迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

パーフェクト・センス

2012年03月29日 | は行 外国映画
自己チューシェフのマイケルと、感染症学者のスーザンが、出会ったのは、世界中になぞの病気がまん延していたころ。突如、さまざまな思い出が自分に襲いかかり、哀愁にくれた後、匂いがしなくなる。無くなったのは匂いに伴う思いで。料理をしてもしようがない・・・と思われたが、人の適応力はすごい。匂いに捉われない刺激の強い料理を次々と生み出し、新しいおいしさを求める貪欲さは失わない。

感染症の研究所では、なんとかして原因を突き止めようと奮闘するが、全く突き止められない。

不安に渦巻く世の中でであった二人。お互いの心の隙間を埋めるように急速に近づく二人は、今までにない幸せを感じるのだが、次の感覚がなくなるのは間近だった。味覚が無くなり、聴覚。それぞれが無くなる時にハードルのような儀式を経て、次の段階に進む。そのたびに人々は絶望の淵に追い込まれ、そして立ちあがる。

人間のたくましさと、貪欲さを強いと感じるか、あがきと感じるか、それは微妙なところだが、人は妙にしがみつく。

なんとか順応しようとあがく人間たちに容赦なく襲いかかる次の感覚喪失。それは世界の終末か、別のものとして生きて行く道に放たれた人間の運命なのか・・・。

つうことで、「メランコリア」に続いて、今年は死や、終末論みたいなもんが、やたら続いてる。やっぱ2012年はヤバいのかしら?まざまざと見せられる人間の喜怒哀楽。理性を失くした人間ほど厄介な生き物はない!と思わせるくらいの凶暴さ。やっぱ私たちは滅びた方がいいのかなあ~と思わせると、今度は可能性や順応性を見せる。さらに愛やら、やさしさやら。。。一番大事なものは?大切なものは?気づいた時には、既に遅い。そうならないうちに気づけよ、人間!ってことでしょうか。

脱ぎっぷりのいいユアンの大事なところまで見せてもらって、なんだか勿体ない。。負けず劣らず、いつもながら脱ぎっぷりのいいエヴァもしっかりと。最初のベッドの女の子がエヴァ?と思ったのだけど、胸の大きさで区別がついた。

とりあえず、支障の少ない感覚から無くなって行ったようだが、これぞ真綿で締められてるような拷問のよう。いっそのこと、潔く!!と願いたくなるほど残酷だ。

◎◎◎

「パーフェクト・センス」

監督 デヴィッド・マッケンジー
出演 ユアン・マクレガー エヴァ・グリーン ユアン・ブレムナー コニー・ニールセン

コメント (10)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« J・エドガー | トップ | 灼熱の魂 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何と言うか・・ (KON)
2012-03-29 21:55:16
体力を奪われる作品です。
終末論を説きたいのか、人間のたくましさ、愛の尊さを主張したいのか、どっちつかずな印象です。
とにかく何より、ユアンは毎回必要以上に尻出し率が高いな~と思ってましたが、今回は全面も惜しみ無く。
エヴァも負けじと。
二人の肉体合戦?が主軸のな気もします。

五感がなくなっても人生は続くのかな。
怖い映画ではあります。
Unknown (KLY)
2012-03-29 23:01:39
実は五感全部はなくならないんですよね。
でもいずれは無くなるんでしょう。
全てなくなった時に人の存在ってどうなってしまうんだろうなぁと思って観てました。
昔なんかの本で、リンゴがそこにあるのはリンゴがそこにあると全ての人間が認識しているからで、全ての人間がそこに無いと認識すればりんごはそこにないのだ…なんてような話を読んだことがあります。
愛ってそれでも無限なのか。永遠なのか。あんまり考えたくないな(笑)
>KONさま (sakurai)
2012-03-30 16:16:02
どっちつかずのままですね。
そこは観客にゆだねます・・なのかもしれませんが、ちょっと散らかしすぎの感ありです。
もうちょっと見せる側の思想をキチンを表してもよかったかもと感じました。
十分残酷でしたけどね。
どうやら、ユアンのお尻は見納めらしいので、最後に堪能させてもらいましたが、いつの間にか40ですもんね。
>KLYさま (sakurai)
2012-03-30 16:18:25
4感でしたね。
ここで触覚も無くなってしまって、一体どう生きて行くんだ・・。
それでも人間は貪欲になんとか道を探して行くのかもしれませんが、脳だけの存在なんて、やだなあ。
リンゴの話は聞いたことあります。
皆が見ているからそこに存在しているンで、見なきゃ存在する価値はないみたいな。
そうすると、人も存在価値はないですね。
ヘレン・ケラー (mezzotint)
2012-04-03 22:49:50
ふとを思いだしました。
彼女の場合は視覚、聴覚でしたが、、、。
これだけでも想像を絶するくらい怖い
ことですよね。ましてや五感すべて失ったら
一体どうなるんでしょうか?!
生きてることすら感じなくなる。まさに死と
同じ状態ではないかと、、、。
あぁ~考えただけでも凄いことだと思いました。
>mezzotintさま (sakurai)
2012-04-04 18:01:07
すごい人ですよね、ヘレン・ケラーと言う人は。彼女にはサリバン先生と言う人がいたわけで、この感覚を失くした人間たちを導く人はいるだろうか・・・です。
この話を考えた人って、性格悪そ。。
最後も観客に投げて終わりでしたし、すっきりしないです。
こんにちは♪ (maki)
2012-05-10 09:30:03
すべての感覚が消えたら、死さえも超越しちゃうんじゃないかなあ
「無」です
個々の意識体だけはあるのでしょうが、
そこに存在しているのかは証明することは出来ない
意識だけの世界って、そのうち自然に皆肉体的に死んでしまいますから、結局変わった視点の終末論な作品だったということですね
>makiさま (sakurai)
2012-05-10 15:48:51
意識だけの存在は果たして存在していると言えるのか。。「無」ではないと思うなあ。
何をもって存在することになるのか。
最後に若干の希望をもたせて闇に突き落とす。
えらく残酷だったと思いますが、それにしちゃ作ってそのまま放置した感じ・・・もしました。
もうちょっと後片付けして終わらせてもらいたかったです。
おじゃまします。 (ピロEK)
2012-09-09 00:50:48
おじゃまします。

>これぞ真綿で締められてるような拷問のよう。いっそのこと、潔く!!と願いたくなるほど残酷だ。

私は感染パニック系のものと言うよりは、宗教的な(救済の意味を含んだ)作品な気がしているのですが、まぁ結局のところ良く分かりません。
難しい映画ですけど、理解できるまで観ようというほど魅力があるものでもありませんね。

では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
>ピロEKさま (sakurai)
2012-09-11 15:57:38
うーん、そういう観点なのでしょうが、結局のところはっきりせず、どっちつかず・・という感じもしました。
とにかくこんな世界が来ないことを願うばかりです。

コメントを投稿

は行 外国映画」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

パーフェクト・センス/Perfect Sense (LOVE Cinemas 調布)
人間の五感が徐々に奪われていく感染症が世界中に蔓延する中、それでも何とか生き抜こうとする人類と、そんな状況下で知り合った男女の恋物語を描く。主演は『ゴーストライター』のユアン・マクレガーと『007/カジノ・ロワイヤル』のエヴァ・グリーン。監督は『愛と...
パーフェクト・センス (だらだら無気力ブログ!)
まさかの金正日が登場!
パーフェクト・センス (試写会) (風に吹かれて)
最後に大事にしたいものは 公式サイト http://gacchi.jp/movies/perfectsense1月7日公開監督: デヴィッド・マッケンジー  「猟人日記」何の前触れもなく、世界中を揺る
パーフェクト・センス(2011)■□PERFECT SENSE (銅版画制作の日々)
 五感が消えていく 評価:=70点 ネタばれしています。未見の方は読まないで下さい。 Tジョイ京都にて鑑賞。 昨年の秋、新宿武蔵野館でこの映画のチラシをゲット。こちらで公開になるのか?ちょっと気になっていた作品。ようやく鑑賞して来ました。 それにしても...
パーフェクト・センス (いやいやえん)
ほんとユアンは裸になるのが好きだなあ(最初のコメントがそれか)。 嗅覚、味覚、聴覚、視覚、触覚、徐々に喪失していく五感…恐ろしいな!でもその感覚的リアリティがない分、どこか他人事のように感じてしまう作
パーフェクト・センス (銀幕大帝α)
PERFECT SENSE/11年/英/92分/SFロマンス・ドラマ/R15+/劇場公開(2012/01/07) -監督- デヴィッド・マッケンジー -製作総指揮- デヴィッド・マッケンジー -出演- ◆ユアン・マクレガー…マイケル 過去出演作:『ゴーストライター』 ◆エヴァ・グリーン...
【映画】パーフェクト・センス…フット岩尾望のファッションセンスとかか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
先日、2012年8月15日(水曜日)の夜、「アベンジャーズ」観てきましたよ 映画観賞記録は後日書きますが…楽しかったですアレ。あの尊大なキャッチコピーは伊達じゃないといった感じですかね この夏は、私にしては珍しく映画館に連続で行ったのですが、一個前に行った「ダ...