迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ホテル・ルワンダから  ルワンダ考

2006年03月25日 | お勉強コーナー
~~「ホテル・ルワンダ」  ミニ歴史講座~ ルワンダ   アフリカ中央部にある小国   現在人口は約800万人   人口構成はフツ族・・85%   ツチ族・・14%   トワ族・・ 1%となっている。 映画の舞台になったのは1994年に起こった内戦による虐殺事件で、多数派のフツ族が、少数派のツチ族と穏健派のフツ族、約100万人もの人たちをわずか3ヶ月で虐殺したというもの。なぜ、このような . . . 本文を読む
コメント

ホテル・ルワンダ

2006年03月25日 | は行 外国映画
フランス資本の「ミル・コリン・ホテル」。宿泊客は主に外国人、記者、そして賄賂に預かろうとするルワンダ政府関係者やら軍関係者たち。さまざまな思惑を抱いた人たちが集まるホテルを仕切るのは支配人のポール・ルセサバギナ。少し前まで、別の外国資本のディプロマト・ホテルの支配人だったが、内戦悪化で「ミル・コリン・ホテル」のマネージャーが帰国したために、こっちのホテルを任せられる事になった。さすが外国資本の一流 . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (8)