迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

大統領暗殺

2007年10月16日 | た行 外国映画
これはなかなか画期的な映画だ。2007年10月19日、シカゴに演説に行った現アメリカ大統領、ジョージ・W・ブッシュが暗殺される。

大統領が動くとなると、それは一大事。何週間も前から、周辺を念入りにチェックし、マンホールを一個一個開け、周りのビルを逐一調べる。警備にかかった費用はざっと150万$。それは掛け値ない、実際に起こりうる数字だろう。飛行機が到着するとホッとするのはパイロット。でも、シークレット・サービスはじめ、警察組織その他は、そこからが緊張の始まりになる。

シカゴで街中で起こる、騒然とした反ブッシュのデモ。過激なデモでも、表現の自由がある限り、それは自由だ。あのようなデモが日常茶飯事に行われているのかどうかは不明だが、車列をも止めてしまうほどの激しいデモ隊にぶつかる。

胸騒ぎを覚えながら、演説を行うシェラトン・ホテルに。デモ隊に遭遇した車列は、さっさと別のルートを使って苦もなくホテルに着くわけだが、それでも不安はぬぐえない。そして、友好的な演説を終え、帰路につこうとするホテルの出口で、襲われる。

治療の甲斐もなく、現大統領は死去。すぐさまチェイニー副大統領が大統領に就任し、いかにもの演説を行う。

すわ、犯人は?

厳戒態勢がとられ、狙撃箇所と思われるビルはすぐに封鎖。まず疑われるのはアラブ系の人間である。この場合、まず犯人ありき。シリアの青年を犯人にしなければ引っ込みがつかない。ここはテロでなければならないのだ。証拠は、天下のアメリカFBI。いくらでもある。パキスタンに行ったことがあれば、すなわちアルカイダだし、指紋の一部が適合すれば、犯人でなければならない。

シークレット・サービス、FBIの元捜査官、秘書官、犯人らしき男の妻、新は人らしき人・・・。それらの人がまことしやかに自分の立場から、いろんなことを述べていくのだが、どれも非常にらしい。あまりにらしすぎて、怖くなる。そして白けてくる。国家から、犯人にされてしまったならば、もうそれから逃れることはほとんど不可能だろう。相手が悪かった。なんせ大統領だから。

ここで殺されてしまったブッシュはとってもいい人だ。雄弁で、ユーモアにあふれ、自分のことをよーく知ってる人だそうな。世間の過小評価を巧みに利用し、時折自分を大きく見せることを効果的に使える人。まあ、死んだ人をそう悪くは言えないのだろうが、本当にいい人なのだ。そっか、そんなにいい人だったのか・・・。知らなかった。

アメリカでの上映はずいぶんと縮小されたそうだが、まるで不謹慎には思えない。逆に、あれだけブッシュを礼賛し、死んだのを惜しまれるのは、イメージUPに最適ではないかと思えるくらい。ネタがネタだけに、中身的には非常にまじめで、穏やかで、過激ではない。それでも、こういう題材の映画を撮ったというだけで、勇気は称える。


暗殺という英語はないのだろうか。こういう場合は、やはり【暗殺】がぴったりですねえ。

◎◎◎

『大統領暗殺』

監督 ガブリエル・レンジ
出演 ジョージ・W・ブッシュ ディック・チェイニー ヘンド・アヨウブ ベッキー・アン・ベイカー ブライアン・ボーランド ロバート・マンジャルディ ジェイ・パターソン ジェイ・ウィテカー

コメント (6)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« ファウンテン 永遠に続く愛 | トップ | 私の小さなピアニスト »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
英語で (miyu)
2007-10-18 22:34:49
暗殺者がアサシンだから、
アサシネーションかしら?
確かに非常にまじめな作りの映画でしたよね。
真面目すぎてちょっと退屈しちゃいました(^-^;
>miyuさま (sakurai)
2007-10-20 08:45:00
世界がどのくらいひっくり返るだろう!!みたいな展開を期待していたので、少々拍子抜けでした。
まあ、たまにはこういう映画があってもいいかなあくらいで。
Unknown (風情♪)
2007-10-20 14:52:50
こんにちは♪

>あれだけブッシュを礼賛し、死んだのを惜しまれ
 るのは、イメージUPに最適ではないかと思う
意識不明に陥ってたこともあってここまで気づきません
でした。確かにこの空気は十分にありました!!
そう考えれば、アメリカでの公開縮小せずに奴のPV
として大々的に公開すればイメージUPにつながった
かも知れませんね♪ (゜▽゜)v
>風情♪さま (sakurai)
2007-10-22 08:36:25
ちょっと太ったブレインのおばちゃんなんか、ほめちぎってましたね。
冷静で、自分のことをよーくわかってて、あほのふりしてるんだ、みたいな。
その世間の評判をうまく利用していて、何とも切れる男なんだ・・・・とか。しらなんだ。
ということで、いろいろとオベンキョさせてもらった映画でした。
実は(^_^;) (mezzotint)
2007-12-17 02:28:49
sakuraiさん
コメントありがとうございました。
実は途中で状態になっちゃいました。
私もこのタイトルでわくわくして
観にいったのですが・・・・・。
上映中止となるようなセンセーショナルな
感じではなかったですね。もしそうなったら
どう変わるのか?そんな緊迫感がもう少し
あれば、良かったのかも。発想はいいです
そして、もっとブッシュ下ろしがあれば最高
なんだけど
>mezzotintさま (sakurai)
2007-12-17 08:23:41
途中、かなり意識を失いかけましたです。白状します・・。
宣伝の勝ちですね、この映画は。
既存の映像との組み合わせがうまいなあ、と感心しましたが、もっとそれを衝撃的に使ってもいいようなきがしましたがね。
ブッシュって、いい人なんだ!と再確認しました。

コメントを投稿

た行 外国映画」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

大統領暗殺 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『2007年10月19日 アメリカ中部時間20時13分―。 その時、世界は試される。』  コチラの「大統領暗殺」は、現職のアメリカ合衆国大統領のジョージ・W・ブッシュがもし暗殺されたら?をドキュメンタリーちっくに撮り上げたセンセーショナルなPG-12指定のポリティカ...
大統領暗殺 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 イギリス  ドラマ&サスペンス  監督:ガブリエル・レンジ  出演:ヘンド・アヨウブ      ブライアン・ボーランド      ジョージ・W・ブッシュ(アーカイヴ映像)      ディック・チェイニー(アーカイヴ映像) 【物語】 現職の大統領の暗殺...
『大統領暗殺』(2006) (【徒然なるままに・・・】)
2007年10月19日、ブッシュ大統領が暗殺された、という想定で展開される偽ドキュメンタリー・ドラマ。 ブッシュ大統領やチェイニー副大統領らの姿は既存のニュース映像などを加工して使い、これに事件現場や関係者の証言などの新たに撮られた映像とを組み合わせ、あたか...
大統領暗殺 を観ました。 (My Favorite Things)
眠ってしまいましたよ…。フィクションなんだけれど、シュール?なネタだけにね?ドキュメンタリーちっくな作りだったからかしら?
大統領暗殺(:_;)Death of a Presidennt (銅版画制作の日々)
  2007年10月19日、アメリカ中部時間20時13分。ブッシュ大統領暗殺 その時、世界は試される。   10月31日、東宝シネマ二条にて鑑賞。ブッシュ大統領は死んでいないが、もしブッシュ大統領が暗殺されたら、どうなるか?というかなり大胆な設定。...