川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

赤い実を結ぶ花

2018年05月22日 17時16分33秒 | ソフトテニス

 リバーの練習はKコーチの指導日。2日前の県春季シニアの男子75で優勝したレフティー名人や女子60で3位になった別式女・Gマーペアも参加して、週末に山梨で行われる関東大会に向けて調整です。乱打を終えて始まったのは、前衛を立ててのストローク練習。1面では正クロスで、もう1面ではストレートで打ち合う後衛の球を前衛がポーチします。後衛は単にかわすのではなく、出て来る前衛を良く見て球を引き付けて出来るだけシュートで打つ。または、動いた前衛の裏にシュートします。かなり実戦的でした。この後は、すぐに総合練習。さて、ストローク練習の成果はあったでしょうか…。

 練習の合間に、コート入り口に紙袋に入れられた植物を見つけました。花はまだですが、葉を見ると「ハマナス(浜茄子、花梨)」。2年前の7月、上越で行われた東日本大会に参加した時に、コートサイドで沢山の赤い実を見つけてブログでも紹介しました。5~8月に濃いピンクの7、8センチ位の花を付けます。8~10月に結ぶ3センチ位の実は、ビタミンCが豊富で「ローズヒップ」としてジャムや食用にされたり、花と共にお茶に。2週間ほど前に智光山の薬草園で花に出会い、写真を撮りました。ちなみに「ヒップ」は「お尻」ではなくて「バラの実」のこと。だから「ローズ」を付ける必要はないのかも。赤い実がナシのような形だから「ハマナシ→ハマナス」と。野生のものは海岸沿いの砂地に自生します。

 どうやら紙袋のハマナスは、Mrsキャップさんから黒と赤の淑女さんへのプレゼント。お茶やジャムにできるほどに育つと良いですね。次のリバーの練習は木曜日ですよ。

(64蛍)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 眺め歩いた花 | トップ | 葉に雪積む花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ソフトテニス」カテゴリの最新記事