川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

重ね咲きの花

2018年06月19日 18時03分07秒 | ソフトテニス

 リバーの火曜の練習はKコーチの指導日。乱打から始めて、前衛のボレーとスマッシュ、そして後衛のロブ練習。最後にサーブ練習をすませてから、何時ものように総合練習です。一人、2回から4回の試合をこなして午後3時で解散となりました。天気が良いので、智光山の植物園に寄り道。やはり梅雨の晴れ間を狙ったのか、一眼レフカメラを花に向ける先客が何人か。先日ご紹介した天鵞絨毛蕊花(びろーどもうずいか)は首をたれかけていましたが、紫のラベンダーや赤と白のチェリーセイジ、淡いピンクのレモンタイム、そして十字型の白いルッコラなど、盛りを迎えたハーブの仲間が強い香りを放っていました。

 薬草園を一回りしたところで出会ったのが写真の「八重のキキョウ」。二つの花が重なっように見えます。ご存知のように、秋の七草です。「まだ夏至も迎えていないのに」と思いますが、花期は6月から11月頃まで。名前が中国名の「桔梗」が音読みの「きちこう」から「ききょう」になったと。英名にはツボミから「バルンフラワー(Balloon flower)」とも。

 ところで、きょう6月19日は無頼派の作家、太宰治の「桜桃忌」。文学忌は作家の亡くなった日ですが、昭和23年6月13日に玉川上水で入水心中した太宰の場合は遺体が見つかった日、そして誕生日です。太宰の墓がある三鷹のお寺では、きっとお参りするファンの姿が見られたと思います。明日は水曜会テニスですが“雨天中止”でしょうか。リバーの次の練習は木曜日。これも怪しいかも。でも、雨が止んでいれば集合ですね。さあ、今夜はW杯サッカーの日本ーコロンビア戦を観戦するとしますか。

(64蛍)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 松明の様な花 | トップ | 根津散歩の花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ソフトテニス」カテゴリの最新記事