川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

飛びかかる花

2018年09月10日 20時10分26秒 | ソフトテニス

 目覚めて枕元の時計を見ると午前5時半過ぎ。「もうひと眠り」と思いましたが、頭がスッキリしてきて2度寝は難しそう。少しの間、床の中でグズグズしてから起き出しました。左のふくらはぎが痛みます。前日のテニス大会の決勝で左足が痙攣。一度は「タイム」を取り、仲間がもって来てくれた消炎スプレーを患部に噴射。さらにどなたかが下さった痙攣止の漢方薬を飲んで再びゲームに臨みました。しかし、5分もしないうちに今度は右足にも痙攣が起きました。「これはダメだ」と諦めて審判に棄権を申し出ました。

 ペアを組んだのは、全日本シニアに初めてコンビを組むAさん。1カ月ほど前から合同練習を始め、この日の大会は調整とコンビネーションの確認をかねたもの。少し残念な結果でしたが、足の方は大きな問題はなさそう。でも、Aさんからは「きょうの問題点を確認しようね」と宿題が出ました。ということで①しっかりネットに付くことを基本とする②ゲームの中で前後の動きを素早く行う③レシーブは腕をしっかり振る④すべてに思い切りよく動く。

 こんなことを考えながら、時季が終わった庭のトマトを引き抜き、玄関前の落ち葉を掃き清め、乾き始めた草花の鉢に水を遣りました。写真の群青色の花は「サルビア・ガラニチカ」。以前、ヘビが飛びかかるように見えると紹介しました。3センチぐらいですが、やはり大きな口が怖そうです。昨日、応援してくださった皆さん。そして、足の治療や帰り道を心配してくださった皆さん。本当に有難うございました。次は足が攣らないように気を付けます。

 (64蛍)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 下手のよこずき | トップ | 素振りの花 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます。 (345)
2018-09-10 23:21:31
準優勝おめでとうございます。
足の具合が後を引くほどのつり具合でなくて、良かったですね!準決勝での粘りは応援していて学ぶところが沢山ありました。逆転勝ち出来るのは本当に力があるからだと思います。    (345)

コメントを投稿

ソフトテニス」カテゴリの最新記事