川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

Thinking Timeの花

2018年05月12日 17時11分14秒 | ソフトテニス

 土曜日はリバーの練習日です。「暑くなるだろう」との予報なので、天幕やビニールシートを張って急造の日除け。少し見苦しいけれど、日をまともに浴びるよりはまし。「どんな当たり損ねでも、ネットを越えればいい」-見かけより結果重視は、テニスと同じかな⁉ 10時から15時まで、男女合わせて22人が、時間を忘れて白いボールを追い掛けました。

 花です。数日前の雨上がり。当てもなく歩くうち、畑地が広がる堀兼というところに出ました。緑の畑にポツンポツンと白い花。「ジャガイモ」です。南米アンデスが原産地。コロンブスがアメリカ大陸を発見した後、ヨーロッパへ。日本には16世紀末、オランダ人がジャワ島(インドネシア)のジャカルタから長崎・出島に。ジャカルタから来たイモだから「ジャガイモ」と。もうひとつの「馬鈴薯(ばれいしょ)」は、中国名を日本語読みしたのだそうです。

 花の色でおおよその種類が分かるようです。白花は「トヨシロ」「さやか」「スノーデン」などでポテトチップスやサラダ用に。白に紫が混じるのは「男爵薯」や「メークイン」「キタアカリ」で生食が主。男爵はポテトサラダなど、メークインはカレー、ポトフ、シチューに。この辺はリバーの皆さんの方が詳しいですね。そして紫や青紫は「レッドムーン「ピルカ」「ワセシロ」などで、これも生食だとか。実に多彩な顔ぶれです。いつか、散歩をしていてジャガイモの花に出会ったら、しばし立ち止まり「君は誰?」と尋ねてください。「Thinking Timeです」。申し訳ないけれど、写真は“誰なのか”分かりません。次のリバーの練習は火曜日です。時間のある方は、集合ですよ。

(64蛍)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 富士の裾野の花 | トップ | アドリア海の花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ソフトテニス」カテゴリの最新記事