迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

第7鉱区

2012年01月30日 | た行 外国映画
韓国映画を見ていると、必ずある要素、美人のヒロイン、その彼氏、間抜けなお調子者、いわくありげな重鎮どころ、ベタな展開、おぉぉ!全部そろってる!!と思いながら鑑賞。3Dしかなかったら、スルーだったのだが、2Dの上映だったので、とっても低目のハードルで臨んだ。

ほとんどアルマゲドン状態の油田の採掘。なかなか油に到達できないが、どんな困難ににも、不屈の魂で立ち向かっていくヒロイン。絶対に現実の場だったら、とんでもない無鉄砲な行動なのだが、ここは映画的には必需品だ。

でもって、油を掘っていたはずなのに、出てきたのはクリオネみたいな変な生き物。で、こいつがとんでもない秘密を持った、化け物だったと。ただし、それは自然発生した生き物ではなかった・・・というのがミソ。うーん、この辺はグエムルですなあ。

殺人事件が起こって犯人探しの要素が加わり、化け物との追いかけっこはエイリアンの3あたりのシチュエーション。どっかで見たみたいな映画の寄せ集めの噂にたがわず、「あぁ、これはなにかなあ?」と、ちょっと違う見方で楽しんでたかも。

で、変な生き物は、実は夢のエネルギーの可能性を秘めたもの。いつまでも燃え尽きず、小さな容量で、無尽蔵にエネルギーを生み出してくれると言うものは、人間にとってこれほどありがたいものはない。うーん、まるで何かの発電みたい。でも、そのエネルギー体は、人間の手に余るように大きくなっていき、いつか人間にとんでもないしっぺ返しを食わせるという。

狙ったのかどうなのかは不明だが、まるで原子力そのもの。小さな夢のようなエネルギー源。人間たちははやし立て、それにすがり、あとはどうとでもなれ!と、あと始末を一切考えない。いまや、巨大などうしたらいいのか手をつけたらいいのかわかんないあれとまるでおんなじ。気楽に見に行ったのだが、目の前で起きてるとんでもなことが頭をよぎり、なんだか暗澹たる気持ちになって映画館をあとにした。

◎◎◎

「第7鉱区」

監督 キム・ジフン
出演 ハ・ジウォン アン・ソンギ オ・ジホ イ・ハンウィ パク・チョルミン ソン・セビョク チャ・イェリョン パク・ジョンハク


コメント (8)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 無言歌 | トップ | 恋の罪 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2012-01-30 23:56:16
>ちょっと違う見方で楽しんでたかも

この作品の場合はそれが正解かも。中々聞くだけだと解りにくいので観てみて「おうおうなるほど!」とか「いやぁ、ちょっと違うんじゃん?」なんて(笑)
よーわからんのですが、この手の分野ってちょっと韓国(まあ日本もですけど)苦手かな。こういう作品はやっぱりお金をかけたらかけただけそれが出てくるんで、ハリウッドの得意技だと思いました。
>KLYさま (sakurai)
2012-02-01 08:26:40
やけにハードルひくめだったんで、余裕で見ました。
それなりの金がかかってて、心意気は感じましたね。でも、こういう分野はハリウッドにおまかせした方が無難かもです。
どんなもの作っても、パクリだあって思われがち。
Unknown (はらやん)
2012-02-04 22:04:10
sakuraiさん、こんばんは!

ステレオタイプでしたねー。
ちょっと寄せ集め感がありました。
確かに、原子力を生き物に見立ててる感じはありますね。
そこまで考えて作ったわけではないとは思いますが。
ハ・ジウォンが美人さんだったので、後半はそこだけ観てました(笑)。
>はらやんさま (sakurai)
2012-02-06 13:17:03
夢のエネルギー!わずかな量で、いくらでも。
でも、一度暴走すると、人間の手に余る・・というシチュエーションが、日本で手に余ってるあれにそっくりだなあと思って。
そこまで考えてなかったのかなあ。地震の前ですもね、これ作られたの。
見方を変えると、とっても興味深い作品だったんですが、もうちょっとオリジナリティが欲しかったですね。
こんばんは! (ヒロ之)
2012-05-18 02:58:48
本当にベタな展開でしたね(笑)。
オリジナリティが無い話だけにダレてくるのかと思ってましたが、普通に楽しめました。
主役が女性ってのが良かったのかもしれません。
しかもやたらとカッコいいですし。
ハ・ジウォンさん、好い女になったなぁと思います。
こんにちは♪ (maki)
2012-05-21 10:49:54
>おぉぉ!全部そろってる!
ちょっと笑っちゃいました
うーん、印象的には不死身な敵と同じく、各キャラも少々くどいかなと感じちゃいました
隊長にあたっては、なんかズラのような髪型してましたし…
醜い系、お調子者系、きれい系、男前系、博士、渋い系…と確かに色々揃ってましたね~
ヒロインが男前で格好良かったので最期までタンクトップ姿でいってほしかったです
>ヒロ之さま (sakurai)
2012-05-24 08:44:06
いろんな映画のいいとこどりって言うか、節操がないて言うか、それでも見せる映画を作る度胸はなかなかだと思います。
ハ・ジウォンさんは格別ですよね。
日本にもこういう女優さんが欲しいとこっす。
>makiさま (sakurai)
2012-05-24 08:46:47
なんでしょねえ。
韓国の映画って、定番をちゃんとなぞる律儀さってか、定石を踏むことを絶対にするぞ!という縛りがぶれない気がします。
そのくどさも定石なんですよね。
今見てるWOWOWのドラマも、まさにそれ。
「シークレット・ガーデン」は、ちょっと毛色が違ってて、なかなかハマってます。

コメントを投稿

た行 外国映画」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

第7鉱区/7?? (LOVE Cinemas 調布)
東シナ海の海上油田・第7鉱区を舞台に、謎の新海生物に襲われた油田のメンバーたちと、それに立ち向かうヒロインの姿を描いたモンスターサスペンスムービーだ。主演は『TSUNAMI-ツナミ-』のハ・ジウォン。共演に『最高のパートナー』のアン・ソンギや『寵愛-ちょうあい-...
第7鉱区 (だらだら無気力ブログ!)
久しぶりに観たハ・ジウォンは相変わらず綺麗だった。
「第7鉱区」 韓国版「エイリアン」といったところ (はらやんの映画徒然草)
韓国南西の海上にある石油掘削プラットフォーム。 長年にわたりボーリングが続けられ
第7鉱区 (銀幕大帝α)
SECTOR 7/11年/韓国/101分/モンスターパニック・アクション/PG12/劇場公開(2011/11/12) -監督- キム・ジフン -出演- ◆ハ・ジウォン…チャ・ヘジュン 過去出演作:『TSUNAMI-ツナミ-』 ◆アン・ソンギ…アン・ジョンマン 過去出演作:『墨攻』 ◆オ・ジ...
第7鉱区 (いやいやえん)
海上油田という閉鎖された空間での、謎の新海生物に襲われる人々の姿を描く。 なんだかどこかでみたような内容なんですよね…。目指しているところは韓国版「エイリアン」や「ザ・グリード」だと思うのです、が。