川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

練習会

2016年09月29日 21時22分17秒 | ソフトテニス

(大宮第二公園テニスコートにて)

ひとりドライブだから、楽しいおしゃべりもなく間違えずに無事に会場に到着することが出来ました。
今日は、関東レディース大会と全日本シニアレディース大会の為の練習日です。
ユニフォームが配られ、集金、その他諸々の打ち合わせを済ませてから練習開始。
考えてみると、廻りは自分より上手い人達ばかりです。
途中から来て下さったKさんに「いろいろな人達と練習出来るいい機会よ」と言われたけれども・・・
でも、ここまで来てしまったら逃げる訳には行かないので、やるしかありません。
「同じ主婦がやっているのだからそんなに変わるはずがない!」
そう思い直して、コートに立ちました。
パートナーのWさんが“ハの字”にビシバシときめてくれて、頼もしい限り。私もつられて、気持ちよくラケットが振れたような気がします。

コートサイドでは、キンモクセイとギンモクセイが“王子様”と“お姫様”のように並んで咲き 、よい香りで応援してくれていました。
女人与一

コメント (2)

独活の大木

2016年09月24日 18時18分31秒 | ソフトテニス

 リバーの女性陣の願いが通じたのか、幸運にも智光山コートが取れました。11時前に智光山に着くと、パグちゃんを筆頭に黒と赤の淑女さん、女人与一さん、Mr.キャップさん、345さん、オシドリ夫人の姿があります。受付をして戻ると、起きないダルマさん、別式女さん、ラクダ姫さん、洛北の女(一番星)さん。このあと、チャリダーさん、Gマーさん、桜のウルトラマンNさんと塾長も。大会が迫っているからでしょう、怪しい空模様の下で熱のこもった練習が始まりました。

 ということで、私は散歩。時計回りに公園を巡りました。暗い雑木林の小道を進んで釣り堀の脇を抜け、宮沢湖から流れてきた清流沿いの木道をテクテク。そのまま、鯉が泳ぐ池の上を渡ってキャンプ場へ。芦に隠れた野鳥の姿を狙うカメラの放列を横目に、さらに行くと公園の外周道路に出ました。

 目の前の畑で、5ミリあまりの白い花を咲かせるのは「ソバ」です。南に向かう車が多い道端には「ヤマジノホトトギス」。動物公園の駐車場前の畑に、丸い花のようなもの発見。農作業の手を休めて談笑する方に尋ねると、予想通り「ウド(独活)」。3ミリくらいのツボミが集まって球状の花穂に。白い花はまだ咲いていません。葉や茎、芽は「山ウド」として食用に。株を地下の室に入れて栽培した白い茎は「白ウド」で、多摩地区の特産品です。車では気が付かない植物にたくさん出会えました。リバーの皆さん、大会頑張って! 私は「ウドの大木」と言われないようにしなくちゃ。でも、ウドは「木」ではないですよね。

 (64蛍)

コメント (2)

雨の中で

2016年09月23日 15時33分22秒 | ソフトテニス

「少しの雨なら智光山コートで」と決めていた今日の金曜練習会。
一旦は「中止」の連絡網が回りましたが「出来そうな感じね」とパグちゃんと相談して再度連絡網を回し、やることになりました。
コートに寄って、ボールを1かご車に積んで智光山へ。
途中、ぽつぽつと雨が落ちて来ましたが「この位の雨なら試合はある」と車を進めました。
今日の参加者は、遠いところを来て下さったコーチのKさん、パグちゃん、別式女さん、らくだ姫さん、起きないダルマさん345さん、私の7人。
乱打をたっぷりやってから、後衛3人が2コずつボールを持ち、前衛2人にボールを出して続ける練習です。
これは、前衛のローボレーと後衛のフットワークの練習になります。
そして、「試合はオムニコートだから、こういう場所で練習するのも大切」とKさん。
残念な事に1時間程で、本降りの雨になってしまいましたが、たっぷりと気持ちよい汗を流すことが出来て、身体が軽くなりました。
こんな天気の中、熱心に練習をした“ご褒美”は“まだ温かいコロッケ”
345さんがサイボクに寄って、揚げたてを買ってきて下さったのです。
「美味しかった!」 ご馳走様でした。
ボールを打つ感触を忘れないために、少しの時間でも練習が出来てよかったです。
女人与一
コメント (2)

西武沿線女子団体戦

2016年09月21日 20時21分46秒 | ソフトテニス
昨日、突然の召集電話で急遽この大会に参加することに。
リバーからは、既に出場が決まっていた別式女・Gマーペア、孝行娘さんの他に、Mrs.キャップさん、パグちゃん、私が加わって6人。
成績は良いものではありませんでしたが、来月に行われる予定のクラブ戦に向けて、修行を受けて来たような気がします。
試合が始まる前に、月一度指導に来て頂いているKさんとお話ししていた中で、おっしゃっていました。
「いくつになっても、沢山の試合に出ていろいろ経験することがよい結果を出すことに繋がる」のだと。
内心、「こんな所に私を引っ張り出して...」と思いましたが、反省しなければいけませんね。
さんざんな結果は、自分の至らなさ。
練習を重ねて頑張ります。

お菓子を差し入れて応援に来て下さった洛北の女さん、ありがとうございました。
女人与一



コメント (2)

命を繋いだ花

2016年09月20日 13時01分08秒 | ソフトテニス


昨年の夏から秋にかけてコートサイドに咲いていた花“ルドベキア”
Kコーチが植えて下さって、私達の心を癒し、楽しませて下さいました。
初冬に花が終わり種が採れたので、家に持ち帰って半分だけポットに蒔きました。水をあげて毎日観察するも、一向に芽が出て来ません。
どうやら“秋蒔き”は失敗してしまったようです。
念のために残して置いた半分の種を今春に再度蒔いてみました。
毎日見続けましたが、なかなか芽が出なくて諦めかけた頃、5本の芽(?) でも、「似たような雑草があったなぁ」と思いながらもせっせと水をやって育ててみました。
5本のうち1本は雑草と間違えてうっかり抜いてしまいましたが
残る4本はすくすくと育ち、9月に入って小さな蕾がだんだんと膨らみ、とうとう綺麗な花が咲きました。
蕾が沢山付いているので、これから次々に開きそうです。
“ルドベキア”思い出多いこのコートを忘れないように来年、再来年と咲かせ続けたいと思います。
女人与一

コメント (3)