迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

オー!ファーザー

2014年06月10日 | あ行 日本映画
いくら、伊坂作品には欠かせない!と言っても、さすがに高校生役には、ちょっと無理があり過ぎじゃないですかね。最近、赤い学ラン着て、高校生やってはいましたが、それとこれとはちょっと違う。そういや、あっちも伊坂作品には欠かせない濱田君が出てた。こっちは、今回お休みね。

高校生の由紀夫君には、何とお父さんが4人!個性豊かなお父さんばっか。お母さんはもちろん一人ですが、そのお母さんを愛しちゃってるおっさんどもが、離れがたく、そこで一緒に住んでしまってると。うーん、ないな。いくら何でもない。何より怖いのは、男の嫉妬っす。逆ハーレムってのは、どだい無理っしょ。

そこはお話なんで、無理なこともなく、みなさん仲良く、不在が多いおっかさんおいて、男どもの共同生活を楽しんでおります。

ある時、父Aに連れて行かれた賭博場で、カバンの盗難事件を目撃。その事件と、なぜか同級生の不登校の理由が関係してきて、なにやらきな臭い事件に巻き込まれていくと。選挙と、裏社会の事情がいろいろと絡んできて、由紀夫君は、捕らわれの身となってしまうのですが、そこをお父ちゃん連合が助けるぞ!!!という話。

いろんな布石がちりばめられていて、ここがこうなってこうなると、ああなっちゃう!!的な伊坂マジックが繰り広げられるのですが、いささかこねくり回し過ぎ。見せ方がくどい。スマートじゃないのよ。もうちっと高校生らしい高校生を配置して、仙台を舞台にして撮ってもらうと、いかにもな感じに撮れたと思うのですが、あえてそれを避けたか?吉本の意向なのか?その辺の事情は不明ですが、もうちょっとどうにかなったんじゃないかなあ~と思わせた作品。

設定自体が不自然なんで、完全に別世界にしちゃうくらいの思いっきりがあってもよかったかもです。父ちゃんたちが息子を愛するのはわかるけど・・・・・この世界はない。原作は未読ですが、本は説得力あるのかな。

目の保養の岡田君ですが、やっぱ高校生にしちゃ、とうが立ちすぎの大人すぎ。父親たちはそれぞれキャラが立ってた。それぞれ相応でした。母親がさっぱり出てこず、ミステリアスな部分を残しましたが、10何年も多数の男を虜にしちゃうって、どんな女だよ!

◎◎○

「オー!ファーザー」

監督 藤井道人
出演 岡田将生 忽那汐里 佐野史郎 河原雅彦 宮川大輔 村上淳

コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 最後の晩餐 | トップ | エヴァの告白 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あ行 日本映画」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

オー!ファーザー (本と映画、ときどき日常)
監督 藤井道人 出演 岡田将生    忽那汐里    佐野史郎 4人の父親をもつ高校生。 事件に巻き込まれて監禁されちゃった。 お父さんみんなで力合わせて助けるぞ~。 伊坂幸太郎の原作です。 そこそこの面白さ?(笑 ミーハーの俺としては主人公の脇を固....
オー!ファーザー (だらだら無気力ブログ!)
個人的には『グラスホッパー』と『マリアビートル』を映画化して欲しい。
『オー!ファーザー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「オー!ファーザー」 □監督・脚本 藤井道人□原作 伊坂幸太郎□キャスト 岡田将生、忽那汐里、佐野史郎、河原雅彦、村上 淳、宮川大輔 ■鑑賞日 5月25日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5...
オー!ファーザー ★★★ (パピとママ映画のblog)
重力ピエロ」「ゴールデンスランバー」などの人気作家・伊坂幸太郎の小説を基にしたサスペンスコメディー。父親を名乗る4人の男と暮らす男子高校生の風変わりな日常と、彼が巻き込まれた監禁事件のてん末を映し出していく。監督は『SHAKE HANDS』などの藤井道人。『偉大な...
『オー!ファーザー』をHTC有楽町1で観て、これは褒められない凡作でしょうふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
初春のあまり記憶にない映画の感想をボコボコつぶしてく祭り(2014年の鑑賞作品を潰していくぞ)。 五つ星評価で【★★ミステリーとして破綻あり】   最後の最後で何だかよく分 ...