迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

アンナ・カレーニナ

2013年05月21日 | あ行 外国映画
最近、この人は一発屋だったんではないかと思ってるジョー・ライト版「アンナ・カレーニナ」!

よーく知られたトルストイの有名なお話なんで、内容の説明はいらないと思いますが、「アンナ・カレーニナ」の必需品はやはり列車。何とも言えない圧力?見るものに有無を言わせぬ圧する力が思い浮かんでしまう。その背景にあるのは雄大な自然であり、広大な大地と。

今風のアンナ・カレーニナを目指したのかもしれないが、目指さなくてもいい!やっぱきっちりと完成された作品には、余計なもんはいらず、いかに忠実にその世界観を表すか、表すことができるのか・・・ということではないかと言うことを改めて感じた。

キーラをあまり美しい・・・と思えないのが、失敗の始まりかな~。疑問なんですが、この人って美しいんですか?エキセントリックな役だとピタッとはまるもんで、後半、アンナがだんだんと壊れていうあたりは、ぞくぞくするほど似合うのですが、前半がなんか違う。一面的な部分を表すのはとってもうまい女優さんなんでしょうが、複雑な多面的な感じ・・・っていうのには、違和感を感じてしまいました。

若い将校、アンナと恋に落ちるヴランスキーのアーロン・ジョンソン!透き通った青い目に吸い込まれていきそう。きれいな目だわ。でもでもでも、若すぎたなあ。ヒステリックになっていくアンナをあんとかなだめ、押しとどめ、理解しようとするのですが、いかんせん若すぎて、アンナに振り回されてる、というふうにしか見えないのが残念だったな。

アンナの夫、ジュード・ロウが、ずいぶんと落ち着いた年取ったおっさんに。きっと若かったらヴランスキーの役だったろうなあ~と思わせた。

なんせ、ロシア映画シリーズを40数本毎月見てしまった身としては、妙にロシアに目が肥えてしまった。あの採算度外視で美術品の限りを尽くした作品を見てしまったもんで、総天然色で迫られても目に衝撃が来ない。うーん、ロシア映画シリーズも痛し痒しだった・・・かな。いや、見てよかったシリーズでした。

なかなか斬新な舞台演出で、つぎつぎと繰り広げられる展開は意外性はあったけど、作品のテーマとは違ってたような気がしました。もっと普通に、広大な自然を舞台に見たかったなあ。スラブの匂いがもうちょっとほしかった。

この人の映画を見ていつも感じること。音楽が単調すぎ、そしてそれを多用しすぎます。もうちょっと違うつくりを求めたいとこなんですが、これがいいっていう人もいるんでしょうね。ということは、あたしが見なきゃいいのか・・・。

◎◎●

「アンナ・カレーニナ」

監督 ジョー・ライト
出演 キーラ・ナイトレイ ジュード・ロウ アーロン・テイラー=ジョンソン

コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 探偵はBARにいる2 | トップ | セデック・バレ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
普通に~ (cyaz)
2013-05-21 17:48:15
sakuraiさん、こんにちは^^

なんだか普通に作ったら、もっと馴染み易いのに・・・
なんて思ったのが正直な感想でした。
個人的にはキーラ・ナイトレイが好きなので、
ま、そこだけ切り取って観ていた感じです(笑)
>cyazさま (sakurai)
2013-05-23 13:02:51
ですねえ。
あの独特の世界観は好きな人は好きなんでしょうが、あたしはだめでした。
巨匠に挑戦してるんですかね。
うん、負けてると思う。
トルストイの道徳観 (風子)
2013-05-28 11:48:05
壮大なロシアの景色と大邸宅が見たかったですが、アンナとリョービンの人生を対比させる演出としては、成功していたと思いました。
>風子さま (sakurai)
2013-05-30 20:32:52
なんでしょねえ。ロシアのものほんっぽい屋敷やら調度品見てると、それだけで十分閉そく感が伝わってくるんですよね。
これはこの描き方で、なかなかのチャンレンジャーだったと思います。

コメントを投稿

あ行 外国映画」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

『アンナ・カレーニナ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アンナ・カレーニナ」□監督 ジョー・ライト□脚本 トム・ストッパード□原作 レオ・トルストイ □キャスト キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、       ケリー・マクドナルド、マシュー・...
アンナ・カレーニナ (試写会) (風に吹かれて)
舞台劇でした公式サイト http://anna.gaga.ne.jp3月29日公開米アカデミー賞衣装デザイン賞受賞原作: アンナ・カレーニナ (レフ・トルストイ著)監督: ジョー・ライト  「プライド
アンナ・カレーニナ (to Heart)
原題 ANNA KARENINA 製作年度 2012年 製作国・地域 イギリス 上映時間 130分 原作 レフ・トルストイ 監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ/ジュード・ロウ/アーロン・テイラー=ジョンソン/ケリー・マクドナルド/マシュー・マクファディン/アリシア・ヴィキ....
映画『アンナ・カレーニナ』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-30.アンナ・カレーニナ■原題:Anna Karenina■製作年、国:2012年、イギリス■上映時間:130分■観賞日:4月7日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■料金:1,800円 □監督:ジョー・ライト◆キーラ・ナイトレイ(アンナ・カレーニナ)◆ジュード・ロウ(カレ...
アンナ・カレーニナ (いやいやえん)
ざっくり言ってしまえば不倫ドラマなのですが。トルストイの有名な文芸作品なので何となくは知っていましたが、ちゃんと作品に触れるのは実は初めて。 時代コスと言えばこの人、キーラ・ナイトレイ主演。ジュード・