迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

マエストロ!

2015年02月12日 | ま行 日本映画
音楽で食っていくということは、真面目に難しいことで、ちょっとやそっとの実力ではまず無理。あとは環境と、運もいるだろうけど、DNAもそりゃ大事でしょう。さて、名門のオーケストラということらしいが、解散を余儀なくされて、団員たちはちりじりに。コンマスのバイオリニスト・香坂も浪々の身。ヨーロッパのオーケストラにも売り込んでみてもうまくいかない。

そこふってわいた再結成の話。声をかけられた元団員が三々五々集まって、再起をかける。で、その仕掛け人が謎の指揮者・天道。場所は廃工場、指揮棒はトンカチ、共鳴板はその辺にある木材。やることなすことハチャメチャなはずなのに、彼の振るトンカチに引き込まれていく。もしや、すごいおっさん?

団員たちもわがまま勝手で、生活もあるし、仕事もほしいけど、やっぱり音楽が好きで好きでたまらない。楽器を奏で、音楽を作っていく。音楽を作り出すっていうことがいかに素晴らしいことで、すごいことで、自分たちを最上に光り輝かせるんだ!ということをよーくわかってる。

自分たちの主張を通しながらも、この指揮者は自分たちの演奏を輝かせてくれる力を持っているのもわかる。問題は・・・・金。現実的だけど一番大事だわよね。

つうことで、天道には借金があり、にっちもさっちもいかない。かつて、団員と対立して演奏会を失敗している。でも、どうしても天道には演奏会を行わなければならない理由があった。それは見ての・・・・なのだが、なんかいろいろとすっきりしないことが多くて、自分の中ですとんと落ちてない。

まず、香坂はいいとこの坊ちゃんなわけ?億の単位のバイオリンってことは、ストラディバリあたりを持ってるのですよね。でも、お父さんははやくに死んでるし、それにしてはいい暮らしだし、ちょっと違う世界の人みたいな感じで、切迫感がなかった。余裕の音楽家ってことなんだろうけど、なんか違うんじゃない感が漂う。他の団員たちもなんか浮世離れ。そんなもんなんでしょうか。「のだめカンタービレ」の団員達みたいな緊迫感が感じられなかった。

スポンサーがおりて、一旦演奏会がだめになりかかるんだけど、そこからの乾坤一擲、逆転の様子がさらっとしすぎ。え?いつの間に上演できるようになった?と、頭がついて行かない。で、どうしても引っ掛かったのが当の演奏。

一番重要な演奏。それ自体はさすがにプロのオケで見事な演奏だった。素晴らしかった。なのだが、ポイント、ポイントの音の表し方がサラッとしすぎ?クラシックの演奏に不可欠な大仰で、大げさで、無理やり引っ張るカタルシス。これがなかった。音の後の無音の世界。それが効くのは、最高のカタルシスがあってからだからだと思うのです。私には、それが感じられなかったのでした。

演奏の演技もきっちりやりこみ、演技には文句のつけようもないです。みなさんお見事。単に自分の見たかった展開と違っただけなのかもしれませんが、いろいろと自分の中ですとんと落ちてません。そつなく作りました・・・って風がどっかで引っかかってます。

オーボエの小林且弥さん。「凶悪」の時に目つけたあの人でしたね。なかなか出てこないなあ。もっと映画に出てほしいわ。

◎◎◎●

「マエストロ!」

監督 小林聖太郎
出演 松坂桃李 miwa 西田敏行 古館寛治 大石吾朗

コメント (2)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« バツイチは恋のはじまり | トップ | 深夜食堂 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (maki)
2015-08-22 08:35:09
確かに、音楽映画にはあるはずの
カタルシスがなかったですね
ぶつ切り、二段構えで
殺すつもりで弾いたら本当に死んじゃうという
ちょっと、笑わせてるの?という作り
だいたいあの4小節で「逝かせる部分」というのも、
あまり伝わってこなかったような
マイナーでももう少しわかりやすい曲を選んだほうが良かったんじゃなかろうか、と思ってしまいました
>makiさま (sakurai)
2015-10-05 17:12:25
そうなんですよ。
音楽映画の一番大事なとこが薄いってのは、だめですよね。
音楽映画ってだけで、結構期待値上がってて、楽しみにしてたもんで、がっくり感も大きかったですわ。

コメントを投稿

ま行 日本映画」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

マエストロ! (だらだら無気力ブログ!)
可愛かったな、miwa。
『マエストロ!』 さあ、練習しよう! (映画のブログ)
 マエストロ(maestro)とは、英語のマスター(master)に当たるイタリア語だ。尊敬すべき偉大な指揮者を意味している。  そんな言葉を題名にした映画『マエストロ!』を観て、私は設定の妙に感心した。上手い線を狙ったものだ。  本作の冒頭で、ヴァイオリニストの主...
マエストロ! (試写会) (風に吹かれて)
天籟を聴け 公式サイト http://maestro-movie.com1月31日公開 原作: マエストロ (さそうあきら著/双葉社)監督: 小林聖太郎  「毎日かあさん」 若きヴァイオリニスト香坂真
『マエストロ!』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マエストロ!」□監督 小林聖太郎□脚本 奥寺佐渡子□原作 さそうあきら□キャスト 松坂桃李、miwa、西田敏行、古館寛治、大石吾朗■鑑賞日 2月1日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0...
マエストロ! (映画的・絵画的・音楽的)
 『マエストロ!』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)西田敏行が指揮者に扮するというので見に行ってきました。  本作の話は(注1)、不況の煽りで解散した中央交響楽団の楽団員を指揮者の天道(西田敏行)が再び集めて再結成コンサートを開催するというもの。  映画...
『マエストロ!』(2015) (【徒然なるままに・・・】)
解散した名門オーケストラ再結成の話が持ち上がり、若きコンサートマスター香坂らかつての楽団員に声がかかるが、集まったのは他のオケに移れなかったいわば「負け組」メンバーとアマチュアのフルート奏者だった。一カ月後の復活コンサートへ向けて練習を始めたものの、そ...
マエストロ!★★★ (パピとママ映画のblog)
漫画家さそうあきらが手掛けたコミックを基に、不況のあおりで解散したオーケストラの再起を若手コンサートマスターと謎の指揮者を中心につづる感動のドラマ。コンサートマスターに松坂桃李、指揮者に西田敏行がふんし、寄せ集めの演奏者たちが破天荒な指揮者を前に一転、...
『マエストロ!』をトーホーシネマズ日本橋3で観て、ええねんけんどええねんだけやなあふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★ラストの秘密にそんなに惹かれないのでポカーンとしちゃうんだろうなあ】 ・口の悪い下品なおっちゃんをやらしたら西やんは絶品。 ・濱田マリがあまり出番 ...
マエストロ! (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
マエストロ! '15:日本 ◆監督:小林聖太郎「毎日かあさん」「かぞくのひけつ」 ◆出演:松坂桃李、miwa、古舘寛治、大石吾朗、濱田マリ、河井青葉、池田鉄洋、モロ師岡、村杉蝉之介、小林且弥、中村倫也、斉藤暁、嶋田久作、宮下順子、淵上泰史、木下半太、中村ゆ...
マエストロ! (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[マエストロ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:吉 2015年4本目です。 【あらすじ】 所属先のオーケストラの解散により、職を失ったヴァイオリニストの香坂(松坂桃李)は中央交響楽団の再結成に伴い、かつてのメンバーと再会。 久々の...
マエストロ! (いやいやえん)
【概略】 解散したオーケストラが再結成することになるが、集まったのはプロと思えないメンバーばかり。彼らは謎の指揮者・天道のやり方に反発するが…。 ドラマ 彼の仕掛けた秘密…それが僕たちの【運命】を変えた。 バラバラだったオーケストラが一人の指揮者...