迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ブレイブ ワン

2007年10月31日 | は行 外国映画
最近、監督が誰なのかもわからず見る映画が多いのですが、この監督が二ール・ジョーダンだったのは、座ってタイトルロールが流れるまで気がつきませんでした。
んでもって、二ール・ジョーダンって名前が出たとたん、自分のテンションが上がったのがわかったのでした。

ということで、私のフェバリット監督の一人、ニール・ジョーダンが撮ったのはNYの街並み。なぜ、彼の目を通しただけで、あの雑然としたNYが素敵でシックな街に変わってしまうのでしょう。ニール色とでも言いたいような素敵な色になってしまいます。

幸せ絶頂にいた恋人が、不条理な暴力によってめためたにされてしまう。男は殺され、女は半死半生の目にあわされる。3週間も昏睡状態に陥ったあと、意識を回復はするが、もうあの時の自分には戻れない。

いつもの道が怖くて歩けない。後ろから歩いてくる人におびえてしまう。子供のスケートにすらびびる。警察などあてにできない。自分がこんな恐怖のど真ん中に置き去りにされた気持ちを分かってくれるはずもない。

彼女が手に取ったのは拳銃。自分を守ってくれるのはもう拳銃しかないと思うのも無理はない。そして、それを使うときはやってきた。

被害にあった女性は男よりちょっと年上のエリカ。ラジオのパーソナリティーをやっているのだが、街の音を拾いながら、それに対する街の息遣いを言葉で表現している。それはそれでものすごく説得力があって、つい聞き入ってしまうのだが、彼女が使ったのは暴力を暴力で返した。・・・・気持は痛いほどわかる。

何となく「デスノート」みたいな雰囲気になってきて、なんだか彼女は万能の神のような存在になっていく。なぜか、彼女の周りで、とんでもない事件が起きるもんで。。

彼女のとった道は理解はできるが、容認はできない。電車で殺されたやんちゃなお兄ちゃん達は、当然にっくき犯罪者だが、だからっつって殺していいもんではない。彼女にはマイクという強い力があったのだから。銃を握る手はマイクで世に訴えかけてほしかった。それもやってはいたのだが、すっきりしない終わり方は、暴力に対して、暴力でしか相対せない世のジレンマだ。

「キングダム」でも解決の道が見つからない、という何ともすっきりしない終わり方なのだが、そうならざるを得ない今の世の中・・・・・なんとかなるんだろうか。

ニール・ジョーダン。。。ずるいなあ。観客にゆだねるんだもの。まあ、彼だったら赦しちゃおう。って監督にひいきしてはいけないか。

年が近いせいか、ちいさい頃から彼女を見ているせいか、ジョディ・フォスターの面ざしがとっても好き。考えてみたらば、彼女の映画はほとんどみている。私にとってものすごく安心感を得れる女優さん。

アフリカのどこの国から来たのか、エリカと同じアパートに住んでた黒人女性の存在がよかった。彼女の語る話はきつい。人は境界線を越えられる・・・。やばい。簡単に越えられるような世界を作っているのもまぎれもなくわれわれ人間。とにかく、さまざまなことを考えさせられてしまった。やっぱ、ニール・ジョーダン、好きです。


◎◎◎○

『ブレイブ ワン』

監督 二ール・ジョーダン
出演 ジョディ・フォスター テレンス・ハワード

コメント (5)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 象の背中 | トップ | ヘアースプレー »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに (miyu)
2007-11-05 23:11:37
ニューヨークの街並みがとても美しく詩的な感じがしましたよね。
でもって内容は社会派。
ジョディは男性が演じるような役を女性に置き換えて
演じてくれますよね。
この映画でも再三「女性だったら」ってのがあって、
型に嵌らない女性を見事に体現していたと思います。
>miyuさま (sakurai)
2007-11-06 11:45:59
二ール・ジョーダン、大好きなんですよ。
彼がカメラを向けた瞬間から、その色がニール色になってしまう。
あのなんともいえないくすんだ色合いが素敵でした。
いつものNYが、ちがった色に見えた。
やはり、ジョディ・フォスターならではでしたが、なんかいつからか、こういう武闘派っぽい役柄が似合うようになっちゃった。
これはこれで好きですが、彼女一流のインテリ女性的役柄も見てみたいですわ。
ニール・ジョーダン♪ (mezzotint)
2007-12-31 12:46:59
sakuraiさん
コメント・TBいつもありがとうございます。
ニール・ジョーダンがお好きなんですね。
この作品はやはり、ニールカラーが出ていますか?
私は彼の作品を多く観ていないのでわかりませんが。
またジョディと年代も一緒で、彼女の作品も多く鑑賞されている。大好きな監督と女優さんのコラボなら
いう事なしって感じですね(^^♪
sakuraiさんお薦めのニール・ジョーダン作品も
ぜひ鑑賞したいと思います。さて今年も残すところ
一日、色々コメント頂き、ありがとうございました!
来年も宜しくお願い致します。2008年がsakuraiさんにとって良い年になりますように。ではまた来年!
>mezzotintさま (sakurai)
2008-01-01 13:20:42
大好きなんです、ニール・ジョーダン。
「モナ・リザ」が一番最初だったかなあ。
「クライング・ゲーム」もグでしたが、「マイケル・コリンズ」とかの社会派もいい。
彼が撮ると、くぐもった感じになるのがいいです。

ということで、2008年になってしまいましたが、今年もどうぞよろしく。
Unknown (かなこ)
2008-06-06 11:52:31
ブレイブワン 駄作

コメントを投稿

は行 外国映画」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

ブレイブ ワン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『許せますか、 彼女の”選択”』  コチラの「ブレイブ ワン」は、10/27公開となったR-15指定のクライム・サスペンスなのですが、遅ればせながら観て来ちゃいましたぁ~♪  監督は、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」、「ことの終わり」のニール・ジョーダ...
ブレイブ ワン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ジョディを好きで、『パニック・ルーム』『フライトプラン』は劇場鑑賞したがイマイチだった。今度はどうかなぁ~【story】ニューヨークでラジオ番組のパーソナリティを務めるエリカ(ジョディ・フォスター)は、婚約者であるデイビッド(ナヴィーン・アンドリュース)と...
暴力という名の勇気は認められるか●ブレイブ ワン (Prism Viewpoints)
許せますか、彼女の“選択” 「賛」、「否」、両方に問いかけるテーマ。 『The Brave One』 ブレイブ ワン - goo 映画 ニューヨークでラジオのパーソナリティを務めるエリカ・ベインは、 婚約者のデイビッドと公
【劇場映画】 ブレイブ ワン (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ ニューヨークでラジオのパーソナリティを務めるエリカ・ベインは、婚約者のデイビッドと公園を散歩中、暴漢に襲われた。病院で意識を取り戻した彼女はデイビッドが死んだことを告げられ、悲しみに打ちひしがれる。自らの心にも傷を負い、満足に外出するこ...
THE BRAVE ONE (-_-;) ジョディ・フォスター&ニール・ジョーダン (銅版画制作の日々)
 犯罪被害者の気持ち・思いは同じはず。この映画では何とジョディ、最後の一線を越えてしまうことにーーー。     11月9日、MOVX京都にて鑑賞。ニール・ジョーダン監督を自ら口説き落としたジョディ・フォスターの最新作は「ブレイブワン」今回、製...
『ブレイブ ワン』'07・米・豪 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじニューヨークでラジオ番組のパーソナリティを務めるエリカ(ジョディ・フォスター)と恋人のデイビッド(ナヴィーン・アンドリュース)は、愛犬を連れて散歩中3人組の暴漢に襲われ、エリカは意識不明の重体となりデイビッドは命を落としてしまう・・・。感想2本...
ブレイブ ワン (mama)
THE BRAVE ONE 2007年:アメリカ、オーストラリア 監督:ニール・ジョーダン 出演:ジョディ・フォスター、テレンス・ハワード、ニッキー・カット、メアリー・スティーンバージェン、ジェーン・アダムス、ナヴィーン・アンドリュース ニューヨークでラジオ番組の...