迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シャンハイ

2011年09月04日 | さ行 外国映画
太平洋戦争前夜の上海。。。うーん、映画の舞台になるところです。すでに日本と中国は激しい戦争を続けており、上海もそろそろ日本軍の手に落ちる・・と思われていたころ。
でも、ここ上海はいわゆる租界と呼ばれていた特別な地区。対戦している列強や、日本などのいろんな国の要人が居住しており、いわゆる妖怪がどろどろと巣くっていたわけであります。

この映画の主要な人物は5人。この人間がどういう人間かわかれば、すんなりするっと入れるんですが、この監督さんは、素直に表現しないのを旨としているようで、わざと複雑にしているような気がします。

そんなことせんでも、素直に見せてもいいような気がするなあと思いつつ鑑賞。

さて、一人目。
アメリカ人の諜報部員、ポール。すでにヨーロッパ戦線は始まっていたが、アメリカの不介入主義が気に入らない同僚のコナーが暗殺され、その真相を探るうちに、上海の裏の社会に染まっていく。

二人目。
日本人のタナカ大佐。上海のいる日本軍のトップで、裏にも表にも顔が利く。

お次は中国人のやくざのボス、アンソニー。押しの強さは見たまんま。汚い仕事も引き受ける。タナカ大佐の仕事ももちろん。

その妻、アンナ。中国人で父を日本軍に殺され、レジスタンスの活動をしている。当然、夫の仕事とは相いれないが、行動は怪しいにおいがぷんぷん。

でもって、もう一人が謎の日本人女性。ポールの友人の諜報員の彼女らしいが、なんだかはっきりしない。

ざっと見渡して、「大佐とやくざ、その妻と愛人+1」みたいな。この5人が太平洋戦争前夜の魔都上海で、利害関係やら、恋愛関係やらでいろいろと絡み合い、実は戦争開始の秘密も握りながらの、結局は愛??みたいな、ちょっとわかりにくい作り。

この監督さんは、「ザ・ライト」のときもそう思ったのですが、どうも回りくどい。素直にまっすぐ描いてもなんら支障はないような物語を、やけにこねくりますのがお好きなんですかね。

それなりに面白かったし、豪華な俳優の面々をみているだけでも価値はあるのですが、なんかもったいないなあという感じが否めません。

あたし的には、あの頃の上海の雰囲気がとっても好きで、魔都という言葉がぴったり。ちょっと妖しげで、裏に回ると何があるのかわからない。雑多で、とにかくいろんなものが混在しているというのが見れればそれだけでいいみたいに思ってしまうのです。

現在、超近代都市に生まれ変わりつつある上海は、高層ビルが立ち並び、一昔前の雰囲気は偲べなくなっているようですが、こういう映画で偲びましょう。

しっかし、菊池凛子ちゃんの扱いがなあ・・・。まあ、コン・リーの存在感がこの映画のすべて!という感じ。キューザック、もうちょっとやせようよ。

◎◎◎

「シャンハイ」

監督 ミカエル・ハフストローム
出演 ジョン・キューザック コン・リー チョウ・ユンファ デヴィッド・モース 渡辺謙 フランカ・ポテンテ ジェフリー・ディーン・モーガン 菊地凛子

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 8月のまとめ | トップ | サラエボ、希望の街角 »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-09-04 11:42:42
仰るとおりもったいないですよねぇ。
これだけのアジアのスター+ジョン・キューザックで何でこうなっちゃうんだってぐらい。
個人的には開戦前夜の上海という背景が生かしきれてないと想ってますが、別に恋愛劇だってかまいません。
ただそれにしたってやけに回りくどい割には、そんなにドロドロな訳でもないし。
とりあえず謙さんの存在感が大きかったからいいか…
>KLYさま (sakurai)
2011-09-05 19:27:14
なんかなあ、この監督、わざとひねくりまして、役者を生かしてない!みたいな。
でも、コン・リー姐さんの存在感はさすがでした!
テーマはやけに大きいんですが、ちまっとした感じでしたね。
ジョンキュー目当て (mariyon)
2011-09-05 20:44:01
けっこう楽しみにしてたんです、久々のジョンキュー。でも、なんか、ちょっと・・・でした。ハードボイルドって彼にあわないんでしょうか?
でも、めっけもんのユンファさんのむちゃくちゃかっこいい姿を拝めたんでそれだけでも満足でした。

あと、上海の街並みがほんとうに良かったですね。役者も映像も素晴らしかったのに、なんか消化不良な感じが残念でした。
>mariyonさま (sakurai)
2011-09-06 13:53:01
うん、あわない。
年取ってきて、ますますシャープさがなくなったのに、こういう役がふられるのが多いですよね。
あたしも違和感、とっても感じました。
ユンファさんとコン・リー姐さんは、ぴったりでしたね。佇まいからして違うです。
なんかもったいない (KON)
2011-09-08 17:35:40
役者人が豪華なだけに。
恋愛の展開にあまり感情移入できず。
凛子ちゃん、いい女優さんなのかいよいよわからなくなりました。。。
謙さんが一番光っていたような。
ラストで「ん?」となりました。
>KONさま (sakurai)
2011-09-12 16:03:47
凛子ちゃんと謙さんじゃ、違和感ありありでしたもんねえ。
そこがこの物語をすっきりさせてないとこに感じました。
なんと言ってもコン・リー姐さんには、圧倒です。
言葉がないです、凄いっす。
もっと、上海のことを述べようと思ったうちに、終わってしまいました。
いつも時間配分を間違えます。なんどやっても難しいですわ。

コメントを投稿

さ行 外国映画」カテゴリの最新記事