川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

“傘を差す”花

2018年09月12日 20時01分42秒 | ソフトテニス

 右のふくらはぎにまだ痛みが残るので、3日連続の休養日に。起きたのは5時前でした。ハワイの娘から「お母さんを送り出しました」というメールで、意を決して床を抜け出し、コメを2合研いで炊飯器へ。氷も5個ほど入れて冷やし、30分ほどしてからスイッチオン。いつものように庭のメダカたちに餌を与えて戻って、痛みが残る足に消炎剤を塗り込みました。

 朝食を食べて、文庫本を広げました。でも、娘のメールに「今回もバタバタだったけど、何度経験しても寂しい。あぁ~寂しいい。やっぱり寂しい」と、あったのを思い出して本を閉じました。そして散歩へ。普段は歩かない裏道を進んでいて黄色い花に出会いました。葉の脇から2、3センチ位の5弁の花を一輪ずつつけています。何となく、傘を差しているように見えませんか。帰って調べると「カラスノゴマ(烏の胡麻)」というそうです。花の後につく種子が、ゴマに似ているから付いた名前だとか。

 写真を撮り、顔を上げると「パ~ン」と乾いた音。中学校の方から歓声も聞こえました。運動会が行われているようです。私も子供の頃は少しだけすばしこかったので、小中学校ではリレーの選手でした。運動会が近づくと母に徒競走で履く白い「すっぽん足袋」を買ってもらったのを思い出します。なぜ、「すっぽん足袋」というのか分かりませんが、かつてオリンピックやボストンマラソンなどで日本選手が履いて走った足袋の型をしたランニングシューズ。あすは4日ぶりにテニスコートに立てそうです。

(64蛍)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 素振りの花 | トップ | パイプの花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ソフトテニス」カテゴリの最新記事