迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

サンバ

2015年03月17日 | さ行 外国映画
移民の少ない日本ではいまいちぴんと来ない話だが、ヨーロッパではよくある話で、トラブルも多々ある。制度もしっかりしているんだろう・・と思いきや、なかなか大変そう。

必死の想いで故郷のアフリカからフランスにやってきたサンバ。目指すは料理人だが、ビザの更新が遅かったらしく、国外退去を命ぜられる。これを何とかしてほしい!ということだが、まずちゃんとやらなかったのが悪いんではないかと。

困ってる移民の方々の相談役となっているのがボランティアというのにびっくり。苦情を聞いて、トラブル解決に尽力してくれてるのだが、移民の方々は、この人たちがボランティアで卯やてくれてるってことがわかってるんだろうか。なかなか不思議。

結局サンバは施設に入ることになったが、そこで知り合った男から、街に行けることになったら、自分の恋人に会って伝言を頼まれる。そこまではいい。で、サンバ。借りシャクっぽい形で自由の身に。で、彼の望みのとおり、恋人探すことに。そこからがとんでもない。簡単にいうと寝取っちゃう。ひどくないすか。

おまけにその男が政治難民に認定されて施設を出てくると、サンバは責任逃れして、彼の身分を乗っ取ってしまうと。

このあまりの理不尽な展開に、どうやって感動せい!というのでしょう。どう同情しても無理。サンバ、あんたが悪い。あんたがこれから歩みだす人生は、いろんな人を踏みにじったもの。これでめでたし、めでたしって、おかしいっしょ。

○●

「サンバ」

監督 エリック・トレダノ オリビエ・ナカシュ
出演 オマール・シー シャルロット・ゲンズブール タハール・ラヒム イジア・イジュ

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« アメリカン・スナイパー | トップ | 百円の恋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

さ行 外国映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

サンバ ★★.5 (パピとママ映画のblog)
日本でもヒットを記録したフランス映画『最強のふたり』の監督エリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュ、俳優オマール・シーが再びタッグを組んだコメディードラマ。料理人を目指してひたむきに勤務していたにもかかわらず国外退去を命じられた移民の青年が、追い込まれ...