迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

96時間 リベンジ

2013年01月12日 | か行 外国映画
とんでもハスッパ娘が、好き勝手に旅行に行った先で、誘拐され、それを助けた父ちゃんは、元工作員の腕利きであったと。

あんだけパリで大暴れし、ばっさばっさと人を殺したわけですから、不問になるがはずがない。。。と、確か前作を見た時に思ったのでしたが、あれほど人殺したなら、さすがにそれなりに何かはあるでしょう。いや、そんなことはない。世界の警察・アメリカは、世界中で何をやってもかまわない!どこで、何をしても大丈夫なんですよ~という。超皮肉な物語なのかと思ってしまいました。

もともと好きな映画じゃなかったのですが、ちょっと重い映画を続けてしまったもので、超軽いものを一発、、、と思ったら、軽過ぎて、というより軽薄すぎて、久々に途中で出たくなった作品でございました。いや、それも織り込み済みだったのですが、それにしてもハチャメチャな脚本に言葉もないです。

娘の車の免許がとれないところで、すぐさま車が絡むのにねえ、との予想通り。こうなってこうなるのねえ~の予想に全然たがわない展開は、こんな安易でいいんでしょうか。お父ちゃんはつかまっちゃうんですが、のんびり電話を掛けちゃうと言う。。。。絶対にあり得ないでしょ。どんなまぬけな連中でも、あんだけ仲間がいるんだから、見張りもおかないなんて、絶対にない。

もう、リーアムお父ちゃんに活躍してもらうための話の進み方で、子供だましの話でもこんな安易なのはないだろう、と思いますだ。元妻は、さっさと助け出せないので、置いておいて、あとでから助けに来るぞっと。でもって、敵の連中は、妻をさっさと殺せば、なんの面倒もないのに、動きの鈍い妻を、わざわざ連れて歩くという。

どんなアホな連中でも、そんな効率の悪いことはしないですよ。そこまで行く経過は、前作同様カット。いきなり敵の後ろに登場すると言う超人ぶり。こういう話だろうと覚悟はして行ったのですが、あまりにもその通りで、なんらのひねりもなくて・・・・。

ファムケ・ヤンセンは弱すぎっしょ。なんだか眼力で相手を倒しそうなんですが、か弱い妻のまま。予想通りなんで、問題はないですが、次があったら、もういいです。本当に結構。

一点、iPhoneは、ああやって使うのねえと、大変勉強になりました。あぁ、使いこなしたいもんだ。

◎○

「96時間 リベンジ」

監督 オリビエ・メガトン
出演 リーアム・ニーソン マギー・グレイス ファムケ・ヤンセン ラデ・シェルベッジア

追記

コメントしてて、書き忘れてたことを思い出した!!
娘っこ!ガンガンカーチェイスしたあとの車、脇にも前にも、さっぱり傷がなかった。
どういう腕前よ!!!という突っ込みを書くのを忘れてました。ずさんすぎます。

コメント (16)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 希望の国 | トップ | 日本インターネット映画大賞... »
最新の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (魚虎555)
2013-01-13 20:11:56
昨年の秋ごろだったと思いますが全世界一斉に上映が始まったころ某国にて見てきました。アクションの理由があいまいとなりだいぶ趣が変わっていたので面食らいました。なので日本での前宣伝の内容には違和感を覚えます。配給会社の人、本当にこの映画ちゃんと見た上であんなせんでんするの?と。

機器の使い方や追跡の仕方はフムフムと思いましたし、なんだか、ボーイスカウトかあんたは、といいたくもなる感じでした。脚本については穴がひどく開いている感が強いですし、この映画、基本、ティーン向けでしょう。
そうそう! (オリーブリー)
2013-01-13 23:49:12
確か、前作で、この家族がイラっとする!!とsakuraiさんと話したような…(笑)
いくら単なるアクション映画でも、もう民間人になってるのに、ここまで好き勝手にやっていいのか、しかも他国で、、、って思い、私も好きな作品ではなかったですよ。
今回、娘が親の気持ちが分かり、少しはましになっていたけど、やっぱり前作以上につまんない映画でしたね(なら行くなよ)
色々一人ツッコミしながら観るのもたまにはいいか(苦笑)
突っ込みどころ (mariyon)
2013-01-15 08:41:53
いや、満載!!
sakuraiさんはのれなかったんですねーー。
たしかに、白人ご都合主義の映画。
パリでアンだけ殺して、まだ殺す??
でもって何のお咎めもなし。。。
何より、アメリカ大使館に逃げ込んだ後、1人でまた
街に出かけることができるって、もう、すごすぎ。
(サムのおかげ?)

などと思いながらも、けっこう楽しめました。

ただ、最後、みんなで笑ってパフェ、
しかも3週間で。。。。(-_-;)
精神的に強すぎます、あの母娘。
>魚虎555さま (sakurai)
2013-01-16 14:37:00
ということは、英語でご覧なったわけですね。素晴らしい。
前作も自分にとっては、穴だらけな感じで、どうにも好きになれなかったのですが、結構皆さんの評判がよくて、なんだかなあと思ってました。
還暦で今どきの機器を使いこなすのは、元工作員ですから、当たり前なんでしょうが、あまりにも敵が間抜けすぎて。
もうちょっと丁寧な脚本で作ったら、見れる映画になると思います。
嫌いなら、見るなよ!なんですがね。
>オリーブリーさま (sakurai)
2013-01-16 14:57:31
そうなの、そうなの。
シチュエーションも無理があるし、娘はハスっぱだし、母は、気持ちのわからん女だし、どうにも好きになれなかったのですよね。
そんだけ娘を愛してるんなら、その前に何とかなったんじゃない?とも思った。
でもって、今回はまた穴だらけの脚本で、まじめにがっくりでした。
いくら間抜けな連中でも、見張りくらいは置くでしょって。結びつけるのなら、鎖ですよ。
あんな強いんだから、絶対に縛り付けるときは裸にします。もっと映画見て、勉強しろよ!ですわ。
突っ込むのも疲れました・・・。
>mariyonさま (sakurai)
2013-01-16 15:14:11
もろに、おっさん版ボーンを目指したのはわかるんですが、それにしちゃ散らかしすぎだろ!と。
ボーンは散らかすけど最小限度で、あんまり人に迷惑をかけてないぞ!と。
と、思いながら見てたら、もしかしたらこれはアメリカのやり方に対する皮肉な映画なのかもしれない!!と思い始めたのでした。
世界中で勝手なことやってるんですよ!という。
・・・・・・ないな。

実施重視の免許に、すぐさま忘れて超前向き?
短絡すぎました。。。。
一発目~ (cyaz)
2013-01-21 12:35:23
sakuraiさん、こんにちは^^

前作観ていないので、なんともいえないですが、
無難と言うか新しいものが何もないというか、
あんなに出血していた妻が生き続けているなんて(笑)
仮免取るにはカーチェイスですね(汗)
っていうわけで本作が今年の一発目の映画となりました・・・。
一発目2 (hori109)
2013-01-22 18:31:31
わたしもいろいろあって今年最初の映画がこれ(笑)
フォーラム東根を出たらすっかり雪が上がっており、
けっこうな時間つぶしだったと納得しております。
>cyazさま (sakurai)
2013-01-24 08:14:01
結構前作は、評判良かったんですが、あたしはどうしても好きになれず。
機会がありましたら、ご覧になってください。
まじにハチャメチャですよ。
元工作員が、娘を助けるために、やりたい放題!
その娘は、親の言うこと聞かずに勝手に遊びに行って、そこで誘拐されたんだけど、親父のランボー率炸裂!!!と言うお話ですよ。
最初の運転免許がとれないってあたりで、カーチェイスがあるなあと思ったら、その通りでしたね。
いやいや、ある意味、凄い映画っす。
>hori109さま (sakurai)
2013-01-24 12:54:18
2013年はだんだんと盛り上がっていく・・・・ということを期待して、スタートは低めですね!!
ガンガン、カーチェイスした後の車が、無傷ってのも解せません。
適当すぎますよ。

コメントを投稿

か行 外国映画」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

96時間/リベンジ (心のままに映画の風景)
イスタンブールで仕事を終えた元CIA工作員ブライアン(リーアム・ニーソン)は、失われた家族の絆を修復するため、元妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)と娘キム(マギー・グレイス)を呼び寄せた。 かつて...
96時間/リベンジ (風に吹かれて)
オヤジのスキルで家族を守るぜ公式サイト http://www.foxmovies.jp/96hours製作・脚本 リュック・ベッソン監督: オリヴィエ・メガトン  「トランスポーター3 アンリミテッド
「96時間 リベンジ」ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
すっかり落ち着いたおじさんになったリーアム・ニーソンが、家族のために激しいアクションで頑張る「96時間」の続編が、この「96時間 リベンジ」 ちょっと身体が重たそうになってきているけど、リーアム父さん大丈夫?
96時間/リベンジ (だらだら無気力ブログ!)
パパ強すぎ!
『96時間/リベンジ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「96時間/リベンジ」□監督 オリヴィエ・メガトン □脚本 リュック・ベッソン□キャスト リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン、ラデ・シェルベッジア■鑑賞日 1月14日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■...
「96時間 リベンジ」Taken2 (2012) (事務職員へのこの1冊)
リュック・ベッソンの映画を観ていて、イラッとくることはありませんか。 とにかくス
映画「96時間/リベンジ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「96時間/リベンジ」観に行ってきました。リュック・ベッソン製作&リーアム・ニーソン主演のアクション・スリラー映画「96時間」の続編作品です。原題は「TAKEN 2」。「9...
「96時間/リベンジ」 オヤジ、頑張る、ふたたび (はらやんの映画徒然草)
あの無敵の親父が帰ってきた! ということで、リーアム・ニーソン主演の「96時間」
96時間/リベンジ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
96時間/リベンジ '12:米 ◆原題:TAKEN 2 ◆監督:オリヴィエ・メガトン「コロンビアーナ」 ◆出演: リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン、リーランド・オーサー、ジョン・グライス、D・B・スウィーニー、ルーク・グライムス、ラデ・シェルベ...
96時間/リベンジ 最強の親バカな父健在! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=10】 今日は波が無かったのでサーフィンは無し。  「むちゃくちゃおもしろかった「96時間」の続編、前作はじぶんがこのブログで書いたとおり「おとうちゃん怒らせたら怖いんだぞーっ」という内容だったが、この続編は、その怒ったお父ちゃんに殺されちゃった犯罪組...
96時間/リベンジ (銀幕大帝α)
TAKEN 2 2012年 アメリカ 92分 アクション/サスペンス/犯罪 劇場公開(2013/01/11) 監督:オリヴィエ・メガトン『コロンビアーナ』 製作:リュック・ベッソン 脚本:リュック・ベッソン 出演: リーアム・ニーソン『THE GREY 凍える太陽』:ブライアン・ミ....
96時間/リベンジ (Taken 2) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 オリヴィエ・メガトン 主演 リーアム・ニーソン 2012年 フランス映画 98分 アクション 採点★★★ 英語が話せて楽器も弾け、時折料理を振る舞い容姿にも一応気を遣ってはいる。概ねその全てに措いて“そこそこ”ではあるんですけど、自分で言うのもアレです...
【映画】96時間/リベンジ…の記事をやっつけた (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
前回の更新から時間が空きました… 映画観賞記録です 「96時間/リベンジ」 監督:オリヴィエ・メガトン 出演:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン 製作年:2012年 製作国:フランス 原題:Taken 2 TSUTAYA DISCASさんから「ダンジョン&ド...