川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

素振りの花

2018年09月11日 14時40分49秒 | ソフトテニス

 火曜日。リバーの練習日ですが、足のコンディションを考えて休養日です。寝床を抜け出し、張りが残るふくらはぎを軽くもみほぐし、そしてストレッチ。正直に言えば、皆さんの顔を拝見しに出かけるかどうか迷いました。でも、我慢することに。

 雨戸を開けると、沓脱に置いた水鉢のメダカが餌をねだって一斉に水面に浮上してきます。メダカは2つの水鉢の他に備前焼の壺とプラスチックの水槽にもいます。いずれも庭に置きっぱなし。数えたことはありませんが、合わせて100匹を超えているかも。口が50センチ位の備前焼の壺は、胴の真ん中から水漏れするので横に寝かせています。メダカを入れて飼い始めて4、5年。ほとんど水をかえた記憶がありません。水草を入れていますが、ひょっとしたら壺に通気性があって水質の劣化を防いでいるのかも。

 蚊に刺されないうちにと、4カ所のメダカに急いで餌を与えて、こちらも朝食。テニスに行かないのでお結びはいらないので、ご飯を炊かずにパンにしました。朝食を済ませるとラケットを握って玄関先へ。腹ごなしの素振りです。踏み込む足に張りが残り、微かに筋肉痛も。目の前に見える紅色の花房を見ながらフォアとバックで30振り。的にしたのは背丈が150センチ位の「オオケタデ(大毛蓼)」。名前の通り幹や枝に細かな毛を生やし、別名は「オオベニタデ」。中国などが原産地で江戸時代に日本に。昔は葉や茎などを虫刺されの解毒薬として使ったそうです。部屋にもどってMLB中継を観戦、大谷君の打席以外は読書。リバーの練習は間もなく終了かな。こちらは散歩です。

(64蛍)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 飛びかかる花 | トップ | “傘を差す”花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ソフトテニス」カテゴリの最新記事