迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ヘアースプレー

2007年10月31日 | は行 外国映画
60年代の匂いがぷんぷん。ローカル局の音楽番組に憧れるちょっと(一応)おデブな高校生のトレーシー。まあ、普通に考えたら、到底TV向きの体型じゃないのだが、それで終っちゃ映画になりません。

世の中厳しいのよ!という世間の言葉を跳ね返し、のっしのっしと前に進んじゃう。

テンポのいい音楽満載。ダンスもついのっちゃいます。んでもってただの60年代の回顧的なもんじゃなく、あの時代のエッセンスがたっぷり。ちょうどケネディが大統領になって、ジャクリーンの髪型がどうのとか、「ニュー・フロンティア」とか、黒人の公民権運動が徐々に激しさを増してた頃の様子もきちんとあらわしております。

「二グロ・ディ」とか、いかにもいそうな白人バリバリのとっぽい親子に、悪人、差別用語もちりばめながらも、元気の出る映画になってます。

トレーシー役のニッキー・ブロンスキーを見つけたことがこの映画を確かなものにしてますが、何といってもトラちゃんとミシェル・ファイファーがすべて。楽しくいきいきと醜い役をやったり、悪役を憎々しげに演ずる役者魂に乾杯。それがあっての映画です。



ほんでもって、いかにも60年代のオーラをぷんぷん匂わせてるのがサイクロップスっすよ。ジェームズ・マーズデンのあのわざとらしい笑顔!最高。あの作り笑いが最高に似合います。なんか今風の映画に出てると、どこか違和感を感じていたのですが、はまりになまってましたね。踊りもうまいし、見直しました。

と、大好きなクィーン・ラティファの歌声をたっぷり聴けたのも満足。



古き良き時代ながら、いっぱいまずいものを満載していた60年代です。大統領の暗殺に、キューバ危機。黒人の公民権運動が激しくなり、そしてベトナム戦争に突入。アメリカの黄金時代は50年代だったといわれますが、その最後の名残のころでしょうか。

シュッシュッとスプレー撒き散らしてましたが、あのころ使ったフロンがオゾン層をがんがん壊したんだろうなああ、などと興ざめする見方もしてましたです・・・。

◎◎◎○

『ヘアスプレー』

監督 アダム・シャンクマン
出演 ジョン・トラヴォルタ ニッキー・ブロンスキー アマンダ・バインズ クリストファー・ウォーケン ザック・エフロン イライジャ・ケリー クイーン・ラティファ ミシェル・ファイファー ブリタニー・スノウ

コメント (16)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« ブレイブ ワン | トップ | イタリア的、恋愛マニュアル »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しさいっぱい・・・! (圭一朗)
2007-11-03 15:05:07
 久しぶりにこんなに楽しい映画を見ました。
最初から最後まで リズムをとって 踊りだしたい気持ちでした。こういうのは アメリカ上手ですねぇ。
60年代はリアルタイムでの経験はないのですが、すべて理解できました。

デブがもてはやされる傾向って 日本も同じで いいですねぇ。
デブだって生きる権利はあるんだ!!
デブにだって夢はある!!(俺はデブでないけど)

 そうですねぇ・・・
あの頃のスプレーのフロンが問題なんでしたよね。
それがあの頃分からず 吹き掛けるは噴きかけるは・・・
僕も気になりました。

それにしても 楽しい映画でした。
>圭一朗さま (sakurai)
2007-11-03 15:24:46
タブーをいかんなく表現していたのが好感度UPだったと思います。
いかにもアメリカ的だけど、とっても素敵なアメリカ的。
こういう映画撮らせたら、やっぱアメリカにはかないません。
そして芸達者も。
すごい俳優魂を見せてもらいました。
楽しんでやってるところがいいですよね。
ヘアスプレー (miyu)
2007-11-03 23:02:54
しまくりでしたものねぇ~。
そういやフロンガスが問題になってましたっけ。
今はあんまりスプレー使いませんもんね。
って使う人もいるんだろうけど(^-^;
>miyuさま (sakurai)
2007-11-04 20:26:00
あたしゃ、映画見ながら「フロンじゃないよなあ」などと、余計なことが頭に浮かんでしようがありませんでした。
そういえば、最近あの独特なにおい、嗅いでませんわ。
Unknown (カオリ)
2007-11-05 17:20:48
オーデションを勝ち抜いたツワモノのニッキー、周囲のビッグネームにも負けてませんでしたね!

ああ、そういやフロンガス。最近スプレーってグッと減ったような気もします。

「不都合な真実」もまたフォーラムでやるんですね。
>カオリさま (sakurai)
2007-11-05 22:42:27
予告で、オーディションの様子もフォーラムのロビーで流れてるのですが、本当に素もトレーシーそのものって感じでしたね。

そうなんす、「不都合な真実」!!ノーベル賞受賞記念。もう一回みようかしらん。
こんにちは (はらやん)
2007-11-17 09:48:24
sakuraiさん、こんにちは!

ジェームズ・マーズデンの笑顔、この映画にはぴったり!
なんだか軽ーい男に見えましたが、最後の粋な計らいで株も急上昇。
おいしい役でしたよねー。
ミッシェル・ファイファーもあいかわらずきれいで。
嫌みな悪役、似合っていましたね。
>はらやんさま (sakurai)
2007-11-18 22:16:40
私もこれはとにかくサイクロップスに脱帽でした。
あうあう。60年代の笑顔が無駄に似合ってましたね。
これのあと、「スターダスト」を見て、ミシェル・ファイファーのすさまじさにまたまた脱帽でした。
今晩は☆★ (mezzotint)
2007-11-21 23:50:03
sakuraiさん
いつもコメント頂きありがとうございます
かなりはまっておられるようですね
60年代の香りがぷんぷんってとこですかね。
「コニー・コリンズショー」もあの時代の
象徴的な番組らしく、懐かしさを感じました。
ジェームズ・マーズデンの司会ぶりも時代にマッチ
したトークですね。
>mezzotintさま (sakurai)
2007-11-22 19:39:09
予告のときから、ずっとあたしのターゲットはサイクロップスでした。
やけに真っ白な歯がいいです。

コメントを投稿

は行 外国映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

14 トラックバック

ヘアスプレー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ハマる!ハジケる! ハチキレる!?』  コチラの「ヘアスプレー」は、全米でミュージカル映画史上No.1のオープニング記録を樹立し日本でも10/20公開となったBIGな女の子がBIGな夢をつかむシンデレラストーリーなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  ミュ...
【2007-152】ヘアスプレー(HAIRSPRAY) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? ハマる! ハジケる! ハチキレる!? 恋とダンスと音楽で綴る もっともビッグなシンデレラストリー
『ヘアスプレー』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『ヘアスプレー』鑑賞レビュー! ストーリーに! キャストに! 音楽に!!!! 誰もが満足度1000%のハッピーサプライズ!!!! この秋、最も華やかで、満足度1000%の ハッピー・エンタテインメント誕生!!!! ハマる!ハジケる!ハチキレる!? ...
ヘアスプレー(07・米) (no movie no life)
歌も踊りもおしゃれも大好き!ちょっと体型がBIGなトレーシー(ニッキー・ブロンスキー)はヘアスプレー会社がスポンサーであるショウ番組の出演を夢見る16歳。オーデションに参加したいと訴えるもこれまた「BIG」サイズの母親(ジョン・トラボルタ)は大反対。「お...
『ヘアスプレー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヘアスプレー」 □監督 アダム・シャンクマン □脚本 レスリー・ディクソン □キャスト ジョン・トラヴォルタ、ミシェル・ファイファー、ニッキー・ブロンスキー、クリストファー・ウォーケン、クイーン・ラティファ、アマンダ・バインズ...
「ヘアスプレー」 「違う」ということに価値がある (はらやんの映画徒然草)
超前向きムービー! 人って誰でも何かしら自分の見かけにコンプレックスを持っていま
「ヘアスプレー」は優れた歴史映画だ~単なる少女のサクセスストーリーじゃない (万歳!映画パラダイス~吉祥寺ほろ酔い日記)
  久しぶりに映画を見た。我が家から歩いて、2、3分ほどのところにある吉祥寺「バウスシアター」。気になっていた古びたミニシネコンだ。3つの小さな映画館がある。そこで、「ヘアスプレー」(アダム・シャンクマン監督)というミュージカル映画を見た。ミュージカル...
★「ヘアスプレー」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みは、映画→ブロードウェイ・ミュージカル→映画化された作品。 予告編ではオデブなトラボルタは出てくるし・・・ 結構笑えそうなミュージカルという事で、ひらりんの期待大。
「ヘアスプレー」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「ヘアスプレー」 監督:アダム・シャンクマン 出演:ジョン・トラヴォルタ、ニッキー・ブロンスキー、ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケン、クィーン・ラティファ、ザック・エフロン、ブリタニー・スノウ、アマンダ・バインズ 1960年代のアメリ...
ヘアスプレー♪ジョン・トラボルタママが素敵(*^_^*) (銅版画制作の日々)
  史上最重量のシンデレラストーリー    10月22日、MOVX京都にて鑑賞。   ドリームガール以来の楽しいミュージカルだったヒロインは太目の可愛いお姉ちゃん、トレーシー・ターンブラッド(ニッキー・ブロンスキー)。1988年、米・ニューヨ...
「ヘアスプレー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 1962年、米メリーランド州ボルチモア。ダンスとオシャレに夢中な16歳のトレーシー(ニッキー・ ブロンスキー)は、人気TV番組“コーニー・コリンズ・ショ...
mini review 08302「ヘアスプレー」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
ジョン・ウォーターズの同名カルトムービーを基にした大ヒット・ミュージカルを映画化。人種差別が残る60年代のボルチモアを舞台に、外見を気にしないビッグサイズのヒロイン、トレーシーが活躍する。監督は『ウェディング・プランナー』のアダム・シャンクマン。ヒロイン...
「ヘアスプレー」 (シネマ・ワンダーランド)
1960年代のファッションや音楽、ダンス、TV番組などを描いた異色の青春ミュージカル映画「ヘアスプレー」(2007年、米、116分、アダム・シャンクマン監督・振付・製作総指揮)。本作は、ジョン・トラヴォルタをはじめミシェル・ファイファー、クリストファー...
『ヘアスプレー』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじおしゃれとダンスに夢中な女子高生トレーシー(ニッキー・ブロンスキー)の夢は、人気テレビ番組「コーニー・コリンズ・ショー」のダンサーになること。ある日、番組のオーディションが開催されると知ったトレーシーは、自分と同じく大柄な母親エドナ(ジョン・ト...