迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

2012

2009年11月27日 | な行 外国映画
人間なんてのは、宇宙の中では微々たる存在で、小さな存在に過ぎないのだが、それも数にして、70億近くになると、いろいろと邪魔になる。さまざまな影響を及ぼすようになる。

「ちりもつもれば山となる」で、人間の悪さが地球存亡までかかわり、なんとかならなかったのか!!というのも腐るほど見てきた。
いや、たかが人間、どうあがいても大自然、大宇宙の一吼えで、すべてひっくり返る・・・・というのも飽きるほど見てきた。

この監督は、昔から後者の方の、人間の力ではいかんともしがたい中で、なんとかあがく小さな生き物を撮ってきた。今までもいろんなものをぶっ壊してきたが、今回は、究極とも言うべき、地球全体をこねくり回した。

描かれるのは、壊れていく地球の絶望的な予測の中で、なんとかして未来を見出そうとする人々のあがきだが、そこの境界にあるのは、ただの運なのか、それとも努力か、金か・・・。

主人公をそうそう死なせては映画にならないので、超人的にクリアしていくのだが、出来すぎの感、ありあり。なもんで、はなっから物語に言及する気はさらさらなく、そこに突っ込む気もない。

見るべき点は、映画監督というのはもしかしたら、神になりうるのかも知れない・・・とも思わせる脅威の映像だ。あとは・・・・。

時折皮肉めいた台詞を落ち込んで、「老いた政治家20人より、若い優れた科学者一人の方が価値がある・・・」なんてわかりきったことを言わせてるが、あの連中を見る限りでは、この後の未来もたいした事ないなあ・・・・というのは、いかがなものか、と。そこは、実は監督の描きたかった皮肉なのかな~。

ウッディ・ハレルソンのキレキレの演技はよかった。

◎◎◎

「2012」

監督 ローランド・エメリッヒ
出演 ジョン・キューザック キウェテル・イジョフォー アマンダ・ピート オリヴァー・プラット タンディ・ニュートン ダニー・グローヴァー ウディ・ハレルソン モーガン・リリー ジョン・ビリングスレイ

コメント (20)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« イングロリアス・バスターズ | トップ | 笑う警官 »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うーむ (KLY)
2009-11-30 22:21:06
私は残念ながら皆さんの言われるほどこの映像を良いと思わず…。CG技術の素晴らしさは認めますけど、観たいのは技術じゃなくて想定の範囲を超える映像だったんで、その意味ではなーんかどっかで観たり聞いたり読んだりしたなぁとしか感じませんでした。ストーリーは仰るとおり言及するのもバカバカしい程度ですので、そうなると見るところがないと。(苦笑)
>KLYさま (sakurai)
2009-12-01 08:48:44
他に書くことあんまりなかったので、映像をほめるしかなかったのですが、あたし何気に昔からエメリッヒ・・目が離せないんですよ。
つぎにどんなことしてくれるんだろう・・・って、妙な期待感を持たせる。
こうやって、どっかで見たことあるのの寄せ集めで、こんなん作ってしまう確信犯的な生き方とか。
「スターゲイト」以来、裏好きな監督なんす。
あまりおおきな声では言えませんが。
こちらにも・・・ (由香)
2009-12-01 23:13:57
お邪魔します♪

大地震の映像などには恐ろしくて涙が出ましたが(汗)、ストーリーはイマイチだったかなぁ~と思いました。

まぁ~最初っから映像重視で観ていたので、結構目の玉ひんむいて観ましたが(笑)
>由香さま (sakurai)
2009-12-02 09:54:29
はなっからストーリーには、露ほどの期待も持ってなかったのですが、地震は結構びびりました。
あんだけの中を助かるのも、ちょっとなあ・・と思いましたがね。
ツッコンでこその…。 (mori2)
2009-12-02 23:30:08
はいはい、たっぷりツッこませてもらいましたよ(^^;。
映像は、毎度おなじみでスッごいですけど、
ストーリーはねえ…。
まあ、それでこそエメリッヒの映画なんですけどね。
>mori2さま (sakurai)
2009-12-03 19:05:44
突っ込まれることも全部おりこみ済みの、監督の純朴(?)な気もちが結構好きだったりします。
あまり大きな声では言えませんが・・。
不思議なことに・・・・ (mezzotint)
2009-12-04 20:45:47
ローランド・エメリッヒ監督作品お初
なんですよ!皆さん驚かれますが・・・。
重厚な映像な割には中身が薄ぺらい。
それはエメリッヒファンがおっしゃって
いますね。そういう方にはたまらないのかも
しれませんね。でもその気持ちが
理解できないよ!!sakuraiさ~ん。
>mezzotintさま (sakurai)
2009-12-05 17:29:25
いや、お間違えにならないよう・・・。
間違ってもファンじゃないです。
ただ作った映画には、これだけの確信犯的薄っぺら映画を作れる潔さというか、なんというか・・・。
それに敬意を表しているわけで。
たまらなくもないですよ。
またあほやってるじゃん・・・と、温かく見れる。
阪神ファンだと、なんか気持ちが大きくなれるような気もしますわ。えへ。
あ、でも角○○樹なんてのは、許せないなあ。

考えてみると、役者さんたちも、演技はブルーシートの前あたりで、熱演しているのも多いんでしょうね。
いや、役者はすごいっす。
うははは (なな)
2009-12-15 20:52:59
エメリッヒの映像は好きですよ。
それは手放しでほめてもいいくらい。
だから彼には,下手に苦手分野の人間ドラマなんかに
あまり力を入れずにひたすら映像に集中してほしかったかな~

>あの連中を見る限りでは、この後の未来もたいした事ないなあ・・・・というのは、いかがなものか、と。
うふふ,同感ですね。
あの連中の作る新天地はあまり期待できませんね。

Unknown (じゃじゃまま)
2009-12-16 15:00:28
別れた妻の恋人が、なんだかお気の毒でしたね。
彼がいたから飛行機も飛んだし、あそこまで行けたのに、踏んだり蹴ったり?
ジャクソンたちはほんの一握りの幸運な人たちで、その他大勢もお気の毒。明らかに自分はお気の毒側で、そんなしょうもない想像する自分って今不幸なのかしらと。

コメントを投稿

な行 外国映画」カテゴリの最新記事

20 トラックバック

2012 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『2012年12月21日 マヤの予言通り、世界は終わる─。』  コチラの「2012」は、「パトリオット」、「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が、ジョン・キューザックを主演に迎え、エメリッヒ監督の本領発揮とも言える11/21公開のディザスター・ムービーなので...
2012 (LOVE Cinemas 調布)
『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』などディザスタームービーといえばこの人、ローランド・エメリッヒ監督の最新作。主演は『1408号室』のジョン・キューザック。共演に『アメリカン・ギャングスター』のキウェテル・イジョフォーらが出演...
2012 (試写会) (風に吹かれて)
映像だけは とにかくすごい公式サイト http://www.sonypictures.jp/movi
『2012』・・・襲い掛かる国威の象徴 (SOARのパストラーレ♪)
地球滅亡を描く作品のアイデアの限界を感じた。ディザスターの名手エメリッヒ監督といえど、さすがにもうネタ切れなのかもしれない。中味は薄っぺらで延々ひたすら映像勝負の2時間38分。後半は正直キツかった(汗)
[映画『2012』を観た(幼女万歳!)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった^^  これは、「いいエメリッヒ」監督作品ですね。  「いいエメリッヒ」を、私は今まで『ID4』でしか知らなかった^^  『デイ・アフター・トゥモロー』や『GODZILLA』は、「ちょい、いいエメリッヒ」であったね。  『紀元前1万年』は、...
「2012」『にせんじゅうに』と読みます(^^;。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[2012] ブログ村キーワード  “世紀末バカ映画監督”(←最大限の褒め言葉(^^;)ローランド・エメリッヒ最新作「2012」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。古代マヤ文明の予言~“2012年世界終末説”~を題材に、お約束の“超トンでも映像”が、スクリー...
2012 (2009) (銅版画制作の日々)
2012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。 パニックサスペンス?う~ん確かに大スケール映像。。。。バリバリと大きな亀裂が入りあちらこちらでとてつもない大地震!地面が盛り上がる!!建物はなぎ倒され、人々は下敷きとなり・・・・・。わわわわ~~~~!...
2012 (Akira's VOICE)
みごとな超B級大作。  
2012 地球ボコボコ (労組書記長社労士のブログ)
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 火曜日の昼ご飯は、三宮の参議院議員の事務所に寄った帰りにプラプラ歩いていて店構えが何気に気になったので入ってみたラーメン屋さん「ホープ軒」にて。 細めながら腰は強く味はしっかりめな麺、薄くスライスしたあっさり味コ...
「2012」 良くも悪くもエメリッヒ (はらやんの映画徒然草)
宇宙人に襲わせたり、氷河期を起こしたり、怪獣を呼び込んだりして、何度も都市と地球
「2012」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「2012」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・ローランド・エメリッヒ はっきり言って、面白い(笑)!! こんなにVFXがしっかりしているとは思わなかった! いつもながら、期待してなかった(...
映画 2012 (フクロウと大理石)
 この映画を二言でいうと、豪華絢爛、一大スペクタクル。  2012年に地球が滅亡するというマヤの伝説。その兆候を数年前に捕らえた各国政府は秘密裏に対策を講じはじめる。そして伝説が現実になり、という映画。  やはり大災害を描いたデイ・アフター・トゥモロー...
2012 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
パブリック・エネミーズ目当てに劇場へ行き,空いた時間にもう一本観たのがこれ。時間の関係で吹き替え版を。エメリッヒ監督のディザスター・ムービー集大成なら,できれば劇場の大スクリーンで観るに限るから。まあ,いつものことでこの監督には映像以外はそんなに求めて...
【2012】 (じゃじゃまま映画館)
≪★★★☆≫ 2012年12月21日。地球に天変地異が起こる。その被害は甚大であり、地球滅亡か?そう予測した政府は各国首脳と秘密裏にある計画を実行する。 巨大船を製造し、選ばれた人間だけを乗せて脱出しようというものだ。 秘密を漏らそうとした者は事故死する...
2012 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
2012’09:米 ◆原題:2012◆監督・脚 本: ローランド・エメリッヒ「紀元前1万年」「デイ・アフター・トゥモロー」◆出演: ジョン・キューザック 、 アマンダ・ピート 、 タンディ・ニュートン 、 ダニー・グローヴァー 、 ウディ・ハレルソン ◆STORY◆200...
『2012』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
公開直後にずっと観たいと思っていたんだけれど、一緒に観ようと思っていた友達との都合が全然つかなくて観ないままに年越し。 さすがに上映終わっちゃうだろうってことで、やっとのことで観てきましたー。 新宿ミラノ2での観賞~。 ******************** 『デイ...
「2012」神も仏もない (ノルウェー暮らし・イン・London)
2012年は、未来のことではあるのだけど、もう随分昔に観たような気分で・・・・ 「デイ・アフター・トゥモロー」も「インディペンデンスディ」も実はあまり好きじゃない私、この映画も低めの評価を聞いていたので、あまり期待しないで観に行ったのが・・・・・・案外...
mini review 10451「2012」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。偶然にも地球の危機を知ってしまうリ...
【映画】2012…正直ショボイストーリーとナイスな大迫力映像 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
三連休も最後の日になっちゃいました… あ、三連休って書きましたけど、私は昨日お仕事でしたけど まずは、そんな仕事も含めた三連休中の近況報告から 2010年9月18日(土曜日)…この日は朝から嫁さんと特に目的は無く(強いて言えば郵便局に振り込みに行く用事があった...
2012 (mama)
2012 2009年:アメリカ 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、タンディ・ニュートン、アマンダ・ピート、ジョージ・シーガル、ダニー・グローバー、ウディ・ ...