迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ジーン・ワルツ

2011年02月10日 | さ行 日本映画
大病院に勤める産婦人科医の曽根崎理恵。体制に逆らって、とんでもないことをしかけている・・・らしい。彼女の身を案じるのが、その病院で、もうすぐ教授に昇進しようとしている清川吾郎。大病院でやっていくには、お偉いさんの言うことをひたすら聞いて、騒がず、目立たず。ひたすら平身低頭しているのが一番なのだが、彼女は違う。

帝王切開で出産中に、母親が死んでしまった事件、緊急出産の救急患者をたらいまわしにして、母子ともに亡くなってしまった事件などが相次ぐ中、曽根崎は、もうすぐ閉院になろうとしているマリア・クリニックで、最後の4人の患者の診療を行っていた。

彼女らはそれぞれの事情を抱えた妊婦。彼女らの運命を見届けねばならない。。。

結構ミステリアスな宣伝と、ジーンという言葉の意味が遺伝子だと言うことを知ったりして、「うーん、これは遺伝子操作までに手を伸ばして、絶対のどんなタブーに挑んだんだ?!」と、ちょっと期待を膨らませていたのですが・・・・。

うーん、これはないでしょう。あまりの満載な突っ込みどころに、目が点。ど素人でもそりゃないでしょと思う展開だったのですが、作ってる方、やってる方がたは、なんとも思わなかったのでしょうかねえ。

赤ちゃんが生まれる!それは奇跡の連続・・。子供が欲しくてもどうしてもできないご夫婦にとって、どれだけ切望することか!自分たちにとって、どうやっても難しいことが、苦も無くできてしまう。これほど差のあることも無いような気もしますが、その切なる思いの強さはとってもわかります。

でも、一番問題になる夫婦の強い強い思いのために、タブーを犯すんではなく、それは・・・・。その辺に視点のずれを感じたところに加えて、メインとなる出産ラッシュ。百歩譲って、そういうことがあったとしても、うんうん唸ってる妊婦尻目に、ポケットに手突っ込んでる医者はないでしょ!

なにより頭を傾げたのが、曽根崎の体外受精の可能性。・・・ないっしょ。

医療を扱った秀作として、去年の「孤高のメス」が逸品だったのですが、命を扱うものってのは、奇をてらったみたいな題材じゃなく、直球勝負のまっすぐな物語の方が納得がいくのですが、いかがでしょうね。

◎○

「ジーン・ワルツ」

監督 大谷健太郎
出演 菅野美穂 田辺誠一 大森南朋 桐谷美玲 南果歩 風吹ジュン 浅丘ルリ子

コメント (8)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« ザ・タウン | トップ | 毎日かあさん »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-02-11 21:27:12
これは完全に失敗作です。
原作と映画は違って当然ですが、原作で表現していたことをほぼカットしちゃだめですよ。
挙句にラストは観月ありさ主演『ベイビィ!ベイビィ!ベイビィ!』と全く同じ^^;
見た瞬間パクリかよ!と突っ込んでました。
もっとも海堂氏の原作を映画化したものを良いと思ったことがないので、今回も全く期待してなかったのですけど…(苦笑)
Unknown (はくじ)
2011-02-12 17:24:05
こんにちは。
これは予告編とタイトルに見事に騙されました。
こんな内容だとは露にも思わなかったです。
がっかりな作品でしたが、嵐の中、屋敷の奥から浅丘ルリ子が歩行器使いながら現れるシーンはかなりホラーで、怖かったです。
>KLYさま (sakurai)
2011-02-13 20:23:13
こうなると、原作を手に取ろうと言う気もさらさら起きませんが、予告と宣伝ってのは、結構でかい力を持つもんだなあ・・と。
『ベイベィ!・・』は、見てませんが、そんな話だったんですか。
私も海堂氏の本を、感心したことはないのですが、もういいですわ。
>はくじさま (sakurai)
2011-02-14 10:27:32
ほんとにねえ。原作者が泣いた!とか言われて、すっかりだまされた感でいっぱいです。
ここで、浅丘大先生が来る、来る、来るとわかってて、・・・・来ましたね。あたしもちょっと怖かったです。
何処~ (cyaz)
2011-02-15 17:49:48
sakuraiさん、こんにちは^^
原作が未読でストーリーについてとやかく言えませんが、
それでも「ん?」、「あん?」「マジ?」って
そんな疑問が多々(笑)
前作のバチスタやルージュのイメージが強過ぎて、
“肩透かし”を食った感強しでした(笑)

“肩透かし”と言えば、大相撲の未来は何処
>cyazさま (sakurai)
2011-02-16 10:13:46
いやーー、この映画じゃ、本を手にとろうという気も萎えました。
ほんとに医者やってんですかね。
とてもじゃないが、かかりたくないです。

大相撲ねえ~。
どうなるんでしょ。
新弟子もいるらしいですが、公益法人はとにかくやめてもらって、興行にすべきですよね。
それでも見るに値するものだったら、見るでしょうから。
こんにちは (はらやん)
2011-03-12 06:42:04
sakuraiさん、こんにちは!

僕は思いのほか、OKでした。
原作はもっとハードな展開だったので、そのあたりはずいぶんとソフトになっていました。
ちょっとソフトにしたところが少しアンバランス感になったのかな。

ところでsakuraiさんの家の方は大丈夫ですか?
おじゃまします。 (ピロEK)
2011-11-06 23:57:38
おじゃまします。

>一番問題になる夫婦の強い強い思いのために、タブーを犯すんではなく、それは

原作は未読(というか途中まで)なのでそのあたりが誰のせいなのかは分かりませんが、映画では子供の出来ない方への想いというよりも、主人公の体制への反発心の方がでかい気がしましたね(って、そういう意味ですか???)。
最初に出てくる医療過誤裁判で徹底的に戦う話の方が共感を持てたような気もします。

…まぁそんな脚本内のツッコミどころに関わらず、全体的にダメな映画だったという認識です。

では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿

さ行 日本映画」カテゴリの最新記事

10 トラックバック

ジーン・ワルツ (LOVE Cinemas 調布)
『チーム・バチスタの栄光』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の海堂尊のベストセラー小説を映画化。産科を中心とした現在の医療の問題点を描いた作品だ。主演は『パーマネント野ばら』の菅野美穂、共演に『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 』の...
ジーン・ワルツ (だらだら無気力ブログ)
『チーム・バチスタの栄光』の海堂尊によるベストセラー医療ミステリーを 「パーマネント野ばら」の菅野美穂主演で映画化。さまざまな問題が山積 する現代の産婦人科医療を背景に、現場で格闘する医師として体制に批判的 なヒロインが抱える葛藤と彼女を巡る疑惑の行方...
映画「ジーン・ワルツ」 (FREE TIME)
映画「ジーン・ワルツ」を鑑賞しました。
『ジーン・ワルツ』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ジーン・ワルツ」□監督 大谷健太郎 □脚本 林 民夫□原作 海堂 尊 □キャスト 菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、南 果歩、白石美帆、桐谷美玲、須賀貴匡、濱田マリ、大杉 漣、西村雅彦、片瀬那奈、風吹ジュン、浅丘ルリ子■鑑賞...
「ジーン・ワルツ」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 現役医師にして作家の海堂尊原作。様々な問題を抱えた現代の産婦人科学会に、敢然と立ち向かう孤高の女性医師の姿を、「NANA」の大谷健太郎監督、「Dolls」「パーマネン...
ジーン・ワルツ (映画的・絵画的・音楽的)
 遅ればせながら、『ジーン・ワルツ』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本年の出だしは、ここまで邦画でよさそうなものが少ないため、逆に洋画の方でいい作品・面白い作品が目白押しということもあって、邦画対洋画の比率が酷く洋画の方に偏ってしまっています。そうした....
「ジーン・ワルツ」 「システム」の限界 (はらやんの映画徒然草)
海堂尊さんの小説「ジーン・ワルツ」の映画化作品です。 小説のレビューのときも書い
ジーン・ワルツ (いやいやえん)
菅野美穂、田辺誠一共演。このキャストだけでも観る価値あったわ。 出産を中心としたヒューマンドラマ。海堂尊さん原作の小説を映画化したものだけれど、どうやら方向性がだいぶ違うようで? 実際に産婦人科が廃院したり、産婦人科医が少なく受け入れ拒否する場合もあ...
『ジーン・ワルツ』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
帝華大学病院で産婦人科の医師として働き、教鞭をもとる傍ら、閉院間近の小さな産婦人科医院マリアクリニックで院長代理を務める曾根崎理恵は、上司である保守派の教授からは煙たがられていた。 教授への昇進を確実視されている清川吾郎は、そんな彼女を複雑な想いで見つ...
【映画】ジーン・ワルツ…映画はヤッツケ風味。皺修正には尽力? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
「ハイペリオン」と「ハイペリオンの没落」を読み終え、昨日「エンディミオン」に突入したピロEKです ちょっと前の記事でちょこっとだけ触れましたが、先日我が家ではパナソニックのジョーバを購入しました(※先週の月曜日2011年10月17日納品)。 どうにも運動不足な...