迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

スノーホワイト

2012年06月24日 | さ行 外国映画
最近のお子ちゃまたちが、童話に造詣が深いのかは不明。普通はしってるやろお~という話でも、さっぱり知らん!というのは多々ある。もっと読もうよ!本を。小さい時に絵本でオーソドックスな奴は一応読もうよ!!やけに教条じみた説教的な雰囲気の絵本をよく見かけるが、負の物語も必要ではないかと。

とは言っても、やっぱどっろどろで、おいおい、それ子供に読ませてOK?と思うのがグリム童話。そう言いながら、結構好きなんですけどね!

つうことで戦う白雪姫さんだそうです。平和な王国で、父王と王妃、そして可愛い上に性格までいいと言うお姫様が仲良く暮らしていましたと。好事魔多し!王妃は病気で亡くなり、王とお姫さまは悲嘆にくれる。そこを狙ったのが、綺麗で性格の悪い魔女でありんす。やっぱ美女は性格がきつくないとね。このシャーリズの綺麗なこと、綺麗なこと!「この世で一番美しいのは?」の問に対する鏡の答えの説得力がありんす。

ところがどっこい、王を殺して、姫を幽閉して、好き邦題やってた女王様に暗雲が!!!おとなになった姫の方が美しいと!まあ、融通のきかない鏡ですね。バカ正直にも程がある。ここは「あーーたです」って言っときゃ、安泰なのにねえ。

そうもいかず、女王は姫を殺すことに。その間隙をぬって逃げ出した姫は、『黒い森』に逃げ込むと。ここっすよ。グリムの真骨頂はおどろおどろしい森。まつろわぬ民が巣くう森なわけです。

ヨーロッパ、特にドイツ人の森に対する神聖というか、恐怖というか、畏敬とでも申しましょうか、権力の及ばぬ何がひそんでいると言うのがよーくあらわれてます。

それは異教徒だったり、異形の民だったり、罪人だったり。魔女軍団も本当はそっち方面の人たちのような気がしますが、権力を握ってしまったンで、こっち側に来ており、森は正義の味方になってます。

さあて、森に逃げ込んだお姫さまは、彼女を追うために雇われた男と、異形の民、正義のセブンを味方につけて、勢力挽回。さあて、女王様をやっつけよう!!!というお話でございました。

うーーーん、なんだかみたことあるもののつなぎ合わせみたいな感じで、既視感たっぷり。「もののけ姫」は絶対に見てますな。「LOTR」は言われてるようですが、まさにそれ。+「ジャンヌ・ダルク」に「エリザベス・ゴールデン・エイジ」に「ターミネーター」といろんなものの寄せ集め感がわんさか。いや、それはそれでいいのですが、ちいと欲張りすぎかなあ。

魔女も実は犠牲者だったのよ~という設定は要らなかったような気がします。もっと徹底的に悪に徹してもらった方が、すっきりすると思うんですが、温情?シャーリズ女王様を上回る美貌のクリスティン・・とは思えませんでしたが、ギャラは十分に上回ったようで!いまや、収入ではハリウッドで一二を争う女優さんだそうです。

なんだかそれ聞くと「トワイライト 最終章」見るのが悔しくなりますが、アタシ一人見なくても大勢に影響がないでしょうから、見ることにいたします、はい。

あたし的には、公爵の息子、サム・クラフリンがちょいと好み。唾付けとこ。

◎◎◎

「スノーホワイト」

監督 ルパート・サンダース
出演 クリステン・スチュワート クリス・ヘムズワース サム・クラフリン シャーリーズ・セロン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (26)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スーパー・チューズデー ~... | トップ | アメイジング・スパイダーマン »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (エクスカリバー)
2012-06-24 21:13:55
やっぱり「一番美しい」のは、お姫様じゃなく女王様ですよね。
このキャスティング、説得力ありすぎ。
競作になってるもう一本の方はジュリア・ロバーツが女王ですが、こちらはコメディ仕立てらしいので納得することにしておきます(苦笑)。

サラ・クラフリンは『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』で宣教師を演じてましたけど、ハンサムだけど影が薄い俳優さん、という認識しかありませんねえ。
クリム・ヘムズワースだってそんなにキャリアのある役者さんじゃないですが、やっぱ存在感ありますしね。
土曜日に映画館行って観ちゃいました(+_+) (ブラックゲルマニウム)
2012-06-25 07:16:22
予告編でジュリア・ロバーツの白雪姫の宣伝してたので、またするんかいって(笑) しかし、こちらは、ダークでシリアスな白雪姫ちゃんでしたね!(^^)! オープニングの少年少女の物語が観たいけどスグ大きくなられて… 白雪姫の名前がそのまま『スノー』だったのでギャグ?って想いましたが... 王子とは、最初からの知り合いでウィリアムですかぁ~ 確か王子って馬に乗って通り掛かっただけだったような… こちらでは幼馴染なんですね(゜-゜) ラヴェンナ女王が極悪人なんですけど悲しい過去の持ち主らしくて... そこをもっとピックアップしてくれた方がいいなぁ~ 涙を流す時にラヴェンナの顔にも傷が!! そういえば村の女達の顔にも傷が… なんか深い悲しい訳がありそうなので知りたかった(>_<) 白雪姫って長過ぎる程投獄されていたのに、その間王子が全く助けに来なかったんだから、ちょっと冷たい(笑) まさに今がその時って事でしょうか? 三部作の一話らしいけど、もう二話も三話もええですわ~ やっぱ知ってる童話なので… そして童話に忠実な印象がして、しんどいですね。7人の小人もいなかったりしてみるとか、オリジナルな白雪姫にしてもいいと想いますね。私は、白雪姫とシンデレラが同じ部分に存在するので、そちらかといえばシンデレラの方が好みですね。虐待ママの存在は、童話の中では、必須なのでございます(笑)
>エクスカリバーさま (sakurai)
2012-06-25 20:23:40
まじに綺麗過ぎました。
シャーリーズの綺麗さの説得力あること、あること。反則に近いっす。
ジュリア・ロバーツですよねえ・・・。まあ、どれくらい綺麗になれたか、楽しみにしたいと思います。

はい、今回も「おっ!いい男じゃん・・」と思ったのですが、影は薄いし、もう顔忘れてきた。。。
>ブラックゲルマニウムさま (sakurai)
2012-06-25 20:32:00
コメント、ありがとうございます。
オープニングのお姫さまは可愛い子でしたね。
あれがこうなるのか・・・の感じはちょっとありましたが、なかなか説得力のある子役さんでした。
英語だとそのまま「スノーホワイト」のはずです。ドイツ語は知らないけど。。。
私は、ああなってしまった魔女(?)も、悲しい過去があったのよ~は、要らなかったような気がします。根っからの悪でいいような。あたしの性格が悪いかな。

村の女たちの傷は、ラヴェンナ女王に綺麗だと目をつけられないように、わざと傷をつけて醜くしたのだと思いましたが。
Unknown (KLY)
2012-06-25 21:31:43
ラッセル・クロウの『ロビン・フッド』も入って増すな。城攻めのとこww
ツイッターで「別に白雪姫は戦わなくていい」っての読んだ時にはあまりの全否定に笑いましたが、実際戦いといっても大したことしてないですしねぇ。クリステンはまあ綺麗な女優さんですが、シャーリーズ相手に回したら勝てるのは若さのみでしょう。あ、この間のニュースによれば年間の収入も勝ってたか(苦笑)
鏡よ鏡 なんで白雪姫なの (風子)
2012-06-26 11:12:09
私が鏡だったら、一番美しいのは女王さまですと答えます。どう見てもシャーリーズの美しさの方が圧倒的でしょ。
若手女優で、シャーリーズと張り合える美貌の持ち主は誰かしら。
サム・フランクリンはイケメンだけど、インパクトにある役に恵まれませんねえ。
>KLYさま (sakurai)
2012-06-26 17:26:56
海岸沿いから攻めてくるとこは、そうですねえ。
いたるところに既視感たっぷりで、これは確信犯ですよね。
なんだろなあ~、現実の綺麗さじゃなくて、妖しげな綺麗さを醸しだせたらいいのですが、そこまでの若手は・・・・ちょっといませんもんね。
シャーリーズの凄さを再認識させられました。
>風子さま (sakurai)
2012-06-26 19:58:09
白雪姫側から、なんかもらってたのでしょうかねえ、鏡さん。
常軌を逸する美しさですよね。
その美しさを存分に生かした作品だったと思いますが、いかんせん・・・・。
サム君、これ以降に期待します。
Unknown (Quest)
2012-06-30 01:53:50
こんばんは。
この白雪姫の物語は、本当は熱せられた靴を女王が履かされて、あまりの苦痛に飛び跳ねながらゆっくり死んでいくとかいうお話ですよね。

グリム童話ってそんな話多いですよね。狼がおばあちゃん殺して皮を剥いでなりすますとか。

日本にもそういったエグイ民話はたくさんありますし、何か日本人とゲルマン民族は似ている気がしてしまうのですが(笑)
>Questさま (sakurai)
2012-07-01 22:11:48
「白雪姫」も、他のグリムと同じようにグロイですもんね。
「本当は怖いグリム童話」なんか読んだときは、マジに気持ち悪くなってました。
ギリシャ神話も結構グロイですし、昔話っては、なにかとこういうもんなのかもです。
この作品は、そんなグロさよりは、いろんな映画のパクリって感の方が大きかったです。

コメントを投稿

さ行 外国映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

16 トラックバック

スノー・ホワイト (風に吹かれて)
甲冑を着た白雪姫公式サイト http://snowwhite-movie.jp雪のように白い肌、血のように赤い唇、漆黒の髪を持つ王女、スノーホワイト(クリステン・スチュワート)。母の死後、ラヴェンナ(
スノーホワイト (だらだら無気力ブログ!)
まさかの「もののけ姫」。
『スノーホワイト』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
今年は「グリム童話誕生200周年」なんだそうですが、これまでのイメージとはかなり違った「白雪姫」物語となったのがこの作品です。王子様に助けられる受身のヒロインではなく、自らの運命を自ら切り開くという新しい「白雪姫」像を作り上げています。 ヒロインのス...
スノーホワイト/Snow White and the Huntsman (LOVE Cinemas 調布)
有名なグリム童話の「白雪姫」をアレンジし、白雪姫vs女王の戦いの物語として映画化。主人公スノーホワイトを『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワート、女王には『ヤング≒アダルト』のシャーリーズ・セロンが演じている。スノーホワイトを助けるエリック...
映画「スノーホワイト」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「スノーホワイト」観に行ってきました。グリム童話の名作「白雪姫」をベースにしつつ、中世騎士道物語的な冒険ファンタジーとアクション要素を取り入れ大幅にアレンジされたア...
スノーホワイト 自然に逆らうものと、自然と共生するものの闘い (労組書記長社労士のブログ)
【=27 -2-】 今年の父の日は何事もなく終わった・・・( ̄ω ̄;)エートォ... 白雪姫ってディズニーのアニメとその絵本でしか知らないが、もともとグリム童話なんだから、ディズニーでのお話しと違ってかなり残酷なお話しなんだろうとは思っていた、だからこの映画は、そ...
「スノーホワイト」 スノーホワイトが象徴するもの (はらやんの映画徒然草)
みなさんご存知グリム童話の「白雪姫」、こちらを新解釈で映画化したのが本作品です。
美しさは権力なのか 『スノーホワイト』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:ルパート・サンダーズ出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロンアメリカ映画 2012年 ・・・・・・5点
スノー・ホワイト  監督/ルパート・サンダース (西京極 紫の館)
【出演】  クリステン・スチュワート  シャーリーズ・セロン  クリス・ヘムズワース 【ストーリー】 念願の女王の座に就いたものの、彼女にとって継娘スノーホワイトは己の支配と永遠の美しさを脅かす存在であった。この若き娘を抹殺するため、邪悪な女王は刺客として...
お姫さまは強かった「スノーホワイト」 (茅kaya日記)
&nbsp; 目当てはただ、マイティソーのクリスくんのみ。彼が出てるって、まあ、それだけの不純な動機で鑑賞。 が、これが、おもしろい。童話って、こんな、アクション大作になるんだと、映画を見ながら、感心してしまった。
スノーホワイト (心のままに映画の風景)
幼い頃に母を亡くしたプリンセスのスノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、継母となったラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)王妃に実父マグナス王を殺され、城の塔で幽閉生活を強いられる。 それ...
スノーホワイト (銀幕大帝α)
SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN/12年/米/127分/ファンタジー・アクション・アドベンチャー/劇場公開(2012/06/15) -監督- ルパート・サンダーズ -出演- *クリステン・スチュワート『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1』・・・スノーホワ...
スノーホワイト (いやいやえん)
いや、どう考えたって鏡さん、シャーリーズ・セロン女王のほうが美しいに決まってるでしょう。 戦うプリンセスという超大胆な構成のもとに作られた本作ですが、まずもともとのそこから絶対的な揺ぎ無い美の力ってものがあるでしょうよ。そんでもってシャーリーズの存...
映画『スノーホワイト』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-49.スノーホワイト■原題:Snow White And The Huntsman■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:127分■字幕:古田由紀子■観賞日:6月20日、TOHOシネマズ渋谷 □監督:ルパート・サンダース◆シャーリーズ・セロン(ラヴェンナ)◆クリステン・スチ...
スノーホワイト (Snow White and the Huntsman) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルパート・サンダーズ 主演 クリステン・スチュワート 2012年 アメリカ映画 132分 アドベンチャー 採点★★ 知り合いに、私が他の女性と楽しげに会話していたり他の女性の話題を話したりすると、途端に不機嫌になる女性が。「あらヤダ!惚れられてんじゃない...
『スノーホワイト』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2012年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:127分  原題:SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN  配給:ジェネオン・エンターテイメント  監督:ルパート・サンダーズ  主演:クリステン・スチュワート  ...