迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ナルニア国物語 第二章 カスピアン王子の角笛

2008年05月25日 | な行 外国映画
白い女王をやっつけて、ナルニアに平和をもたらした4人の王たち。彼らは、役目を終えて、元の世界に帰って1年。刺激のない毎日に、少々気抜けた状態だったとき、突然世界は変わった・・・・。

彼らが見たのは、すでに荒廃して、廃墟しか残っていないナルニア。一体何があったのか・・・。

ナルニアを攻めて、彼らを深い森の中に追いやったのは、テルマール人。魔法や自然の力を忌み恐れ、自分たちが理解できないものを力で支配しようとする姿は、普遍的なものを感じる。

しかし、テルマール人たちも一枚岩ではなかった。王位継承争い。亡くなった王の後継ぎであるカスピアン王子は、王弟であった叔父に男子が生まれれば、その座は危うい。そして、男子が生まれたその日、カスピアン王子は命を狙われ、森に逃げ込む。

絶体絶命のとき、カスピアン王子は高らかに角笛を吹きならした。それは王子の師、コルネリウスから受け取った4人の王を呼ぶ角笛。4人は引きつけられるようにナルニアの世界にやってくる・・・。

ということで、とってもキリスト教に造詣の深いルイスのかの有名なナルニア国物語。前回はキリストの自己犠牲、復活のあたりがありありと描かれていたが、今回は、さまざまなモチーフが盛り込まれている。

最初の殺人者と言われる「カインとアベル」の兄弟から、おごり高ぶった人間に押し寄せたのは「ノアの方舟」か。重装歩兵のテルマール人はケルトの民を追いやったローマ人にも見える。さまざまな示唆を読み込むのが、この物語の隠された意味のようだが、とりあえず、第一章の微妙感は見事に払拭。

この主人公たちを見慣れたというのが、最大の要因なのかもしれないが、1と2をセットにして見た方がしっくりくるのかもしれない。

ディズニーにしかできないお城をバックの花火も見事。戦闘シーンもなかなかの迫力。地下の層との連携が見事だった。カスピアン王子が闘っている相手は同朋だよなあ、何にも感じないのかしらとの疑問もこの際目をつぶりましょう。カスピアン王子が登場したときは、思わず『魔法にかけられて』のジェームズ・マーズデンとかぶってしまいました。

結構満足した第二章。あたし的には、タムナスさんが絵でしか登場しなかったのが残念でした。ミノタウロスさんの冥福を祈ります。

◎◎◎○●

『ナルニア国物語 第二章 カスピアン王子の角笛』

監督 アンドリュー・アダムソン
出演 ベン・バーンズ ウィリアム・モーズリー アナ・ポップルウェル スキャンダー・ケインズ ジョージー・ヘンリー

コメント (14)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« 最近のこと | トップ | 最終回特集・・・ »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですよね~ (miyu)
2008-05-25 19:22:11
sakuraiさんのマイ・ブーム、マカヴォイさんは
出てきませんでしたものね~。
でも、sakuraiさん!あたし、ウィリアム君が
マイ・ブームです♪
いやぁ~、マイ・ブームたくさんいるんですけどねヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
>miyuさま (sakurai)
2008-05-26 13:35:56
第一章のときは、何にも感じなかったんですけどねえ。
絵だけの登場で、ちょっと残念。
でも、今売れっ子になっちゃったから。
映画はその楽しみのために見ておりますので、いっぱいいい男見つけて楽しみましょう♪
こんにちは! (由香)
2008-05-28 08:53:18
お邪魔します。そしてゴメンナサイ。
ガタカ観ちゃった~♪
スゴク良かったです~かなりお気にいりになりました。
全編に漂う切なげな雰囲気がツボでした・・・イーサンは素敵だったし(石を投げないで下さい~~~・笑)

で、ナルニアですが、カスピアンはまだ青いですね~
役柄のせいかな?色気が足りなかったです。
でも!映画は楽しめました~
『カスピアン王子が闘っている相手は同朋だよなあ』などのツッコミは置いておいて、子どもと盛り上がりました
>由香さま (sakurai)
2008-05-28 11:38:49
だはは。
楽しんでいただけたようで、うれしいですわ・・。
あのイーサンが一番かっこええかも。ポっ!
朝の番組にカスピアン出てましたが、結構気さくな感じ。
ほとんど日本での人気だけみたいですね。なぜ??
でもね、出てきた瞬間、「魔法にかけられて」の王子に見えたの。
イケメン (hide)
2008-05-31 16:11:41
『映画と秋葉原と日記』のhideです
sakuraiさんコメント&TB有難うございます
hideも前作と観た後、キリスト教との関連の記述を見て、其処果敢無く深い物語なのだと実感して興奮しました
(^_^;)まあ、そんな堅い話は別にしても(笑)

今回の作品で拝見したブログの方で、イケメン好きの方の大絶賛と、一部の男性の方の物足り無さの評価と割れていたのは面白かったです。

(^^♪hideはファンタジーとしても秀作に感じました
(ただ時間の関係で、同日最初に『ランボー 最後の戦場』を観たので喰い合せが悪いと言うか。影響を受けました(笑))
乗れませんでした(>_<) (mezzotint)
2008-05-31 23:31:10
sakuraiさん
乗れませんでした。あの地下鉄に(笑)
そういえば、海賊もディズニーだったんですね。
ディズニーのあのファンタジーがもっと出て欲しかった!あの4人兄妹は確かに普通すぎます。まああのキャラがいいのでしょうね?さあ第三章はどうなることやら・・・・。ピーターお兄ちゃんはこれで終了らしいので、カスピアン王子+3人兄妹で頑張るのでしょうかね??
>hideさま (sakurai)
2008-06-02 20:20:21
あたし的には、ベン・バーンズは全然イケメンに見えないので、とっても冷静に見れたのですが、結構楽しかったですわ。
第一章で、大したことないよ、って刷り込まれたんでしょうかね。
やはりキリスト教とは、切っても切れない話だと思うのですよ。一応ここまで見たので、次の作品も見るつもりですが、キリスト教について、考えていきたいと思っております。
楽しめなくなるかしら・・・。
>mezzotintさま (sakurai)
2008-06-02 20:27:24
スージーにナンパしようとした男の子が可愛そうでした・・・。
地下鉄に乗れたのかなあ。
早く撮らないと、子供たちの成長は早いですからね。
とっとと作ってもらって、さっさとけりをつけてもらいたいです。
ルーシーちゃんは、将来活躍しそうな子役の匂いがします。
ジョディ・フォスターとか、クリスティーナ・リッチの匂いがします。
こんにちは (はらやん)
2008-06-07 06:52:24
sakuraiさん、こんにちは!

>『魔法にかけられて』のジェームズ・マーズデンとかぶって
はは、確かに。まさに王子様ですからねー。
ディズニーだし、歌いだしたらおかしかったかもです。
本作、1作目よりはよりは見応えはありましたね。
キリスト教モチーフは、ストレートすぎた感もありますが。
この作品の世界観だからしょうがないか・・・。
>はらやんさま (sakurai)
2008-06-09 16:10:08
まじめに出てきた瞬間、あの王子様に見えたんですよ。
それがいつまでも尾を引いて、皆様がほめるように、イケメン王子に見えなかった・・・。
でも、十分楽しめましたがね。
この物語は、はなっからキリスト教の物語だと思って望んでますから、あんなもんでしょう。

コメントを投稿

な行 外国映画」カテゴリの最新記事

20 トラックバック

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『魔法vs人間──引き裂かれる心。』  コチラの「ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛」は、C・S・ルイス原作の全7章から成る「ナルニア国物語」の第2章の映画化で、5/21公開となったアドベンチャー・ファンタジーなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  ...
『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
C.S.ルイスの<ナルニア国ものがたり>全7話のうち、第2話『カスピアン王子のつのぶえ』までがウォールデン・メディア(とディズニー)によって映画化されました。『ハリー・ポッターと賢者の石』や『ロード・オブ・ザ・リング』の大ヒット以降多くのファンタジー小...
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
     『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』は、劇場で鑑賞したけれど、、、イマイチ好きになれず(汗)、その後もWOWOWで2度ほど観ても、、、やはり好きになれず(汗)、、、でも、第2章には期待をしていましたよ~だってカスピアン王子が素敵なんだもの~家族...
ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 (Akira's VOICE)
パンチ力は弱くても, ファンタジーはじわっと効いてくる。  
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 (eclipse的な独り言)
 「カスピ海王子」の方が覚えやすいと思います。(5月21日 富士シネプレーゴにて
★「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」 (ひらりん的映画ブログ)
何故か日本では先週の水曜日に劇場公開された、ナルニアの第2章。 人気者タムナス(ジェームズ・マカヴォイ)が出てない代わりに、 カスピアン王子役にイケメン(ベン・バーンズ)をキャスティングしたのねーーーー。
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 (小部屋日記)
THE CHRONICLES OF NARNIA:PRINCE CASPIAN(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督: アンドリュー・アダムソン 出演:ジョージー・ヘンリー/ウィリアム・モーズリー/スキャンダー・ケインズ/アナ・ポップルウェル/ベン・バーンズ/リーアム・ニーソン/ピーター・ディ...
『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 』2008・5・25に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 現実のイギリスの学園生活をしていたペベンシー4兄妹は、ある日地下鉄内で不思議な体験をして時空を飛んでしまう。それは有る者の角笛の音に導かれ、再び1300年後のナ...
【2008-124】ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? そこは楽園のはずだった・・・ 1300年後のナルニア 魔法vs人間──引き裂かれる心。
「ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
**************************** 白い魔女(ティルダ・スウィントンさん)に勝利してから1年が経った。現実に戻ったピーター(ウィリアム・モーズリー氏)、スーザン(アナ・ポップルウェルさん)、エドマンド(スキャンダー・ケインズ氏)、...
ナルニア国物語★第二章 カスピアン王子の角笛 (銅版画制作の日々)
 闇と光、人間と魔法の壮大なる戦いが始まる 5月23日、MOVIX京都にて鑑賞。とりあえず、話題作なもので鑑賞することに。前作の“ライオンと魔女”も鑑賞しましたので・・・・。 今回も前回のスタッフとキャストでの再結集ということです。第二章は、“ナルニア滅亡...
「ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛」みました (+++turbo addiction+++)
「ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛」見てきたよー!! アヒャヒャヒャヒャ ヘ(゜∀゜ヘ)(ノ゜∀゜)ノ ヒャヒャヒャヒャ 正直、前作の話はライオンの名前はアスランってぐらいしか全然覚えてない!! カスピアン王子のイケメンぶりをチェックしてきた!! ...
ナルニア国物語 第2章カスピアン王子の角笛 (花ごよみ)
『ナルニア国物語』シリーズの第2章 講談社の映画鑑賞券が、 当選したので観てきました。 予告編程度の予備知識しかありません。 ナルニアの危機。角笛によって ロンドンにいる4人兄弟を呼び戻す。 王位継承問題からスタートし 自然、戦闘、過去の伝説、 ダイナミック...
「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」 喰い足りなさは相変わらず (はらやんの映画徒然草)
なんとまた試写会当たりました。 普段は字幕派なのですが、今回は吹き替え版で観賞で
ナルニア国物語第2章:カスピアン王子の角笛<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
ポスターには こんなにメインに載っている カスピアンですが実際には例の4人兄弟が めっちゃめちゃ活躍します逆に、だめだめカスピアンのせいで 何人もの仲間が殺されるはめになって団結力にかける場面もあったり。  でも、実物の彼がイケメンなので許す (結局、...
『ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ白い魔女に勝利してから1年。現実に戻ったペベンシー4兄妹は、角笛の音に導かれ再びナルニア国へと舞い戻ってきた。しかし、この国の時間ではすでに1300年が経過しており平和で美しい魔法の国は、暴君ミラースに支配されていた・・・。感想2時間半には感じ...
アスランに会いたい (Ondul Blog ver.β)
『ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛』原作&映画 雑感メモ やっとあえたー! ※以下、ネタバレ感想   まずは原作版から。ほぼ単なる心情メモです。   リーピチープ大好きなキャラです。アナグマさん(松露とり)も好きだけど。勇敢なねず...
ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 (ダイターンクラッシュ!!)
7月5日(土) 16:00~ 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(チケットフナキで前売り券を購入) プログラム:700円 『ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛』公式サイト いい加減飽きてきたファンタジーものであるが、第1章を見ているから本作も見ることとした...
【映画】ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛…ファンタジー映画は食傷気味な中ですが、さて? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/hiyoko_cloud/}からまたまた夜勤です{/face_acha/} 月曜日は割と体力的にも余裕があるので{/face_ase2/}こうやってブログ更新をしております{/face_nika/} 昨日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/}はブログ更新後、車{/cars_red/}の点検に。 最近ってガソリンスタンド...
「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」(アメリカ 2008年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
角笛の音が1300年の時を超えていく。