川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

風に羽ばたく花

2018年05月25日 18時31分23秒 | ソフトテニス

 リバーの練習日。明日から山梨で関東大会が行われるので、若い種別の方は午後には現地入りでしょうか。リバーでも明日早朝に出発するグループと、「(大会は)1日制なので、ゆっくり行きます」というグループが最後の調整練習です。前衛は左右の正面ボレーとハーフボレーと正面ボレーを組み合わせたコンビネーション練習を20分ほど。後衛はフォアサイドとバックサイドでのストローク練習です。

 サーブ&レシーブ練習の後は、昼食をはさんで総合練習。サーブのルーティーンと、ネットからの立ち位置を確認するとともに、重心を下げてプレーすることを心がけました。本番では、ゲームに集中して練習の中で確立してきたことを守り、思い切りよくプレーするつもり。いつものように3時で解散。帰る途中の畑脇で風に揺れていた青い花の写真を撮りました。 多分、1年前にもご紹介したかもしれない「ラークスパー(Lark‐spur)」。ラークは「ヒバリ」でスパーは「蹴爪」です。花の裏側に伸びる「距(きょ)」と呼ばれる器官が鳥の蹴爪の湯だからだと思います。「ヒエンソウ(飛燕草)」や「チドリソウ(千鳥草)」とも。白花やピンクもあり、ジャクパ西側の荒地でも風の中をツバメが飛翔するように揺れる花を見かけました。

 明日は昼過ぎに甲府に向けて出発、プレー会場の山梨大学などを確認してから宿舎へ。ともかく、思い切りよく戦うだけ。結果は、いずれご報告します。リバーの次の練習は来週火曜日、時間がる方やソフトテニスに関心がある方はお越しくださいね。

(64蛍)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “神の実”の花 | トップ | ニキビを治す花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ソフトテニス」カテゴリの最新記事