川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

アドリア海の花

2018年05月13日 17時45分05秒 | ソフトテニス

 何とも忙しい一日でした。参加しませんでしたが市長杯テニス大会の日。大会はコート代節約のため朝のコート開放はナシで、いきなり本番です。参加する8人のうち何人かは「朝練がしたい」と。前夜遅くに急きょ、7時からのコートが確保できたので6人が集合しました。予約者として5時半起でコートへ。時折雨がぱらつく中で、少しだけ練習に付き合ってから智光山を散歩しました。

 10時過ぎに着いたバラ園では、若い男女や犬を散歩させる熟年ご夫婦たちが、赤、白、黄色、複色…バラをカメラに。お隣さんのカメラアングルを邪魔しないようにして撮影したのがきょうの花です。名札には「ミラマーレ」、2002年に京成バラ園が作出したことが書かれています。真ん中が黄色でそれを囲むように赤い輪が広がっていて、どことなくエキゾチック。リバーの女性陣を思わせる、暖かい感じのバラ。四季咲きだそうです。

 同じ名前のホテルがあって、そのHPには「ミラ」はイタリア語で「望む」で「マーレ」は「海」、造語だとか。もう少し調べると、イタリアの北東部の港湾都市トリエステには「ミラマーレ」という1860年ごろに建てられた城があるそうです。建てたのは当時のオーストラリアのマクシミリアン大公。アドリア海に面した崖に立つ美しい城。ここも、いつか訪ねてみたいですね。散歩の後はジャクパで桜の練習。大会でストレスを溜めてきた3人も加わりましたが、終了間際には雨が本降りとなり、追われるように解散しました。火曜日はリバーの練習です。

(64蛍)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Thinking Timeの花 | トップ | 文豪を鎮めた花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ソフトテニス」カテゴリの最新記事