迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

武士の献立

2014年01月15日 | は行 日本映画
このままいくと、武士シリーズが続いていくのではないかと感じたのですが、今回の献立を見ると、あとはないでしょうね~というのが、率直な感想です。

お城勤めの武士!というと、裃着て、しずしずと歩き、ひたすらかしこまってる・・・と言うだけの存在ではなく、いろんな仕事があって、それもこれも藩を支える大事な仕事なんだ!ということが伝わったのならば、成功だと思います。料理ってのも才能は必要ですが、できる奥方を得て、己の才能を開花させていく!という流れはよかったと思うのですが、どうにも眠くてしようがなかった。

地味な流れはしようがないのですが、メリハリというもんがない。画面がざらついてるのも、ちょっと気になったのでした。

しっかし、上戸ちゃん演じる嫁さんの出来ること、出来ること。んなできる嫁いて、なんで前の嫁ぎ先から追い出されるかがわかんない。きっとそこのおしゅうとさんが、もっとできる人だったんでしょう!

でもって、料理方を代々受け継いできた舟木家に、中古の嫁さんとしてやってきたのが、春ちゃん。旦那は若干若い高良君っす。あんまり江戸時代の侍ははまってない。剣の方が好きで、料理なんかにさっぱり興味がなかったのに、兄ちゃんが早世してしまったもんで、やりたくもない自分のところに、お鉢が回ってきたと。

武士の次男坊に仕事が回ってきただけ、御の字と思わにゃ。。。ま、気持ちもわかりますが。

とっても無難で、メリハリも少なく、やけに普通…な感でした。ほのぼの路線もいいのですが、やっぱ時代劇ものに必要なエッセンスは違うと思うなあ。西田さんとか、余さんとか出しときゃ、間違いないべ~みたいな空気感がちらちら。

◎◎○

「武士の家計簿」

監督 朝原雄三
出演 上戸彩 高良健吾 西田敏行 余貴美子 夏川結衣

コメント (4)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 永遠の0 | トップ | 利休にたずねよ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いろいろ不満もありますが… (西京極 紫)
2014-01-16 00:10:03
>西田さんとか、余さんとか出しときゃ、間違いないべ~みたいな空気感がちらちら。

はい、まったくの同感です。
でも『武士の家計簿』よりは楽しめました。

上戸彩ちゃんはかわいいので、許します。
キャラ~ (cyaz)
2014-01-16 08:30:20
sakuraiさん、おはようございます^^

花ちゃん、・・・もとい春ちゃんを演じる上戸彩ちゃんの
キャラが結構活きていたと思ったのですが(笑)
ま、マジメに撮るか、デフォルメして撮るかの違いだと思うのですが^^
>西京極 紫さま (sakurai)
2014-01-16 11:40:18
アタシ、珍しく森田映画の中では、家計簿がよかったのですよ。
森田のだから、ハードル低かったせいもありますが。
あ、マチャトくんだからか。。。
今回の作品が男性陣に受けがいいのは、上戸さんさまさまだと思われます。はい。
>cyazさま (sakurai)
2014-01-16 11:42:08
上戸さんは、なかなかよかったと思います。
キャラが効いてた。
でも、なんか話がピリッとしなかったのですよね。
デフォルメしたらだめでしょうし、これくらいでいいのかな。

コメントを投稿

は行 日本映画」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

武士の献立  監督/朝原 雄三 (西京極 紫の館)
【出演】  上戸 彩  高良 健吾  西田 敏行  余 貴美子 【ストーリー】 春は人並み外れた料理の才能と味覚を持っていたが、勝ち気過ぎてたった1年で婚家から離縁を言い渡される。加賀藩で料理方を務める舟木伝内に料理の腕を見込まれた彼女は、彼のたっての願いで伝....
『武士の献立』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「武士の献立」□監督 朝原雄三 □脚本 柏田道夫、山室有紀子、朝原雄三□キャスト 上戸 彩、高良健吾、余 貴美子、西田敏行、夏川結衣、成海璃子、       柄本 佑、緒形直人、鹿賀丈史、ふせえり、宮川一朗太       (語...
武士の献立 (映画的・絵画的・音楽的)
 『武士の献立』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)昨年12月に和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたことでもあり久しぶりの上戸彩の主演作ということで映画館に出向きました。  映画の冒頭では、武家屋敷の台所で料理を作る武士の姿が映し出され、「包丁侍」と呼....
「武士の献立」 姉さん女房の奮闘記 (はらやんの映画徒然草)
上戸彩さん、最近良妻役が多いですね(「半沢直樹」は観てないけど)。 本作で上戸さ