迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

クララ・シューマン 愛の協奏曲

2009年11月26日 | か行 外国映画
かの有名な、シューマンとその妻、そして妻クララをあがめ、愛したブラームスの、妙な三角関係のお話。

こんな関係があったのか!!と、その辺の世事には、さっぱり疎いので、ちょいと調べてみたが、どうやら本当の話ではなさそうだが、さもありなん!と、思わせるくらいの、映画の見事さだった。

さすが、ドイツの名女優、マルティナ・ゲデックのうまさが際立つ。複雑な思いを表す豊かな表現力に、豪胆な母親と、ひたむきに夫を愛する姿、そしていたずらっぽいお茶目な表情がいい。

若きブラームスについ惹かれて行く気持ちもわかるなあ。でもって、ブラームスが素敵なこと、この上ない。まあ、監督はブラームスの末裔ということで、身贔屓もあったかもと思うくらいのいい男ぶりだ。

あんな男がいたら、だれだって惚れます。

子供を7人ももうけて、病気の夫を見つつ、演奏もしていたというクララ・シューマン。凄いっちゃ、凄いですが、母なら出来ます。

◎◎◎○

「クララ・シューマン 愛の協奏曲」

監督・脚本 ヘルマ・サンダース=ブラームス
出演 マルティナ・ゲデック パスカル・グレゴリー マリック・ジディ

コメント (8)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« クヒオ大佐 | トップ | のんちゃんのり弁 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
上手かったですよねぇ。 (KLY)
2009-11-26 22:46:17
実はこの作品と立て続けに「ヴァーダーマイン
ホフ」を観たもんですから、マルティナ・ゲデ
ックのあまりの変わりようにびっくりでした。
あの頭の手術はだめだわ~、思わずレクター博
士を思い出しちゃいました。^^;
ブラームスの末裔が映画監督で自分の祖先を題
材に撮るんですもんねぇ。日本では誰かいない
ですかね?一応、フィギュアの織田くんは信長
の直系ではないけど末裔らしいですが。あ、映
画と関係ない…。
>KLYさま (sakurai)
2009-11-28 21:07:43
「マーサの幸せレシピ」くらいしか見たことがないのですが、雰囲気のある女優さんですね。
お見事ですわ。
どうやら、シューマンは梅毒だったらしく、どうしようもないですね。

松平アナあたりに、徳川家の何かをやってもらいますか。
麻生太郎さんという手もありますが、つまんない映画になりそうです。
えーん、終わってる! (narkejp)
2009-11-29 11:11:11
公式サイトでは、山形では今冬上映予定となっておりましたが、調べてみたら11月27日(金)で上映終了ではないですか!なんともはや、残念無念。山響200回といい、最近ほんとに間が悪いですね~。
しょうがないので、当方の音楽史ネタ記事をトラックバックいたします。
>narkejpさま (sakurai)
2009-11-30 15:03:42
そうだったんですよ。
見逃されましたか・・・。
それは残念。
今度、音楽映画の類のときは、すぐさまnarkejpさまに、お知らせに行きますから、
素晴らしかったです。
クララ・シューマンも、ブラームスも、どんな人だったのか、ぜんぜん知りませんでしたが、生々しい人間性も伝わってきました。
音楽も素晴らしかったです。ってうらやましがらせるだけ?
寒いですねー (latifa)
2010-10-28 12:52:57
sakuraiさん、そちらの天候はいかがですか?
急に寒くなって、雪はまだ降らないけど、ストーブはつけました。

これ、なかなか良かったですー。
期待しないで見たんですが、面白かったです。
で、全くノーチェックだったので、思いがけずこの映画にイケメン君が出ていたのが嬉しかったわ。
あれじゃあ好きになるのもしょうがないかな、って思わせる演技とキャスティングでしたね。
その後彼が出演しているオゾン映画も見ちゃいました(^^ゞ 
>latifaさま (sakurai)
2010-10-28 22:58:39
私も負てヒーターを出しちゃいました!というより、洗濯物が乾かなくて、諦めましたわ。

多分音楽ものにはずれはないだろう!と結構な期待を持ってみたかも。十分、その期待にこたえてくれましたが、よかったですね。
音楽もよかったし、なにより役者さんたちがよかった。
マルティナさんの存在が映画をびしっと締めてましたね。また見たくなってきました!
いや、実は実話です (miku)
2013-09-08 20:40:18
こんな時期はずれにごめんなさい。
今年、クララとブラームスの書簡が50年ぶりくらいに復刊されました。実際は数千通の手紙をやり取りしていたのですが、本当に個人的なことが書かれているものは本人たちが処分してしまい、残っている800通あまりの中から200通くらいが日本語に訳されています。それでも、「これって思い切り個人的だろうが~」とのけぞってしまうくらいの内容です。いったい処分した手紙には何が書かれていたのやら。
以前からずっと、ロベルト、クララ、ヨハネスの関係は、クラシックをやっている人間の間では、「あり」と認識されています。そういうつもりで、演奏したりしていますしね。(実は私も)。シューマンの曲には、いろいろなところで、クラ~ラ、クラ~ラという音が聞こえますし、ブラームスなんぞは、ひたすらクララに認めてもらいたくていじらしいくらいのもんです。ピアノ以外の曲でも、せつな過ぎたり、官能的過ぎたりと、これを一番最初に楽譜で見せてもらっていたクララは何を感じたでしょうか。
ブラームス君も20歳くらいのときには、「太陽の髪をした絵のような美青年」(クララの長女の言葉)だったそうで、私も写真を見てひっくり返りそうになりました。
不謹慎かもしれませんが、あまりにおいしい3人です。
来年、宝塚で、ブラームスとクララの物語をやるというニュースを聞いて、思わずネットサーフィンをして、ここにたどり着きました。長いおしゃべり、失礼しました。
>mikuさま (sakurai)
2013-09-10 15:18:49
コメントありがとうございます。
なかなか興味深い映画だったのですが、見てから4年ほど経ったので、中身はずいぶんと忘れてます。
脳手術のあたりは、やけに印象に残ってますが。

>いや、実は実話です
そうなんですか?三角関係は実話だとは周知ですが、やけに子供じみた風は、すごいですよ。
芸術家は感情が激しやすい面もありなんでしょうね。
それがあっての表現者のような気もします。
ブラームスをやった男優さんは、イメージぴったりな感じですね。
なんだか再見したくなりました。

コメントを投稿

か行 外国映画」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

クララ・シューマン 愛の協奏曲 (LOVE Cinemas 調布)
ドイツを代表する音楽家のロベルト・シューマンの妻であり、自身も著名なピアニストであったクララ・シューマンの人生を描いた作品。主演はアカデミー賞外国語映画賞を『おくりびと』と争った『バーダー・マインホフ 理想の果てに』でも主演を務めるマルティナ・ゲデック...
クララ・シューマン 愛の協奏曲 (風に吹かれて)
   芸術家の大人の愛 公式サイト http://www.clara-movie.com監督・脚本は
『クララ・シューマン/愛の協奏曲』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
作曲家ロベルト・シューマンと、妻でピアニストのクララは、ヨーロッパ各地を演奏旅行で回り、多忙な日々を送っていた。そんな二人の前に、若き天才作曲家ヨハネス・ブラームスが現れた。 体調不良に悩まされ続けるロベルトにとり、ヨハネスは自分の音楽に対する唯一の理...
「クララ・シューマン 愛の協奏曲」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
シューマンとかブラームスの名前や曲は知っていても、クララ・シューマンや、その3人の関係などを知らなかったので、非常に面白く見れまし...