迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

紙の月

2014年12月02日 | か行 日本映画
こんなことがしょっちゅうあっては困るのですが、たまに聞きます。銀行に勤めていた女性が横領。。。お金いっぱい扱うような所に勤めたことがないもんで、こんなことができるっての!ってのが驚き。額が大きくなり過ぎて、現ナマじゃなく、数字だけが動く世の中では、ありなんでしょう。でも、余りにずさん。良心だけが頼りみたいなって、どうなんでしょう。

いや、人を見たら・・・・では、悲し過ぎる。まず人を信用すべき。そんなことを考えてしまいました。

きっかけは本当に些細なこと。足りなかったお金をちょっとだけ借りる。すぐに返せば大丈夫。私は悪いことなどしていない。でも、ほんのちょっとジャンプすればそんな境界はのりこえちゃう。そこをのりこえないか、越えちゃうかは、その人の良心にかかってるわけで、ほとんど人は踏みとどまる。でも、それを後押しするのが、恋心ってやつ。

若いイケメンの男の子から、すがられちゃ、そりゃ簡単に越えちゃいますよ。ちょうどいい塩梅にお金持ってて、いい塩梅に心の隙間があって、いい塩梅に出会っちゃう。なんつか、犯罪とか、不倫とか、やっちゃいけないことをやっちゃうのは、偶然の産物がもたらすもんなのかもしんないです。

で、見てる方は「そうよねえ。あんなかわいい子に迫られちゃ、そりゃなびくわ。でも、あたしたちにはないから、安心よね~。絶対にあたしたちはそんなことないから・・・」という妙な優越感に浸れる。何の根拠もないけど、美人のりえちゃんに、優越感を感じれる至福の時。

で、スクリーンの中のりえちゃんは、どんどんと落ちていくのであります。それを見ながら、ますます優越感を感じる。半分ひがみながら。んな、若い子が本気なわけないじゃん、わかんないの、りえちゃん!いや、わかってるけど今更引き返せないもどかしさ。

見てる方は、ほとんどワイドショーを覗いてる感覚で、ことの顛末を見ているのではと感じました。観客であり、野次馬であり、ちょっと高みいるような優越感の気分。でも、一筋縄ではいかないのであります。納まり方は、なんとなくしゃっきりしませんが、わたしたち凡人は、眺めてなさい・・・と言うことでしょうか。

りえちゃん、こんなにうまかったっけ?と思えるほどの熱演ぶり。さすが、舞台で経験を積んだだけあるように思えます、、って舞台見たことないけど。大島さんは、女優の素質ありますなあ。

◎◎◎○

「紙の月」

監督 吉田大八
出演 宮沢りえ 池松壮亮 大島優子 田辺誠一 近藤芳正

コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« サスペクト 哀しき容疑者 | トップ | 神さまの言うとおり »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (maki)
2015-06-25 09:29:18
私が臨職で一時期お世話になった郵便局で、
ATMにお金いれにいくとき鞄の中に二千万入ってるのを持たされた(緊張!)とか、
私が期限きれたあと、直属上司のシングルマザーさんが、横領してたのを1年後に(地方紙にのりました)知ったのとか、
そういうのもあるんで、銀行ってもっとお金が集まる所ですから、悪意はなくてもクラクラときちゃう人はいるかもしれないですね
しかも90年代が舞台ですから、この頃は銀行員の生真面目さを信じ込んでる風潮がありますから…
>makiさま (sakurai)
2015-07-15 14:16:03
なんでしょね~、一旦ハードル越えちゃうと、どんどんと高みに登って行ってしまうのでしょうか。
最初の一歩が肝心だなあ~と思いました。
お金は欲しいけど、そんだけあってもね・・・。
最後がどうにも釈然としなくてもやもやが残ってますが、それが現実ということでしょうか。

コメントを投稿

か行 日本映画」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

紙の月/納得のTIFF観客賞・主演女優賞 (MOVIE BOYS)
2014年の東京国際映画祭で観客賞と最優秀女優賞の二冠を獲得した作品。原作は『八日目の蝉』の角田光代の長編小説。銀行勤めの平凡な主婦がとあるきっかけから起こした横領事件を描いている。主演は宮沢りえ。共演に『海を感じる時』の池松壮亮、『マザーウォーター』の小...
「紙の月」 自分を解放する快楽 (はらやんの映画徒然草)
主人公梨花は、優しく人のことを想う心をもち、またおとなしく従順な側面と、いざとな
紙の月 ★★★ (パピとママ映画のblog)
銀行勤めの平凡な主婦が引き起こした大金横領事件のてん末を描いた、『八日目の蝉』の原作などで知られる直木賞作家・角田光代の長編小説を映画化。まっとうな人生を歩んでいた主婦が若い男性との出会いをきっかけに運命を狂わせ、矛盾と葛藤を抱えながら犯罪に手を染めて...
紙の月 (Some Like It Hot)
■「紙の月」(2014年・日本) ●2014年東京国際映画祭 最優秀女優賞・観客賞 監督=吉田大八 主演=宮沢りえ 池松壮亮 小林聡美 大島優子  角田光代の原作小説はこの映画よりも先に原田知世主演でドラマ化されていた。だが、僕はそれをほぼ見ていない。...
紙の月 (銀幕大帝α)
2014年 日本 126分 ドラマ/犯罪/ミステリー PG12 劇場公開(2014/11/15) 監督: 吉田大八 『桐島、部活やめるってよ』 原作: 角田光代『紙の月』 出演: 宮沢りえ:梅澤梨花 池松壮亮:平林光太 大島優子:相川恵子 小林聡美:隅より子 田辺誠一:梅澤正文 ...
紙の月 (いやいやえん)
【概略】 銀行で契約社員として働く主婦・梅澤梨花と夫との間には空虚感が漂っていた。ある日、大学生・光太と逢瀬を重ねるようになった彼女は、彼のために顧客の預金に手を付けてしまう。 サスペンス 田辺誠一さんが夫で何の不満があるの。チッ とはパートナー...