川越リバーのブログ

ソフトテニスが大好きな「川越リバー」の動向です。HP「リバーの小部屋」も訪ねてくださいね、会員も募集中です

殿堂入りした花

2018年05月16日 17時13分04秒 | ソフトテニス

 野球に余り関心のない方でも、米大リーグ(MLB)で投打の二刀流としてベーブルースに並ぶかと注目されている大谷翔平は、ご存知ですよね。そのMLBや日本のプロ野球には「野球殿堂」があって、名選手たちが投票で選ばれて顕彰されています。日本ではスタルヒンに始まって、長嶋や王、私が最も好きだった怪童・中西太らが“殿堂入り”。変わったところでは大の野球好きで、まだ野球という言葉が定まっていないころに「野球(のぼーる)」という雅号を使った俳人、正岡子規も2002年に選出されています。

 いきなり脱線しましたが、きょうの花は上品なパステルピンクのバラ。昨日、テニスの帰りに立ち寄った智光山のバラ園で出会った「ボニカ‘82」です。バラの世界にも殿堂があるそうです。3年に一度開かれる世界バラ会議で「世界中で愛されるバラ」を選んで殿堂入りさせるのだとか。1976年に選ばれたピースが最初で、これまでに16種。昨年ご紹介した「アイスバーグ」や、この「ボニカ‘82」も2003年に選ばれています。ボニカ’82は花径8センチ位、半つる性。「ボニカ」は女性の名前でしょうか? 調べましたが分かりません。

 水曜会テニスの日。先日、急死したNさん一人におんぶにだっこだった運営が、幹事さん6人の合同運営に変わって最初の練習日でした。何時もの通り、粛々と練習が続き、3時まで。2人のKコーチと、東松山のAさんもやって来て良い練習が出来ました。明日はリバーの月一Kコーチの日です。時間がある方は集合ですよ。

(64蛍)

コメント