迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

サブウェイ123

2009年09月08日 | さ行 外国映画
兄貴(リドリー)の秘蔵っ子がラッセルなら、弟(トニー)はデンゼルということで、この兄弟はつくづく似てるなあ、と。

もっと別の役者を使ったら・・と思うのですが、なんかこだわりというか、契約でもあるんでしょうかね。

つうことで、今回は、いつものようにスタイリッシュな撮り方のトニーさん。ちょっとフィルターが掛かったような映像もいつものよう。出てるのもおんなじデンゼルさんなもんで、いろいろとデ・ジャブ状態ですわ。

つうことで、映画。なんかのリメイクらしいのですが、オリジナルは知りません。地下鉄の線路の位置やら、車両やらをうまく利用して、地下鉄ジャックをするのですが、いまどきそういう犯罪は割に合わないなあという感は否めません。

うまく地下鉄ジャックをした犯人グループ。要求を突き付けるが、その時に司令室にいて、犯人とやりとりをしてしまったのが、最近降格人事でそこに座っていたバーガー。

なせか主犯の男に気に入られ、交渉係になる。要求先はN.Y.市長で1千万$。その額にも意味がある。でも、それだけじゃなさそう・・・というのがありありとわかるのだが、案の定、犯人の狙いは、別にあった。

とまあ、とってもわかりやすい展開と、いかにもぴったりの配役で、よくいえばそつがないというか、面白味に欠けるというか・・・。

デンゼルは外せないとしても、トラちゃんなんか出た瞬間、露骨の犯人グループの頭目ですからね。でもって、融通利かなそうな、お役人にタトゥーロ。ラテン系代表のガスマンに、いかにも適当そうな市長と。

意外性のかけらも見えない。いや、脚本はなかなか面白かったですよ。時間の使い方に、台詞のやり取りなんぞ、ぞくぞくしてきます。「私は大統領にはならない!」なんて、さらと言わせるあたりはうまいです。さすがヘルゲランドの脚本だな・・・・と思ったのですが、決定的に普通の映画にしちゃったのは、この配役ですな。

犯人にタトゥーロでも持ってきて、刑事にトラちゃんにしちゃうくらいの無謀さがあると、もうちっとビターな味わいになったような気がするが、あまりに普通だったのです。

いや、普通でいいですよ。安心して観てられるクライム・サスペンスもいいもんです。

◎◎○●

『サブウェイ123』

監督 トニー・スコット
出演 ジョン・トラヴォルタ デンゼル・ワシントン ジョン・タートゥーロ ルイス・ガスマン マイケル・リスポリ ジェームズ・ガンドルフィーニ ベンガ・アキナベ

コメント (22)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« ブッシュ | トップ | ガマの油 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いかにもですね (miyu)
2009-09-09 00:02:36
いかにもな感じがぷんぷんとはしてましたけど、
それでもきっと今さら置きには来ないだろうみたいな
希望があったんでしょうね~。
ちょっと残念でした(;・∀・)
ふむふむ (KLY)
2009-09-09 00:24:31
>兄貴(リドリー)の秘蔵っ子がラッセルなら、弟(トニー)はデンゼルということで

そしてその2人が共演したのが『アメリカン・ギャングスター』で、今は2人ともそろってメタボと。(笑)

しかしこの作品結構評判が悪いですねぇ。私はかなり好きなんですが。
確かにラストはどうかと思うし、古くさいストーリーを現代風のアイテムで塗り替えてるけど滑ってる、というかいま一つ効果的に使われてないってとこはあるんですよね。何か無意味にパトカーがひっくり返ったりね。
でも、時間制限の中少なくとも列車を降りるまではずーっと「次はどうなるんだ?」って常に緊迫感に煽られて観てられたし、ガーバーとライダーの会話のやり取りも緊張感溢れてたんで、その点だけで十分満足できる作りでした。
>miyuさま (sakurai)
2009-09-09 13:45:11
どなたもぴったりはまってるのですが、あまりにらしすぎて・・・。
もうちょっと配役の妙があっても面白かったような。
>KLYさま (sakurai)
2009-09-09 13:49:15
どちらもいい役者ですから、お使いになるのはいいのですが、どれもこれも二人が出てると、映画の個性がなくなるような気がします。
なんか裏で取引でもあるのかなと、深読みしちゃいます。
決して、悪くはないです。きちんとしたカメラに、なかなかの脚本に、重厚な役者さんたち。
狭いシチュエーションの中で、緊迫したやり取りは、「クリムゾン・タイド」を思い出しましたが、あれもデンゼルさんだった。
やっぱこういう役柄には似合いすぎるんですよ。たまたま座った配車係には見えませんでした。
デンゼル・ワシントン (iina)
2009-09-10 09:32:08
太っちょデンゼルは、仕事中にツマミ食いしたり飲んだりと普通のおじさんで、
いままでの映画のように精悍でなく、こんなデンゼル・ワシントンを好きに
なってしまいました。
オリジナル版 (mezzotint)
2009-09-13 09:45:11
を観ると、本作の出来上がりを余計に
半減するような・・・・?
感じのようですね。それなりに楽しめました
が。う~ん微妙だわ??
>iinaさま (sakurai)
2009-09-14 13:37:40
太ったり、やせたりってことはよくありますが、全体的にらしすぎたなあ~という感じが否めませんでした。
デンゼルさんは「グローリー」のときが一番でしたわ、やっぱ。
>mezzotintさま (sakurai)
2009-09-14 14:06:21
オリジナルは見てないですが、時代も大きく関係しますよね。
ちょっと設定に古臭さを感じました。
ネットはないにせよ。
確かに…。 (mori2)
2009-09-14 20:36:23
安心して観られる(?)クライムサスペンスでした。
“トニー・スコット節”は、良くも悪くも全開でしたね。
こんにちは~♪ (由香)
2009-09-16 08:20:09
お邪魔します♪
>地下鉄ジャックをするのですが、いまどきそういう犯罪は割に合わないなあという感は否めません
予告を観た時にそう思っていたので、きっとスゴイ裏でもあるに違いないと思ったのですが、、、特に何もなくって、、、肩透かしでした~
前半は結構ハラハラしたのですが、う~~~ん、、、終わってみれば物足りなさだけ残っちゃったなぁ~

コメントを投稿

さ行 外国映画」カテゴリの最新記事

17 トラックバック

サブウェイ123 激突 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『123号車、応答せよ─ 要求は何だ? この車両ひとつで、 NYはハイジャックできる。』  コチラの「サブウェイ123 激突」は、1974年にも「サブウェイ・パニック」として映画化されているジョン・ゴーディのベストセラー小説「サブウェイ123」を再映画化した9/4公...
サブウェイ123 激突 (LOVE Cinemas 調布)
『アメリカン・ギャングスター』のデンゼル・ワシントンと『ヘアスプレー』のジョン・トラボルタという豪華2大スターが共演!1974年の『サブウェイ・パニック』を監督は『トップ・ガン』のトニー・スコット、脚本を『ボーン・スプレマシー』、『ミスティック・リバ...
サブウェイ123 (もののはじめblog)
1974年の『サブウェイ・パニック』を観ているが、ウォルター・マッソー(ニューヨーク市都市交通局警察本部長)とロバート・ショウ(犯人)との掛け合いがどことなくユーモラスでラストが洒落た印象深い映画だったが、本作はまったく違った雰囲気に仕上がっていた。 主役...
サブウェイ123 激突 (Akira's VOICE)
安全管理は万全に。  
『サブウェイ123 激突』・・・情けないぞNYPD (SOARのパストラーレ♪)
ジョン・トラボルタ演じる地下鉄ジャック犯ライダーと、デンゼル・ワシントン演じる地下鉄職員ガーバーの心理戦。二人の名優のぶつかり合いはそりゃあもう見応えがあった。しかしながら、う~ん、逆に言えば主演がこの二人じゃなかったらあまり記憶に残らない作品のような...
サブウェイ・パニック~『サブウェイ123 激突』 (真紅のthinkingdays)
 THE TAKING OF PELHAM 1 2 3  ニューヨーク。地下鉄運行管理官のガーバー(デンゼル・ワシントン)は収賄 容疑で告発され、管理職から降...
サブウェイ123 激突!! (銅版画制作の日々)
 原題:THE TAKING OF PELHAM 123 123号車、応答せよ──要求は何だ?この車両ひとつで、NYはハイジャックできる。 もたもやリメイクか~~!と呟いてしまった。何と35年前の作品「サブウェイ・パニック」をリドリー・スコットの実弟であるトニー・スコット...
サブウェイ123 激突 (映画の話でコーヒーブレイク)
公開後初の週末はやっぱり混みますねぇ。久々に満席の映画館で鑑賞。 でもエンドロールが始まると、直ぐに席を立って退場する方が多かったのでちょっと驚きました。 暗い中、階段を下りるのは危ないよ。 あと5分くらい余韻を楽しんで、明るくなるまで待ちましょうよ~。 ...
サブウェイ123 激突 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
デンゼル・ワシントンもジョン・トラヴォルタも好きなので観に行きました~【story】午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切...
「サブウェイ123 激突」オッサン2人…激突! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ豪華共演!そして監督はトニー・スコット!!何とも豪華な顔合わせだこと。「サブウェイ123 激突」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。NYの地下鉄を舞台に繰り広げられる、“オッサンの熱い攻防(^^;”。さあ...
★「サブウェイ123 激突」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
いよいよTOHOシネマズのシネマイレージ6000ポイントを使って、 1ヶ月フリーパスをゲット。 1ヶ月間観まくるぞーーーって事で、初日は4本観ちゃいました。 その1本目。
『サブウェイ123 激突』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「サブウェイ123 激突」□監督・脚本 トニー・スコット □脚本 ブライアン・ヘルゲランド □原作 ジョン・ゴーディ □キャスト デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガスマン、ジェーム...
サブウェイ123 激突 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年9月21日(月) 19:00~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り購入) パンフレット:500円(買っていない) 『サブウェイ123 激突』公式サイト 「大地震」「エアポート75」そして本命「タワーリング・インフェルノ」のパニック映画ブーム...
「サブウェイ123 激突」 ハズレのトニー・スコット作品 (はらやんの映画徒然草)
4度目のタッグとなるトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンのコンビに、キレた
【映画】サブウェイ123 激突…トラボルティング微減 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}九州よりも東京の日没が早いのが違和感{/face_ase1/}{/eq_1/}だったピロEKです。 今週は夜勤週。お仕事は多めです{/ase/} 毎年この時期は少し忙しいらしく{/eq_1/}、去年のこの頃からコメントへの返事が停滞{/face_hekomu/}{/down/}…未だに書けてい無い...
映画『サブウェイ123激突』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-51.サブウェイ123■原題:TheTakingOfPelham123■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:105分■字幕:寺尾次郎■鑑賞日:9月9日、渋東シネタワー(渋谷)スタッフ・キャ...
サブウェイ123 激突 (mama)
THE TAKING OF PELHAM 123 2009年:アメリカ 原作:ジョン・ゴーディ 監督:トニー・スコット 出演:ジョン・トラボルタ、デンゼル・ワシントン、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガズマン ...