迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ダンシング・チャップリン

2011年06月14日 | た行 日本映画
草刈民代さんが始めてフィーチャーされたのは、もちろん「Shall we ダンス?」だが、そのときの印象は、なんだかずいぶんと表情の乏しい人だなあ・・と感じた。踊りはさすがにバレエリーナ。社交ダンスとはだいぶ勝手が違って、苦労もしたと聞いたが、それでもさすがに立ち姿は素晴らしい。周防監督がほれ込んだのもわかる。

最近ではバレエを引退して、女優で生きる!ということになったそうだが、さすがに女優としてはどうだ?というと、ちょっと未知数な部分があるが、バレエ関係者に言わせると、バレエリーナとしては、それほど一級ランクという立ち居地ではなく、女優としての表現力の方が、彼女はあってるのかも・・・ということだ。



バレエとは、舞台を見るもの。時折、スクリーンに移して超UPの表情や、クローズアップされたターンを目を離さずに見ることもあるが、やはり真骨頂は舞台だ。しかし、それは本当に刹那。一瞬の芸術。あとははかなく消えるもの・・・。でも、それが本物だと思う。

だから手を抜いているわけではもちろんなく、その一瞬に込めた全エネルギーを感じ取るのが見るものの使命だと思う。こっちのその一瞬、一瞬全神経を集中してみることが必要なはず。

しかし、消え去るからこそ素晴らしいものであるともに、それを人類の宝として残したい。。映像として、記録に焼き付けたい・・・と思う気持ちもわかる。ものすごくよくわかる。

見る前は、なにやらどんなものやら、踊りの中身も知らず、ルイジさんの凄さも知らず・・。知っていたのは草刈さんと、ローラン・プティだけ。

いやああーー!!お見事でした。素晴らしい。これぞエンターテイメント。舞台を作り上げていこうとするものと、未来永劫残っていくフィルムを作り上げていくという気構えがまず違う。どんなぶれも、一部のミスも許されない臨み方だ。そのためにはどんな妥協も許さず、完璧のものを作らねば!との覚悟が見えた。

それはチャップリンをずっと踊ってきたルイジにも、これがバレエリーナとしての最後になるであろう草刈さんにも、妥協をゆるさぬローラン・プティに、そして周防監督の思い。

一幕目のメイキングのなんとまあ面白いこと。ダンサーってのは半端ない鍛錬の賜物なんだってことが、またまた再認識。ルイジさんは、60歳ですよ!どうします。あえて、チャップリンの映画を見なかった・・というのも、わかるなあ。ただの物まねをするのとはわけが違う。チャップリンをバレエする。その思いが彼を突き動かすのではと感じた。



休憩を挟んで、ニ幕目がバレエ。これを撮りたかった、これを残したかった、これを見て欲しい、この踊りを見て!!という熱意がこっちに伝わってきます。どれもお見事。なにより表情が良くわかる。この表情を見せたいんだというのも映画の醍醐味かな。

フィナーレのとぼとぼと歩いていくルイジに拍手喝采を送りたいところでした。

◎◎◎◎○

「ダンシング・チャップリン」

監督 周防正行
出演 ルイジ・ボニーノ 草刈民代 ジャン=シャル・ヴェルシェール リエンツ・チャン

コメント (6)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« X-MEN ファースト・ジ... | トップ | 薔薇の花 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これぞバレエ (KON)
2011-06-14 12:11:17
「ブラック・スワン」を観た後だからか、余計にプロって凄い!と感じました。
前半草刈さんが地味に格闘している姿が感動的でした。
あんなに華やかなステージの裏側は、過酷で果てのない
練習あるのみの世界なのですね・・。

それにしてもルイジ60歳かあ。
彼のチャップリン、感動的でした。
ものまねでない表現、どれだけ苦労されたのか。
素敵な方でしたね^^。
Unknown (KLY)
2011-06-14 22:22:23
これ2月に観たんですね。周防監督ご夫妻の結婚記念日の試写でした。あれから余りにいろんなことがありすぎてなんだかもう随分昔のような気がします。
バレエモノ大好きなんでタダでさえ楽しめました。「ダンシング・チャップリン」を画像に残したいという狙いは、むしろ映画として昇華されてていて、なるほど映画監督が残すとはこういうことだと納得です。素晴らしかった!
>KONさま (sakurai)
2011-06-15 07:54:23
でしたね。
修練のすごさと言うか、絶対に妥協を許さない臨み方とか、並みの精神力ではつとまらない。
でも、舞台に向かう胴どうなる自信は、あの修練の積み重ねから生まれるもんだ!ということを再確認です。
素晴らしかったです。
ルイジさんが見事でしたね。完全に自分のものにしてた。
>KLYさま (sakurai)
2011-06-15 14:36:29
2月ですか。
その後、結構TVの露出度が多かったので、一抹の不安はあったんですよ。
でも、そんなの完全に吹っ飛びました。ほんとに素晴らしかった。
周防監督のセンスよさが光ました。
やはり目の付け所が違いますね。
絶対観たい (ume)
2011-06-17 19:36:17
これは絶対観たいんです。
でも、今はさくらんぼの季節・・・。
お願いだからさくらんぼが終わるまで上映しててくれ!!
ブラックスワンを観に行ったとき、これの予告観ただけで泣きそうになりました。
さくらんぼ中に終わりそうなら夜に何とか行けるといいんだけどな・・・
>umeちゃ~ん (sakurai)
2011-06-18 22:03:34
昨日で終わっちゃったけど、見れた?
うーん、サクランボだもんね。
忙しいよねえ。
すっかり泣かせてもらいました。
DVDでもいいかと思いますが、これは映像として残したい!と言う思いが伝わる作品でした。

コメントを投稿

た行 日本映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

ダンシング・チャップリン (LOVE Cinemas 調布)
『Shall We ダンス?』、『それでもボクはやってない』の周防正行監督が、ローラン・プティ振付、ルイジ・ボニーノ主演のバレエの名作「ダンシング・チャップリン」を映画化。第1幕では映画のメイキング、第2幕では映画用に再構成・演出したダンスを存分に見せてくれる...
『ダンシング・チャップリン』 映画という窮屈な芸術 (映画のブログ)
 乱立するシネコンのコンテンツ不足解消や差別化のためだろう、近年では映画ではないものもシネコンで上映されている。いわゆる「非映画デジタルコンテンツ」、ODS(Other Digital Stuff)というものだ。  ...