川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

ふしぎの負け

2015年11月29日 20時03分06秒 | ソフトテニス
 ふじみ野市民大会に参加してきました。雨で順延されてOTAクラブのメンバーが出場できないため、2次会員の私にお鉢が回ってきたのです。男子のBクラスは、日程が重なった松戸市のオープン大会に回った方が出たとかで3ペアのリーグ戦を2回行うことになりました。
 最初の試合は、三芳の水曜会仲間のHさん。先行されましたが緊張感はなく、シーソーゲームをファイナルで逃げ切りました。続く対戦にも勝ってリーグ1回戦は2勝でトップに。おかしかったのは、Hさんとの2度目の対戦。先行しても追いつかれてゲームを落とし、ずるずると0-3。4ゲーム目もあっという間に0-3とされて、良いところなく敗れました。総合成績は3勝1敗、ゲーム差で2位。振り返ると、今年はこんな負け方が多かった気がします。「受け身の試合をしているから」とか「流れが一本調子」とか、さまざまのご意見をいただきます。「勝に不思議の勝あり、負けに不思議の負けなし」とは、あの野村監督の言。負けには、必ず理由があるはずなのですが、それがよく見えません。
 シーズンオフには自分の弱点のレシーブとサーブを強化して、来シーズンの捲土重来を目指します。(64蛍)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

布草履作り

2015年11月27日 21時09分36秒 | 日記
個人的にはテニスのシーズンオフに入りました。
今日は月一度のmeeting仲間の要請を受けて、布草履作りの講師(?)を勤めました。と言っても、私を入れて4人の仲間でです。ケーキやお茶を傍らに、おしゃべりをしながらの作業は楽しい時間でした。私以外の3人は布草履作り初体験でしたが、なんとか完成する事が出来ました。
皆さん大喜びで、「次は家族の分を作る」と張り切っていました。
古布を使って作る布草履は足に優しく、私は大好きです。
iwa-maru
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

”お土産”は野菜

2015年11月26日 08時50分34秒 | ソフトテニス
 玄関の扉を開けて雨空を見上げ、あきらめました。「午後からは晴」の予報ですが、たぶんコートは水浸し。2日連続で練習はお預け。先週の土曜日から3日連続で練習と大会がありましたから、丁度良い骨休めかも。勤労感謝の日の23日には、三芳町で開かれたオープン大会に参加しました。「たくさん、野菜をもらえるよ」と、大会の名前は聞いていましたが、参加するのは初めて。
 残念ながら桜やリバーの仲間の姿はありませんでしたが、半分以上は顔見知り。挨拶を交わしながら受付を終えて組み合わせを確認すると、シニアの部は3つのリーグで11ペア。私の箱は4ペアで、同じ「水曜会」メンバーのSさんペアとCさんペア、そして60歳を過ぎているのに県シニア50歳の部で活躍中のUさんペアです。最初の試合のSさんには、ボールを上手くつながれて完敗。一番楽しみにしていたのは、Uさんとの対決です。フェースブックの友達でもあるので、その活躍ぶりはよく知っていますが対戦するのは何年かぶり。後衛はこれも顔見知りで強打のSさんで、予想通り攻められて先行されました。しかし、ここから何とか粘って逆転勝ち。Uさんに勝ったのは初めてだと思います。Cさんにも勝ちましたが、2勝1敗で残念ながら決勝トーナメントには進めませんでした。キャベツ、ホウレンソウ、ネギ…参加賞の野菜は、家でも大喜び。鶏肉とエリンギなども加えてトマトスープ鍋にして美味しくいただきました。
 翌日、奥さんと買い物に出かけたコストコで、苦杯をなめさせられたSさんとばったり。決勝トーナメントでは百戦錬磨の「Mさんにゼロで負け、2位です」と教えてくれました。
 来週は、ふじみ野市の大会、12月の最初の日曜日は富士見市の大会に参加するつもり。これで、今年のソフトテニス競技会も打ち止めの予定です。(64蛍)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

OTA団体戦に参加

2015年11月22日 23時10分48秒 | ソフトテニス
OTAの団体戦の応援隊として、リバーから4人参加しました。
それぞれのチームに分かれて、敵味方としての対戦となる、なんともユニークで楽しい大会で、1日を楽しませていただきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皇帝ダリアが真っ盛り

2015年11月21日 17時47分07秒 | ソフトテニス
 昨日は、月1回開かれている、女性コーチによる女性だけの練習日。コーチのKさんは、埼玉県だけでなく、広く全国に名前を知られた前衛です。残念ながら男の私は参加できませんでしたが、前の日に雨上がりのコートを皆で整備しましたから、きっと快適に練習できたと思います。
 コートがあるのは、川越市笠幡。住宅街のど真ん中で、以前はクレーコートが2面ありましたが、いまは1面だけ。近くには小中学校があって下校途中の子供たちが大きな声を上げて元気に走ることも。西側の小さな神社の境内には、ここ山伝地区の公民館があります。地区の方たちがラジオ体操やお祭り、カラオケ大会などを行っているのが、コートからも見えます。私たちが練習を始めるのは午前10時ころですが、この前後に1台のトラックが決まったように隣の駐車場に帰ってきます。謹厳そうな運転手さんは、躊躇なくハンドルを切って自分の駐車位置にほぼ一度で車を止めます。たぶん、いつも夜間配送の仕事を終えて戻ってくるのだと思ってみています。コートで練習をしていると、ここ山伝地区の日常が見えてきます。でも、なぜ「山伝」というのかは、クラブのメンバーに聞いても分かりません。
 コート入り口前のお宅では、薄紫にちょとだけ赤を染め残したような丈の高い美しい花が真っ盛り。皇帝ダリアだそうです。幹の太さが7、8センチほどもあり、1か月ほど前に軒の高さほどのところに花を3輪咲かせたかと思ったら、後は一気に増やして今では30輪を超えました。たまたま、通りかかった方が競い合う美しい花にカメラを向ける姿も見かけました。
 きょうは、私も参加させていただける練習日。花とソフトテニスを楽しみました。いつか、皆さんもコートにお出かけになりませんか。ご連絡は、「リバーの小部屋」(http://www.maroon.dti.ne.jp/sayama-sakura/kobeya/kobeya.html)からどうぞ。お待ちしています。(64蛍)
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加