているはずなのにやめられない野球部員、帰宅部員にブラバンの部長。どれもこれもが、イキイキとして・・じゃなくて、生々しく描かれております。女の子たちの噂話に耳だけ向いてる野暮ったい映画部。

いろいろあるけど、高校生はいつの時代もいつでもどこでも一所懸命、その時を生きてる気がするなあ。何をどうやって、どこにいても。そん空気がとっても見事に伝わってきた作品でした。

本は既読。原作とだいぶ違って、映画の方が描いてる人の主張が見えやすかった。本は、読んだけど、「で?」って言いたくなる感じ。いろんな逸話、エピはそれぞれ丁寧な描写で面白いのだけど、なんだか纏まらず、「で?」って言いたくなってしまったのでした。映画部の少年は、ゾンビじゃなくて、「ジョゼ虎」の大ファン。他にもいろいろなマニアックな映画が出てきましたが、映画の方はもろに監督の趣味だろうなあ~と感じた次第。

総じて、楽しめた映画。乞食と役者は三日やったらやめられないそうだが、高校教師も3カ月やったらやめられないかも。。。

◎◎◎◎

「桐島、部活やめるってよ。」

監督 吉田大八
出演 神木隆之介 橋本愛 大後寿々花 前野朋哉 岩井秀人

コメント (10)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« トータル・リコール | トップ | アベンジャーズ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (cochi)
2012-08-24 21:39:54
絶妙なまったり感にはめられました。
今の高校生って、こんな感じですか?
僕の高校時代とそんなに大差ないなと妙に感心したり、納得したりです。人間のすることですから、似たり寄ったりですね。懐かしかったです。
うむむやられた (KON)
2012-08-26 10:10:03
面白い。とても。
あの人間関係のこんがらがった感じとか、女子同士の
こぜりあいみたいなものとか。
こんなことあったなあ。わかるわかる。うわ~。
などど一緒になってあわあわしていることが、妙に
気持ちよかった。
なんなんだろうこれ。
神木君の内股気味の下半身の頼りなさにうなりました。
うまいねえ、彼。
>cochiさま (sakurai)
2012-08-29 10:39:16
基本、そんなに変わらないんじゃないですかね。
アイテムはいつの時代もあるし、男子の考えてることも、女子の思いもそうそう変わらない。
3年間を大事にしてほしいなあと感じた次第です。
何にでもいいから、頑張れるものを見つけてほしいです。
>KONさま (sakurai)
2012-08-29 10:41:34
どっちかというと、現役高校生よりも、大人が見たほうが、今どきの高校生を生活が垣間見えて面白いかもですね。
そして大した変わりないんだって、ちょっと安心する。
神木君は神ですねえ。
まだまだ高校生役もいけますね。
こんばんは (はらやん)
2012-09-07 23:55:38
sakuraiさん、こんばんは!

高校生のときなんてもう30年近く前・・・。
何考えて生きてたんでしょうねぇ。
あんまり何かに打ち込んでいたわけでもなかったので、なんとなくこの映画の気分はわからなくもありません。
打ち込んでいないことの後ろめたさみたいなものはわかる気がしました。
でもそれでもなんとかやっていけるのも、ああいう時だからで。
社会人になると否応なくしゃかりきになりますからねぇ。
>はらやんさま (sakurai)
2012-09-10 14:11:15
いやあ、30年なんて、ほんの昨日ですよ。
きっと気持ちは17歳のころのまま。
いろんな人がいるように、いろんな高校生がいる。
それでいいんでしょうね。
そうやって世の中は動いている。それをずっと傍観している自分がおります。
こんばんは。 (ヒロ之)
2013-02-17 02:50:23
面白かったです。
日本映画もまだまだ大丈夫だなと改めて思わせる傑作でした。
引き込ませるストーリーも良かったですが、感情を大きく出して演技する若手俳優たちが素晴らしかったです。
そして何より映画愛に包まれているってのが最高でした。
>ヒロ之さま (sakurai)
2013-02-19 19:59:13
とっても良かったです。
本を先に読んでいたので、納得いかないところが多く、??マークが飛んでいたのですが、よっぽどスッキリしてます。
原作をモチーフに映画を中心に据えて、まとまった作品を作った…という感です。
こんにちは (maki)
2013-04-25 09:46:53
これは面白かったです。
ここまでリアリティのある若者たちの会話はいままでなかったように思う。スクールカーストなんてのもいつの時代にもあったことでしょう。
神木君の疾走姿がいかにも文化部っぽくて細かい部分で関心しちゃった。(女走りか?)
あと、やはり神木くん演じる前田のファインダー越しの妄想ゾンビ世界の素晴らしいこと!邦画でもここまでの作りこみが出来るんだから、是非まともなゾンビ映画を撮っていただきたい。
>makiさま (sakurai)
2013-05-05 11:49:54
結構、普遍の話だったかもしれませんね。
原作の方が、ついこの前まで高校生だったということもあるのでしょうが、なかなか辛辣でした。
映画の方が愛があったかな。
本は乾いてる感じがしました。ゾンビその他、生身の温度が伝わった気がします。

コメントを投稿

か行 日本映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

14 トラックバック

『桐島、部活やめるってよ』 陽はまた昇る (映画のブログ)
 サミュエル・ベケットが『ゴドーを待ちながら』を発表したのは1952年のことだ。この著名な戯曲は、それから半世紀以上たった今でも世界のどこかで上演され続けている。  『ゴドーを待ちながら』が表題にゴ...
桐島、部活やめるってよ (だらだら無気力ブログ!)
大後寿々花が可愛くなってたなぁ。
桐島、部活やめるってよ (KATHURA WEST・・・クロノスの微笑み)
朝井リョウの原作は読んでないんです。ただ《初の平成生まれ直木賞作家か?》ということで、お名前は知っており、さらに《不思議な謎の絵》に惹かれ、ふらふら、《TOHOシネマズ二条》で観ました。 高校生青春群像物語ということで、それほど《身を乗り出して共感》と...
『桐島、部活やめるってよ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「桐島、部活やめるってよ」□監督 吉田大八 □脚本 喜安浩平、吉田大八□原作 朝井リョウ □キャスト 神木隆之介、橋本 愛、大後寿々花、前野朋哉、岩井秀人、東出昌大、山本美月、       松岡茉優、清水くるみ、落合モトキ、...
「桐島、部活やめるってよ」 それでも俺たちはこの世界で生きていかなければならないのだから (はらやんの映画徒然草)
高校生くらいになると、幼い時のように無邪気に夢を見ることはできなくなってきます。
桐島、部活やめるってよ (Some Like It Hot)
■「桐島、部活やめるってよ」(2012年・日本) 監督=吉田大八 主演=神木隆之介 橋本愛 大後寿々花 東出昌大 清水くるみ 「腑抜けども、悲しみの愛をみせろ」の吉田大八監督最新作。金曜日の放課後に学校を駆け抜けた、バレー部のエース桐島が部活をやめたと...
桐島、部活やめるってよ (映画的・絵画的・音楽的)
 遅ればせながら『桐島、部活やめるってよ』を新宿バルト9で見ました。 (1)物語の舞台は現代の高校(山がすぐそばにある地方の高校でしょう)、登場するのはほとんどが高校2年生ながら、まずまずの作品に仕上がっています。  とりわけ、 イ)映画のタイトルにもなってい...
桐島、部活やめるってよ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
桐島、部活やめるってよ '12:日本 ◆監督:吉田大八「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」「パーマネント野ばら」 ◆出演:神木隆之介、大後寿々花、橋本愛、東出昌大、清水くるみ、山本美月、松岡茉優、落合モトキ、浅香航大、前野朋哉、高橋周平、鈴木伸之、榎本功、...
桐島、部活やめるってよ (銀幕大帝α)
全員、他人事じゃない。 -感想- もうね、作品に対して難癖付け様が無くて完敗っすわ。 だけど1つだけ声を大にして言える事がある。 それは ファインダー越しに前田が妄想するゾンビの世界が神々しくて泣けた って事だ。 まさか青春群像劇内で描かれたゾンビに感動...
桐島、部活やめるってよ (Akira's VOICE)
103分間の生徒体験。  
桐島、部活やめるってよ(2012-108) (単館系)
桐島、部活やめるってよ 新宿バルト9 最初に。 もう遅いかもしれませんがこれから見にこうと思っていて 原作も読んでいないならなんの情報も仕入れずに観に行く ことをおすすめします。 とある田舎...
桐島、部活やめるってよ (いやいやえん)
タイトルの桐島君自体はきちんと出てこない作品です。 学校内における上、下の階層なんかはリアルだったなあ。友達関係の中でもあるゴタゴタとかさ。不自由な閉鎖空間の中で生きてきた学生だった人なら、なんとなくわかるはず。 構内風景や会話も現実味がある。映画...
『桐島、部活やめるってよ』 (2012) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督: 吉田大八 出演: 神木隆之介 、橋本愛 、大後寿々花 試写会場: 新宿バルト9 公式サイトはこちら。 (2012年8月11日公開) 今年の夏、同世代の中高生の注目を恐らく一心に集めているであろう本作。 場内も女子高生がめちゃくちゃ多い。 cocoさん....
「桐島、部活やめるってよ」 (或る日の出来事)
うん、まあ…普通。