迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

オーストラリア

2009年03月02日 | あ行 外国映画
第二次世界大戦前夜、オーストラリアのダーウィンに降り立った女性がいた。
山のような荷物と、ハイヒールと、あでやかな帽子。見るからにいいとこの奥様だとわかるが、当地にきたまんま、さっぱり帰ってこない夫君のところにやってきた。

夫がいるのは奥地の農場。そこで牛の飼育をしているというが、到底女の一人旅では無理。案内人になったが、牛追い・ドローヴァーと呼ばれた、文字通りのカウボーイだった。

片や貴族のご婦人、片や荒地のカウボーイ。まったくの水と油の二人だったが、なんとか珍道中を続けて、夫のいる農場にやってきた。しかし、夫は何者かに殺されており、農場は荒れ果て、人手にわたる寸前。

この農場で働いていたと言うフレッチャーは、信用ならない。彼を追い出し、自らの足で立とうと決意したサラは、ドローヴァーと一緒に、なんとか1500頭の牛を、ダーウィンの港まで移動させて、再建を図ろうとする。

と言うことで、物語は複雑ではないのだが、いつものバズ・ラーマンの癖と言うか、彼の語り口と言うか、少々遠まわしにしてしまうのが、特徴。ちょっととっつきにくい始まりを乗り越えればあとは、怒涛ののりで進んでいく。

とにかく圧倒的なのが牛の大群!!フレッチャーの卑劣な行為で、牛が暴走するのだが、スクリーン全体からものすごい迫力の走りと、イスにまで伝わってくる振動この迫力のシーンは、凄い!!このシーンを体験するだけでも、十分の価値はある。

そしてなんと言ってもヒュー様のワイルドな魅力と、端正なタキシード姿と、お見事なむちさばき。なんと、ヒュー様、乗馬はあんまり経験がなく、1年間の猛特訓でこの手綱さばきができるようになったとか!そんなことは微塵も思わせないくらいの見事さ。

とにかく監督の思い入れがありすぎて、いろんな要素を詰め込み、自分のよりどころであるオーストラリアの姿をこれでもかと描きたかった・・・と言うのが伝わる映画だった。その描き方は、いつもの彼流の大写し、ドアップ、大仰な表現で、あたしはそれが好きなのだが、それが苦手な人は少々重たいと思うかもしれない。

今は、マルチカルチュアリズムの大推進国として、さまざまな文化を、何の垣根もなく取り入れる国として評価されてる国だが、私が中学校のころには、オーストラリアといえば、白豪主義を実施している国・・・として勉強した。たかだた30数年前のことである。

彼らの根底には何らかのコンプレックスを感じる。そして、それを乗り越えた今の姿。かの国の歩んできた姿を見ると、イギリスの世界戦略が、いかに大きな負の遺産を生み出したのか・・と言うことも見えてくる。

大戦中、日本軍がオーストラリアまで攻め込んで、爆撃したのも事実だ。あまねく描いて、散漫になったきらいもあるが、とにかく圧倒的な牛の群れと、馬の疾走は一見の価値あり。ヒュー様の見逃せないシーンも盛りだくさん。ぜひ、大スクリーンで見てほしい。

デビッド・ウェンハムが一番年長で、次がニコール、ヒュー様が一番若いんだって。ってちょっと意外。

◎◎◎○●

『オーストラリア』

監督 バズ・ラーマン
出演 ニコール・キッドマン ヒュー・ジャックマン ブライアン・ブラウン デヴィッド・ウェンハム ジャック・トンプソン デヴィッド・ガルピリル ブランドン・ウォルターズ

コメント (14)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« クロイツェル・ソナタ | トップ | 二月のまとめ »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あたしは (miyu)
2009-03-02 15:57:39
ヒュー様のこの映画のために鍛え上げた肉体美&
軽やかな乗馬シーンだけでも充分満足致しました。
それに加え、あのナラ君の瞳の美しさ、
ニコールの青白さwww
「マンゴー」と「オーバー・ザ・レインボウ」と
鼻歌交じりで帰りました♪
>miyuさま (sakurai)
2009-03-02 20:10:29
ナラ君は、よかったですねぇ。
まっすぐな瞳にぐぐっとキマした。
二コールのコメディエンヌぶりにも楽しませてもらいましたが、映画の表わす歴史の重さも感じつつ、じっくり見ました。
やっぱ、下っぱらに響いた牛の怒涛の疾走が凄かった!!
Unknown (ume)
2009-03-02 21:15:07
いいともに出たヒュー・ジャックマンをみて
お!sakurai姐さんのヒュー様だわ。と(笑)
いやぁ~凄いっ!!タダモンじゃないわっ!!
と、思った次第です。見てました?
ニコール・キッドマンも出てることだし
がんばって映画館行って観たいと思います。
>umeちゃん (sakurai)
2009-03-03 08:17:06
あはは。
カッコ良かったでしょ。
素敵なんですよ。一度、ブロードウェイに行って、舞台を見てみたいんですがねぇ。
ちょっと長いんで、時間の余裕のあるときに、どうぞ!
大スクリーンで見るべき映画です。
大味でも大満足 (ひらりん)
2009-03-04 01:29:29
あんな大自然を、ちまちま撮ってたらキリがないし、
きっと監督、自然や物語より、ニコちゃんを撮りたかったんじゃないかと思います・・・なーーんて。
それくらい、彼女の喜怒哀楽な演技を盛り込んでたんじゃないかなーーー・・・
と、自己満足してるひらりんです。
>ひらりんさま (sakurai)
2009-03-04 08:56:16
そそそ、大味のよさ。
大味でその魅力が十分伝わる映画でした。
ニコールもはじけてましたね。彼女のいい部分が、たっぷり出てました。
ちょっとしんどかったです…。 (mori2)
2009-03-06 15:50:09
TBいただきました。
吾輩は、ちょっとしんどかったです(>_<)。
牛の群れなど、前半は確かに面白かったのですが…。
あとはただひたすら、長~い!と感じました。
好き嫌いがハッキリしちゃうようですね。
>mori2さま (sakurai)
2009-03-07 10:49:40
それはお疲れ様でした。
あたしは、十分楽しめました。
バズ・ラーマンの思い入れみたいなもんが伝わりました。
こんにちは~♪ (由香)
2009-03-11 08:24:14
お邪魔します♪
色々詰め込み過ぎて、ちょっと散漫な印象はありましたが、ヒューと二コールの組み合わせの美しさは十分堪能させて頂きました(笑)

デヴィッド・ウェンハムは、モロ悪役でしたね~(笑)
彼って結構好きなんです♪作品ごとに顔が違って見えるし、上手いなぁ~って思います。
こんばんは (はらやん)
2009-03-11 21:41:55
sakuraiさん、こんばんは!

少々詰め込みすぎの感はありましたけれど、その分監督の思い入れを感じました。
あの牛の暴走は見応えありましたよね。
リアリズムとも違う迫力がありました。
なんというかドラマティックなんですよね。

コメントを投稿

あ行 外国映画」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

オーストラリア (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『前に進むための涙もある』  コチラの「オーストラリア」は、あたしの大好きな「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督と二コール・キッドマンが再びコンビを組み、2人の祖国である「オーストラリア」を舞台に繰り広げられる2/28公開のエピック・アドベンチャ...
☆「オーストラリア」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは今年初の試写会に行ってまいりました。 最近とんと試写会に当たってなかったので、 いろんなところに送りまくったら、二枚も当たっちゃって、姉貴夫婦に一枚進呈。 やっぱり、ニコール・キッドマン主演作は気合が入るのね、ひらりんは。
「オーストラリア」美男美女共演!でも…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[オーストラリア] ブログ村キーワード  ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン共演。バズ・ラーマン監督作品。『オーストラリア人のオーストラリア人によるオーストラリア人のための映画??』「オーストラリア」(20世紀FOX)。美男美女の共演、そして名監督の演出...
オーストラリア (Addict allcinema 映画レビュー)
遥かなる異国の地オーストラリアが、一人のイギリス貴族の女性の運命を変える  
オーストラリア (★YUKAの気ままな有閑日記★)
アカデミー賞で司会をしたヒューを見て密かに萌えた私としては、何が何でも鑑賞しなければならないではないか―【story】第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは殺された夫が残した広大な...
「オーストラリア」 物語る本能 (はらやんの映画徒然草)
「物語は人と人を繋ぐもの」 作品中でアボリジニの少年ナニが独白で語る言葉です。
オーストラリア (Yuhiの読書日記+α)
第二次世界大戦前夜のオーストラリアを舞台にした愛のドラマ。監督はバズ・ラーマン、キャストは ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン他。 <あらすじ> 第二次世界大戦前夜のオーストラリ...
オーストラリア◇AUSTRALIA (銅版画制作の日々)
オーストラリア♪ついに観た!  ニコール・キッドマンの美しさとヒュー・ジャックマンの野生的な男の魅力がなんともいえませんね。そしてローケションも素晴らしいです!豊かで広大な自然のオーストラリアを舞台に、繰り広げられる二人のラブロマンス。何でもオースト...
mini review 09409「オーストラリア」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
映画『ロミオ&ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、壮大なオーストラリアの自然を舞台に描く運命的な愛の物語。主演は『ムーラン・ルージュ』に引き続きバズ監督作品参加となるニコール・キッドマンと映画『X-MEN:ファイナル ディシジョン』の...