迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

はたまた父の様子

2019年01月04日 | 日記
高齢者向けの住宅を借りたにも関わらず、とっとと出てしまったのは、前に書いたとおり。その後は、デイサービスを利用して、風呂に入ったり、のんびりと週に二回ほど、通っておりました。訪問介護のサービスも利用させていただいて、なんとか過ごしておりました。

約一ヶ月ほど過ぎたころ、どうも歩きにくいと。脊柱管狭窄症は今まで3度手術して、背中と首はボルトだらけなのですが、それが神経に障っているのだろうということで、一応痛み止めと、湿布でしのいでおりました。11月の半ばには、修学旅行だし、心配、、。

前回の修学旅行は、出発当日に母の急死があって、急遽帰ってきたので、修学旅行は鬼門です。様子見に行ってまあ大丈夫かなあ~と。出発の一週間前に父の顔見て、まあ行けそうだなあ~と思った翌々日です。仕事中に病院から緊急の電話!!どうした?

突然、一歩も歩けなくなって、病院に。緊急手術と相成りました。「今から、説明いたしますので、来れますか?」・・・行けるわけないっしょ。「明日、手術しますので、8時半まで来てください!」

うわっちゃーーーです。「来い!」と言われたら、行くしかないっすよね。行きました、はい。でも、その後付いてるわけにも行かないので、姉にも来てもらい、手術となりました。約5時間。残り少ない脊柱管に3本目のボルトを入れ、ヘルニアも治しと、結構な大手術でした。

さすがに、がおって(がっくり)おとなしく入院となりました。あたし的には逆に安心。家にいるより、病院で24時間見て貰ってる方が、よっぽどいいです。これで心置きなく修学旅行にも行けます。

最初は歩行器で数歩くらいしか歩けず、これはやばいかなあ~と感じたのですが、家に帰りたいという執念なのか、めきめき回復。こっちがはらはらするほど、頑張って歩くのですよ。でも、リハビリ病院に行って、しっかり治さないとならないので、お次はリハビリ病院です。

この転院は、最初から決まっていたのですが、今度は家に帰ると行って聞かない。「では、3日くらいお世話になって、帰ってか!」と涼しい顔で言うのですよ。そんなよたよたで、帰ってどうするんだ!!こっちの心配はどこ吹く風で、「帰る、帰る」「一人で出きるもん」と言い張るのですよ。

「この休みに娘来るから、帰ります。どうもお世話になりました」と、しれっと言う始末。ああああ、めんどい。まず、帰れないことを言い聞かせ、正月に一時帰宅して様子を見てから。

一時帰るのいいけど、帰ったら今度は病院に帰らないんじゃないかとちょい心配。今回はしょうがないので家に連れて帰り正月は家で年越しをいたしました。

帰らないと駄々こねるかと思ったのですが、一応おとなしく病院に戻りました。問題はこれからですよ。退院してからだよなああ~、問題は。

本当に悩める日々です。

コメント   この記事についてブログを書く
« あけましておめでとうございます | トップ | 2018年 8月に見た映画 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事