迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ヒューゴの不思議な発明

2012年03月06日 | は行 外国映画
第一次大戦後のパリ。パリの駅や空港って言うのは、隠れるところがあるらしく、いろんな人が住まうところらしい。少年ヒューゴもその一人。時計屋だった父親を亡くし、父が直していた機械仕掛けの人形とともに、パリ駅の時計台の裏に住んでいる。

隠れ住んでいるという設定だが、飲んだくれのおじさんが保護者でその手伝い、助手としてそこにいるんだ!ということは言えないのだろうか。児童労働違反?保護者のおっさんも、時計がきちんと動いてさえればいいのだから、逃げ隠れしてないとならない!という風にせねばならないのに、ちょっといらいら。

なにはともあれ、サシャの間抜けな追っかけブリと、心の傷みたいなもんが効いている。ただ、あのおっかけっこが私にとって、きつかったのであります。気持ち悪くなった。ジェットコースターで、おえっとなる感じ・・・。いや、いいんです、3Dでも。ぜんぜん大丈夫な方もいらっしゃるだろうし、3D大好き!という方もおられるでしょうからいいのですが、欲しいのは選択の自由。

3Dが見たくない人もいるんですよ。どっかの電力会社みたいに、選択の自由が欲しいわけで。アタシには、2Dを自由に見れる選択権が欲しいです。

あ、映画、映画。ヒューゴのおっさんは、どっかに行方不明に。ヒューゴはせっせと時計の管理をしながら、パリ駅にたむるする人々のウォッチングをしているわけであります。で、気になるのが駅の中で店を開いているおもちゃ屋(?)さん。あの機械人形を直すためには、ちょうどいい部品がいっぱい。

ちょこちょことちょろまかしていたのですが、店主に見つかってしまい、父親がこのしてくれた大事なノートもとられてしまった!!んじゃ、何で言わない!これは父の大事な形見です!とか、もそもそとちゃんと言えないヒューゴにまたいらいら。

気難しい店主は、大事なノートを返してくれそうもないのですが、養女の女の子は善き理解者に。ノートを見張っててあげる!という力強い言葉とともに、機械人形の秘密もどうやら、この女の子が握っていることがわかってまいります。

さあて、機械人形は動くのか!あの気難しい店主の正体は?んでもって、機械人形が伝えたいのは、父の大事なメッセージなのか???という怒涛の後半が、どんどんと盛り上がっていきます。ということで、前半のもたつきが、すこーし眠気を誘ってくれたのですが、後半の盛り上がりについていくための休憩時間だったのかも知れません。

そういや見たことありますよ、あの絵。月にささったロケット!(ロケットだって今回始めて知ったのですが・・)純粋に映画が好きで、こういう映画が作りたい、映画に対するあふれる愛を何とかして表したい!という気持ちが素直に伝わってきました。

一等最初の映画は、あの汽車がこっちに走ってくるただの映像。あの短いフィルムだけで、ドンだけの人が驚いたか!見世物小屋にかかったあの映画をたくさんの人が見て、驚愕した!といいます。

きっとスコセッシは、あの驚きと疾走感を3Dで見せて、見ている私たちの度肝を抜きたかったのかもしれないです。きっとリュミエール兄弟になりたかったのかも。そう思うと、3Dでもしようがないか・・・と思ったんですが、やっぱだメッス。生理的にだめっす。ぜひとも、3Dでも2Dでも自由に見れるようにしていただきたい!それが願いです。

子供らにまっすぐな佇まいにとってもうれしくなった一本。ちょっとひねた役が多かったクロエちゃんですが、うまいねえ。この子は本当に楽しみ。どんな役でもやれそう。少年の方は、私はてっきり「ザ・ロード」の子だと思ってたら、違ったのね。うーん、アメリカの子役は奥が深いっす。

アカデミー賞のとき、ビリー・クリスタルが、スコセッシの映画なのに、銃も撃ち合いもないなんて!なんていってましたが、意外にいいかもしんない!と思ったのでした。でもやっぱ真骨頂は違うわな。

◎◎◎○●

「ヒューゴの不思議な発明」

監督 マーティン・スコセッシ
出演 ベン・キングスレー サシャ・バロン・コーエン エイサ・バターフィールド クロエ・グレース・モレッツ レイ・ウィンストン エミリー・モーティマー ヘレン・マックロリー ジュード・ロウ

コメント (15)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
« トワイライト・サーガ ブレ... | トップ | ミラノ、愛に生きる »
最新の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2012-03-06 22:40:18
たしかにスコセッシの真骨頂ではないですね。映画制作者としての想いはとても篭っている素晴らしい作品だと思いますけど、別に大して映画ファンでもない人が観る分にこの想いが伝わるのだろうかと…。
きっと配給もそこが解ってるから、何だか不思議なファンタジー物語のようなテイストで予告編うったり、全く違う邦題つけてるんじゃないかと思うんですよ。
こんばんは♪ (ひらで~)
2012-03-06 22:51:17
3Dで鑑賞されたのですか?
こちらは字幕版が2Dでしたので、迷わず2Dでしたが、地面を這うような映像は私も苦手で、2Dでももう少しあの場面が長かったら
酔ってたかも(笑)

てっきり少年が自分が作った人形と冒険する・・・みたいな内容だと思ってたのですが、
途中からあれ?って(笑)
でも、最後には泣かされて・・・まさか、スコセッシ監督作品でこんな思いをするとは思わなかったですが、いろいろやってくれるじゃないかと、感心してしまいました(笑)

>KLYさま (sakurai)
2012-03-07 20:53:06
はい、映画への愛、思い入れ、尊敬、なんとかしてその思いを表したい!それは十分に伝わりました。
それを伝えるんだから、物語りの言葉の足らないところは勘弁してもらいたい!というのも若干あったかな。
前半のもたつきはちょっと気になりましたが、見た後の爽快感は素晴らしかったです。
>ひらで~さま (sakurai)
2012-03-07 21:23:47
はい、そうなんす。
選びたくても、それしかなかった・・。そこ問題ですよ。
3Dがダメな人もいるのですから、選択権を残してほしいです。
最初のスピード感あふれる映像は、真面目に気持ち悪くなりましたもん。
一応、中身はどんなのかは把握してたんで、戸惑いはありませんでしたが、後半の感動は、じわっと来ましたね。
見た後の気持ちよさは映画の醍醐味でした。
子役~ (cyaz)
2012-03-08 08:45:10
sakuraiさん、おはようございます^^
TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

スコセッシがこんな映画を撮るなんて~
なんて思いましたが、やはりデ・ニーロフリークの
僕としてはスコセッシの初期の頃の尖った
シャープな映画が観たいですね(笑)

デ・ニーロやアル・パチーノなんか集めて、
ちょい前の『RED』まがいのものでも
撮ってみてはどうですかねぇ

>うーん、アメリカの子役は奥が深いっす。
まさに仰るとおりですねぇ
『ものすごい~』の彼も上手かったですが
大人では感動モノを撮れなくなったのでしょうか(笑)
これも監督と脚本のせいでしょうか

クリストファー・リーはやはりあのメイクがないと・・・ですかねぇ(笑)
わざわざ感はありますが (slver)
2012-03-08 23:16:43
こんばんは。
本日アウェーで、メリエス・マジックショーを観てきました。
そこではホームでは上映していない、2D字幕版を上映していましたよ。
>cyazさま (sakurai)
2012-03-09 21:12:31
あぁあ、cyazさんのチャズは、あのチャズですもんね。
デニーロをデニーロたらしめたのは、スコセッシですもんね。
この人のまろみを帯びた映画は初めてですが、癖は出てましたが、やっぱこの人の真骨頂は違うだろ~ですね。
年相応のデニーロ映画もいいかもしんないですね。最近のデニーロさんは、どっか違うだろ~のものが多いですから。
どこの国も子役はホントに素晴らしいですね。
まだまだすごい子が出てきそうですわ。
クリストファーさんは、立ってなんぼかなあと。
>slverさま (sakurai)
2012-03-09 22:02:44
しまった。アウェーの方は、全然チェックしてなかったです。
2Dあるんなら、行ったかも。
アウェーの3Dは、特に暗くて、見にくいんですよね。
スコセッシものとしては (KON)
2012-03-09 23:57:44
私もやはり物足りない感はありました。
こういうのも彼撮れるんだ~、と感心はしましたが、新たな刺激ではない。
前半の映像とゆったりした進行に眠りかけて、危険な作品でした。

ボラットさんが意外に光ってました。
>KONさま (sakurai)
2012-03-12 14:54:43
やっぱ前半は、結構みなさん、落ちかけたのね。
私もやばかったです。
後半、怒涛の流れのために、休みを入れたのかもしれませんね。
映画への愛は、いっぱい堪能しました。

ジョンウ報告、ありがとう!!楽しかったでしょうね。始終、にまにましてる顔を容易に想像できます。

コメントを投稿

は行 外国映画」カテゴリの最新記事

24 トラックバック

ヒューゴの不思議な発明/Hugo (LOVE Cinemas 調布)
巨匠マーティン・スコセッシが初めて3Dで送るヒューマンファンタジー。ブライアン・セルズニックの小説を原作に、父の形見の機械人形に隠された謎を探る少年の姿を描く。主演は『縞模様のパジャマの少年』のエイサ・バターフィールドと、『モールス』のクロエ・グレース...
ヒューゴの不思議な発明☆ヒューゴの<夢の発明>にあなたは驚き、涙する  (☆お気楽♪電影生活☆)
   秘密の扉が        今 開く
ヒューゴの不思議な発明 (心のままに映画の風景)
1930年代のパリ。 駅の時計台にひそかに住む少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、亡き父が残した機械人形の修理を心の拠所にしながら毎日を送っていた。 壊れたままの人形の秘密を探る過程で、...
『ヒューゴの不思議な発明(2D字幕)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヒューゴの不思議な発明」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 ジョン・ローガン□原作 ブライアン・セルズニック □キャスト エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロウ、     サシャ・バロン・...
マーティン・スコセッシ監督 「ヒューゴの不思議な発明」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
残念ながらアカデミー作品賞は逃してしまいましたが、11部門でノミネートされた話題作「ヒューゴの不思議な発明」、今日3月1日、映画の日、公開ということで、早速観てきましたv(^m^)v 公式サイト⇒http://www.hugo-movie.jp/ 【あらすじ】 1930年代、...
映画「ヒューゴの不思議な発明(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ヒューゴの不思議な発明」観に行ってきました。ブライアン・ セルズニックの小説「ユゴーの不思議な発明」を原作とする、マーティン・スコセッシ監督の冒険ファンタジー作品...
パパ・ジョルジュ。 【映画】ヒューゴの不思議な発明 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】ヒューゴの不思議な発明 監督にマーティン・スコセッシ。 撮影賞、美術賞、音響編集賞、録音賞、視覚効果賞 アカデミー賞で5冠を獲得。 【あらすじ】 1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)の唯一...
ヒューゴの不思議な発明 (だらだら無気力ブログ!)
ヒューゴって発明してたっけ?
ヒューゴの不思議な発明 (風に吹かれて)
映画の歴史を知りました見るなら3Dで公式サイト http://www.hugo-movie.jp原作: ユゴーの不思議な発明 (ブライアン・セルズニック著/アスペクト文庫)監督: マーティン・スコセッ
「ヒューゴの不思議な発明」 (或る日の出来事)
ヒューゴ、発明なんてしてないじゃん、と思ったけど、原作は「ユゴーの不思議な発明」なのでした。
ヒューゴの不思議な発明 (食はすべての源なり。)
ヒューゴの不思議な発明 ★★★★★(★満点!) ライラの冒険や、ナルニア国物語のようなファンタジーを想像していったのですが、まったくもって予習不足でした。 じ~んと来るセリフがいくつもあって、泣かされましたよ。。。 初めて映画を観た時の感動がキーになっ...
Hugo /ヒューゴの不思議な発明  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 世界中でベストセラーとなったブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説、 「ユゴーの不思議な発明」をマーティン・スコセッシ監督が描いたファンタジー 毎日NYあちこち歩いてます☆ こっちへ来て...
ヒューゴの不思議な発明 映画愛に溢れていて映像が素晴らしくて・・・でもしかし・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=12 -0-】 3Dと吹き替えがとにかく嫌いなので2D字幕版にて金曜日に鑑賞。 あれだけアカデミー賞にノミネートされていたというのに、受賞したカテゴリーは録音賞・音響編集賞・視覚効果賞・美術賞・撮影賞の5つ、物語には関係が無くて技術的な部門ばっかだった。(作品...
ヒューゴの不思議な発明 (Akira's VOICE)
素晴らしきかな世界。  
ヒューゴの不思議な発明 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒューゴの不思議な発明』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画については、『サラの鍵』や『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を取り上げたエントリにおいて大いなる期待を表明していたところ、その期待以上の優れた出来栄えだと思います。  それ...
ヒューゴの不思議な発明  監督/マーティン・スコセッシ (西京極 紫の館)
【出演】  エイサ・バターフィールド  クロエ・グレース・モレッツ  サシャ・バロン・コーエン 【ストーリー】 ひとりぼっちの少年ヒューゴは、時計のネジを巻きながらモンパルナス駅に隠れ住んでいた。彼は駅の中の玩具店で玩具を盗もうとし、店主のジョルジュに見つ...
フィルムの音 (笑う学生の生活)
14日のことですが、映画「ヒューゴの不思議な発明」を鑑賞しました。 3Dにて見ました。 1930年代 パリ 駅の時計台の隠れて住んでいる孤児のヒューゴ 少女イザベルとの出会い、父の残した機械人形が絡み合って・・・ これがスコセッシ作品と思える感じで 万人に見やす....
『ヒューゴの不思議な発明』 映画愛ではない、とスコセッシは云った (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  本作はなぜ二つの異なる要素から構成されるのだろうか。  『ヒューゴの不思議な発明』の主人公ヒューゴは孤児である。駅の時計台に隠れ住んでおり、かっぱらいをして暮らしている。...
ヒューゴの不思議な発明(Hugo) (KATHURA WEST)
映像、音楽が美しい、とてもファンタスティック! 《映画への情熱》を感じさせてくれます。 今回のアカデミー賞5部門(撮影賞、美術賞、視覚効果賞、録音賞、音響編集賞、)に輝いた作品として納得。制作スタッフはいろいろご褒美をもらっていい、それに値する作品で...
「ヒューゴの不思議な発明」 HUGO (2011 パラマウント) (事務職員へのこの1冊)
この作品は絶対に3Dで観るぞ、と決めていた。現時点で最高の3D映像であるとみんな
ヒューゴの不思議な発明(3D) (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ヒューゴの不思議な発見 '11:米 ◆原題:HUGO ◆監督:マーティン・スコセッシ「ディパーテッド」「シャッターアイランド」 ◆出演:エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、サシャ・バロン・コーエン、ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、レイ・ウ...
ヒューゴの不思議な発明 (銀幕大帝α)
HUGO/11年/米/126分/アドベンチャー・ファンタジー/劇場公開(2012/03/01) -監督- マーティン・スコセッシ 『シャッター アイランド』 -製作- *マーティン・スコセッシ *ジョニー・デップ -原作- ブライアン・セルズニック『ユゴーの不思議な発明』 ...
ヒューゴの不思議な発明 (いやいやえん)
思ってたよりは平凡でしたが、映画ってやっぱりいいよなぁ、と思える作品でしたね。(私はもっぱらDVD鑑賞ですけども~^;) 少年と機械人形とか、お店の中の雑然とした感じとか、素敵と思える部分もたくさんあっ
【映画】ヒューゴの不思議な発明…ヤッツケ映画観賞記録(2) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日は早速、ヤッツケ映画観賞記録(2) ヤッツケとか書きながら、意外とやっつけて行かないかもしれないなぁという懸念はさておき… 「ヒューゴの不思議な発明」 (監督:マーティン・スコセッシ、出演:ベン・キングズレー、エイサ・バターフィールド、クロエ・グレ...