つづりかた教室

自分の生きている足跡を残してみようかなあ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

京都の結婚式

2007-05-30 | Weblog
全ての写真の上でクリックしてください
5月28日(月)主人の弟の次女(姪)の結婚式に列席するため、京都まで1人旅をしました。
昨年は北海道の1人旅でしたが、知人が全て手配をしてくれ、空港まで迎えに来てもらう旅でした。
今回は結婚式場に指定された日時に行くための手配を自分でしなければなりません。
幸い京都生まれの友人S・Sさんのお世話で、JR東海ツアーズで新幹線往復位の料金のフリープラン京都1泊のチケットを購入し、思いかけず優雅な体験をすることができました。


日曜日の午後、ゆっくり東京を発ち、京都駅前の新都ホテルに夕方着きました。大津市石山寺に住む妹の長女がホテルまで会いに来てくれました。こちらの姪は2人の大学生の母になり、すっかり話し言葉が京都弁になっています。
1人では広過ぎるくらいの部屋でお茶を飲んだり、おしゃべりしたり、松原教室で作成した3冊のミニアルバムを手に近況を伝えたりしました。
駅前のレストラン通りで一緒に夕食をとった後、別れましたが、滅多にない機会が持ててとても嬉しかったです。翌朝はホテルのレストランで遅い朝食をゆっくりとって、チェックアウトしました。


結婚式場のザ・リバー・オリエンタルはタクシーで15分程の所、鴨川の五条大橋の近くにある古い木造の建物で、運転士さんによると割烹旅館が変身したのだそうです。鴨川に釣り糸を垂れている人や遠くに五重塔や仏像らしき物が見えました。下の写真は80年も前に作られた木造のエレベーターです。昇降は自動で操作しますが、ドアーの開閉は外で係りの人が手動でします。インターフォンで乗降の様子を伝えていました。


姪は徳島県出身で、京都の大学を出てそのまま京都に在住し、パティシェ(ケーキ職人)になりました。美容師の彼とは在学中のバイト先で知り合い、長いお付き合いで結ばれたそうです。共通の友人が多くスピーチや歌の他、独創性のあるショーも見せてくれました。美容師の彼のヘアースタイルに驚きましたが、二次会で「断髪式」を予定しているそうです。ドレスから和服のお色直しも驚きですが、2人の髪型も斬新でした。プロカメラマンの他、友人たちもデジカメを駆使していましたが、私も彼らに混じってミニアルバムをプレゼントしたくてシャッターを押し続けていました。

私のブログには欠かせないお料理の写真!とても細やかな気配りのあるお料理の数々でした。多数の人たちにもかかわらず、温かなお料理は食器も温めてあり、食べやすいようにとお箸も添えてあり、スタッフの心意気が伝わってきました。とても美味しく全て平らげてしまいました。(焼きたてのパンは写真を撮るのを忘れてしまい残念!)
コメント (15)

「もみじの会」戸外活動

2007-05-19 | Weblog
「もみじの会」は年間、お料理・鑑賞・旅行などの活動をしていますが、風薫るさわやかな5月、深川方面の戸外活動がありました。
幹事さんたちが下見をして、一行15名をスムーズに案内され、楽しい1日を過ごしてきました。
都営京王新線で「森下」駅で都営大江戸線に乗り換え、次の「清澄白川」駅で下車、先ず、深川江戸博物館に入館しました

深川江戸博物館
全ての写真をマウスオンしてからクリックしてください
いざ江戸の町にタイムスリップ!

どこか懐かしい庶民の生活です実物と見違えそうな細工で当時の生活を表現しています

お食事処へ
お食事の予約をしてありました江戸博物館あたりの街並みも江戸情緒がありました。商店やトイレまで・・・
江戸時代のお土産屋さん。本店と2号店とをご夫婦で営んでいるそうです。
15人分を1つずつ仕上げる”深川あさり丼”の味は現代人の舌を満足させ、とても美味しかったです。

都指定名勝 清澄庭園
どれも写真を撮りたくなるような被写体でした昼食後は紀伊国屋文左衛門の屋敷跡~岩崎弥太郎の手を経て造園された「回遊式林泉庭園」を散策しました。
隅田川の水を引いた大泉水や全国から取り寄せた明石など、景観が心を癒し、目を楽しませてくれました。
庭内には大正記念館や涼亭の集会施設があり、結婚披露宴らしき集いも見られました。
ちなみに私の息子夫婦も涼亭を利用して結納しましたので、その日を懐かしく思い出しました。


明治時代の代表的な庭園です大きな亀に乗っている亀さんに見えませんか

ティタイム
庭園散策の後は幹事さんが予約してくださっていたコーヒーショップでケーキと飲み物で、のどを潤し、一休みして解散しました。
幹事さんたちの細やかなご配慮で、楽しい戸外での1日を過ごせて、とても嬉しかったです。




コメント (12)

私のゴールデンウイーク

2007-05-08 | Weblog
今年もゴールデンウイークは孫たちと過ごしました。5歳と2歳の孫たちが主役の長男家族と連日行動を共にして、満たされた日々を送りました。
<その1>
荒川の河川敷でのバーベーキューは義娘のお姉さんご夫婦の主催で、18名の人たちが集いました。

全ての写真の上でポインターを合わせてからクリックしてください
この川岸にバーベーキューの設備が整っています青空の下、ビール片手に味は最高!
この川に釣り竿を仕掛けている人がいて、1メートルの鯉を狙っていました。
70センチの鯉はすぐに川に放たれました冷蔵庫で冷やされた西瓜の美味しかったこと!


肝心のアンパンマンは首が垂れて映像になりませんでした<その2>
ゴールデンウイークにデパートの屋上では連日子どもたちの人気キャラクターのショーがありました。
アンパンマンショーを見るために9時半に家を出て、息子家族は青いシートの最前列に席を確保しました。私はシートの後ろの椅子席でカメラを構えていました。孫たちは乗り物に乗ったり、お子様ランチで大満足したことでしょう。

[<その3>
「みどりの日」には神代植物公園と動物霊園に行ってきました。調布警察署の前を野川に沿ってベビーカーを押しながらのウオーキングです。好天に恵まれ、健康に過ごせた私のゴールデンウイーク。日焼けはまあ、しょうがないことにしましょう。

鴨や亀さんの他に鯉も泳いでいました。バラはこれからが最盛期です。
コメント (22)