川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

青空に溶け込む花

2018年04月20日 17時56分25秒 | ソフトテニス

 昨日のブログの続きです。間もなく、ジャクパのコートでもホトトギスの声を聞くことが出来るだろうと書きました。「本当に?」ですよね。まんざら根拠がない訳ではありません。コートサイドでは、いまウグイスが鳴いていますよね。これがヒント。カッコウの仲間のホトトギスはウグイスなどの巣に自分の卵を産み、代わりに雛を育ててもらいます。「托卵」という行動。ということは、ジャクパのコートサイドで鳴くウグイスも“代理親”になる可能性があります。インドや中国南部で越冬した群れは、5月ころには日本に。体長は30センチ弱、背中は灰色、お腹は白く横縞が入っているそうです。嘴が赤く、これが「泣いて血を吐くホトトギス」と言われる所以(ゆえん)です。皆さん、「トッキョキョカキョク」の声がしたら探しましょう。

 いつもなら土曜日に行われるリバーの練習が、コート確保の都合で1日繰り上がって金曜日に。それをパスして奥さんを案内したのは、ネモフィラが見ごろだという「国営ひたち海浜公園」です。家を出たのが9時前で、高速出口で渋滞があり海浜公園に着いたのは11時半前。「瑠璃唐草(るりからくさ)」とも呼ばれる青いネモフィラが咲く「見晴らしの丘」までは、ゲートから10分ほど。斜面に沿って植えられた3センチ弱の花は「インシグニスブルー」という品種ですが白も。450万本の花は丘の頂上で青空と一体化していました。

 頂上からは太平洋が目の前に。暑かったけれど風が心地よく、しばし浮世を忘れて眼下の風景を堪能してきました。次のリバーの練習は、火曜日。気分を一新して頑張ります。

(64蛍)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 唱歌の花 | トップ | 地獄に蓋する花 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブルー&ブルーの世界 (iwa-maru)
2018-04-20 19:46:16
見事なネモフィラ。天候にも恵まれてお出かけしたかいがありましたね。
今日のコートサイドでは「ちょっとこいちょっとこい」と鳴いていましたよ。Gーマーさんが「コジュケイでしょう」と教えてくれました。
今が見頃に (一番星🌠)
2018-04-21 19:47:12
綺麗ですね
私も昨年ツアーで見に行きました
ゴールデンウィークまっただ中で
渋滞のなかバスに乗っている時間の
方がながいツアーでしたが
見応えはありましたね

コメントを投稿

ソフトテニス」カテゴリの最新記事