迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

トンマッコルへようこそ

2006年10月07日 | た行 外国映画
朝鮮戦争真っ只中。韓国軍側の応戦が優勢になっていた頃のようなので、戦争がはじまってだいぶ経ったのではないかと想像します。半島をまっぷたつに割って、同胞が向き合った戦争、国全体がもろに戦争一色になっていたはずなのに、ここだけはそんな世俗の憂さはまるで関係が無い。そこは『トンマッコル』という村。自分達で自信たっぷりに【子供のように純粋な村】と名づけてるくらいですから、まじに純粋です。だいぶ行っちゃってるくらいに純粋です。

当然、この国の中で戦争が起きてるなんて、まったく知らない村人たち。銃も見たことなければ、飛行機も知りません。そこに突如、引っ張られるようにやってきた3組の兵士たち。

一人目、空から落ちてきたメリケン兵士、スミス。連合国軍の兵士なので、連合国軍が助けに来るのはまず必至でしょう。次、北側の兵士、3人。だいぶ追い詰められてきた様子、ぴりぴりしてます。そして最後が韓国軍の兵士、二人。一人は衛生兵で、もう一人は何か思いつめた様子が・・・。



この三者が一同に会してしまったのが、『トンマッコル』!!すわ、一触即発状態に!いきなりの緊張状態に、張り詰めた空気が流れる中、村人たちはまるで意に介さない。戦争をしていることのばかばかしさを鼻で笑えるのですが、浮世の義理はそうは行かない。ただ、平和に生きるという、ごく単純なことがどうして出来ないのか・・。人間のいい面、悪い面、醜い面、美しい面、おおらかな顔に、狭窄な姿、全てを映し出しています。



最後は少々哀しくなりましたが、それが今の半島の現状を表しているのかもしれません。とにかくシン・ハギュン!去年見た「地球を守れ!」のいかれっぷりの凄さにたじたじとなってしまった私。このハギュンはじめ、どの役者の秀逸。そして話の展開の上手さも光ってます。

10月末の公開ですが、一足早く見ましたので、お知らせします。コレはぜひとも見逃さないで下さい。北の核実験のニュースを聞いて、早くUPせねばと思った次第。かつて銃を向け合った北と南の争いに、決着はついていません。決着をつける必要もないはずです。争いの後に残った悲劇と確執。止めませんか?ちょいと他人のことを思いやってみませんか?なんでそんな簡単な事を人はできないのか・・・。そんな事も思い返しました。是非、見てください。

『トンマッコルへようこそ』
監督 パク・クァンヒョン
出演 シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘジョン イム・ハリョン スティーブ・テュラー ソ・ジェギョン リュ・ドグァン

コメント (12)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« 美しい人 | トップ | カンフー演舞会 »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (nora)
2006-10-19 00:12:44
おひさしぶりでございます。

ちゃんと、映画は観ております。

ただ、UPが追いついておりません(汗)。せめて試写の分は・・・とは思っているのですが。

あたしはシン・ハギュンより、チョン・ジョヨンが好みです。

去年! (sakurai)
2006-10-19 08:02:12
いきなりのダークホースで、私的すんごい映画に踊り出た「地球を守れ!」!!!!これ凄かったんですよ。それ以来、シン・ハギュン、参ってます。決して二枚目ではないのですが、なんとも哀愁ただよう目でしょうか・・・。いいなああ。

ということで宣伝どうぞよろしく。
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2006-11-01 22:07:21
いつもありがとうございます!
あたしはこれ、リアルにしか感じなかったんですyo、、、
皆さんファンタジーだと仰るのに、、、
またよろしくお願いしますね。
私もそう感じました (sakurai)
2006-11-02 20:16:04
ファンタジーというよりも、桃源郷物語みたいなもんでしょうか。
その桃源郷にも戦争の影あひたひたと。そしてそこを守る!!みたいな。
でもファンタジーなんざ撮る余裕がなかった国の事情も感じます。「グエムル」のときもそう感じました。
目の前に、同胞であり、敵であるという矛盾だらけの存在を抱えている国ですから、夢物語や怪獣ものなんか撮ってる場合ではなかったのかもしれません。
トラバ・コメントありがとうございます (ひらりん)
2006-11-04 04:00:48
ひらりんも、戦争シーンで「ブラザーフッド」を思い出しました。
それが焼きついてるから、韓国映画の戦争シーンはリアル・・・って考えちゃいます。
しかし、この映画・・・それとファンタジーが絶妙にかみ合ってて、
なかなか面白い出来になってました。
どうもです (sakurai)
2006-11-04 13:53:04
やっぱ、目の前に同胞であり、敵であるという、あまりに大いなる矛盾を抱えている国の痛さが出ていたのでは、と思いました。
その元を作ったのはだれかなあ、などともつい考えてしまいます。
コメント・TBありがとうございます。 (mezzotint)
2006-11-11 22:42:55
sakuraiさん
ありがとうございました
韓国映画は苦手で・・・観ないのですが
今回のこの作品でちょっと食わず嫌いなところを
返上しないと駄目かななんて思いました。
涙の鑑賞になってしまいました
喰わず・・・ (sakurai)
2006-11-12 09:45:11
ありがとうございました。
結構喰わず嫌いの方が多いんですよね、韓国映画。
傑作も駄作もアル。でもコレはどの国の映画でもおんなじ。
日本の映画も例にもれず、です。
沢山の上から下までも映画が日本にやってくるといういい環境を是非享受して頂いて、韓国映画もいっぱい見てください。
この映画は良く出来てましたね。新人監督とは思えない巧みさでした。これからも楽しみです。
トンマッコル (miyu)
2008-07-12 21:17:16
いい村でしたね。
すっかりやさぐれてしまった心を癒し、清めに行きたいです。
シン・ハギュンあたしも好きです♪
「地球を守れ!」早速探してみたいと思います。
>miyuさま (sakurai)
2008-07-13 08:01:55
どっかにあるんじゃないかと思うということは、きっと無くなってしまった桃源郷・・・。
ますますさびしくなります。
「地球を守れ!」韓国コーナーでも探せなかったのですが、きっと都会ならあると思います。
みっけたらぜひ。
好みかどうかは保証はしません。

コメントを投稿

た行 外国映画」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

「トンマッコルへようこそ」 (やまたくの音吐朗々Diary)
2005年に韓国映画界に旋風を巻き起こしたパク・クァンヒョン監督の「トンマッコルへようこそ」の試写。幸せな映画を観た。宮崎駿の映画を観たあとような温かい感動と、三谷幸喜の映画を観たあとのような爽快感。この映画の音楽を『もののけ姫』や『ハウルの動く城 ...
トンマッコルへようこそ (カフェ☆小悪魔)
笑顔が一番つよいのです。入村する◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆争いを知らない村『トンマッコル』に迷い込んだ南軍兵士。しかし、そこへ敵対する北軍兵士がヨイルに導かれ入村する。彼らは村人を真ん中に挟んでにらみ合いを始める。 ...
トンマッコルへようこそ ★★★☆ (++norannchi++ (縁側。))
試写。 なぜか、リーマンのお父さん比率が高い試写でした・・・なぜ? 「鬼が来た!」ファンタジー善良バージョン。 何度も笑いが起きました。戦争モノなのにファンタジー、登場人物に悪人がいません、まるでおとぎ話のような笑顔とあたたかさに満ちている。 ...
トンマッコルへようこそ 06年211本目 (猫姫じゃ)
トンマッコルへようこそ 2005年   パク・クァンヒョン 監督  久石譲 音楽シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン 、イム・ハリョン 、ソ・ジェギョン 、スティーヴ・テシュラー よかったぁ! 見に行ってよかったぁ! 邦画の今年最高が ...
映画「トンマッコルへようこそ」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Welcome to Dongmakgol 北から南から空から、死地を求めてトンマッコルへと兵士が集う。山奥のメルヘンチックなその村に一体何があるというの、子供のように純粋な心の住む村・・ 1950年、朝鮮半島を分断する戦いも米韓軍の仁川上陸によって終 ...
★「トンマッコルへようこそ」 (ひらりん的映画ブログ)
韓国で800万人が笑って泣いた・・・という触れ込みの作品。
【劇場鑑賞121】トンマッコルへようこそ(WELCOME TO DONGMAKGOL) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
「トンマッコル」 子供のように、純粋な村 戦争が起こっていることなど誰も知らないこの村に、3組のお客さんがやってきた。 ひとり、空から落ちてきた。 ふたり、森からやってきた、 3人、山を越えて来た。 彼らは、戦場から迷い込んだ兵士たちでし ...
トンマッコルへようこそ♪観て良かった! (銅版画制作の日々)
心癒される映画「トンマッコルへようこそ」を観てきました。韓国映画は今まで、観る機会がなく・・・・。このときも「手紙」とこの映画とどちらにしようか?と悩んだ末、選んだような訳でした。でも観て良かった本当にいい映画でした。トンマッコルとは→“子供の ...
トンマッコルへようこそ (いろいろと)
韓国で800万人が笑って泣いた!!  2005年、観客に最も愛された映画 泣きは
トンマッコルへようこそ (八ちゃんの日常空間)
オールナイト明けなのにちっとも眠くならなかった。すなわち、非常に楽しめたわけだ。 戦争を背景にして、「同じ民族、殺し合うなんてバカバカしい」というメッセージは十分に伝わってくるのだから、最後の悲劇はなくてもいいのになぁ。
イノセントワールド~「トンマッコルへようこそ」~ (ペパーミントの魔術師)
26日6:30.朝日生命ホールにて。 公式サイトはコチラへ。 → http://www.youkoso-movie.jp/ トンマッコルとは「子どものように純粋な村」 という名の架空の村。 1950年代の朝鮮戦争を舞台に 迷い込んだ兵士たちが人種・国籍に関係なく 笑顔で一つになっ...
映画「トンマッコルへようこそ」 (<花>の本と映画の感想)
トンマッコルへようこそ 監督  パク・クァンヒョン 出演  シン・ハギュン   チョン・ジェヨン カン・ヘジョン  イム・ハリョン ソ・ジェギョン  スティーヴ・テシュラー 韓国  2005年 朝鮮戦争の真っ只中、韓国軍、人民軍、連合軍の兵士が、...
トンマッコルへようこそ (CinemA*s Cafe)
公式サイト 韓国での大ヒット。 何十万という人が泣いたというらしいこのお話。 思い切り戦争中になぜか戦争もよく知らない村が存在し、そこの村人達の温かさに触れた兵隊さんたちが敵味方なく、心を通い合わせそ
トンマッコルへようこそ (Kio -朔北- De nuevo)
久しぶりに韓国映画見ました。 『トンマッコルへようこそ』です。 [原 題] ウェルカム・トゥー・トンマッコル 웰컴 투 동막골 [英 語 題] Welcome To Dongmakgol
トンマッコルへようこそ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『笑顔が一番つよいのです。』  コチラの「トンマッコルへようこそ」は、10/28公開になる韓国のハートウォーミングなコメディなんですが、久々にオンライン試写会が当たったので、観ちゃいましたぁ~♪  あたしはやっぱり日本人だから、たくさんの北野監督作品や...