真夜中に、一人で書いたラブレター 

笛!がすきです。ジャンプは生活の一部です。現在おおふり警報発令中。
割と普通にBL要素チラリズム傾向なので、ご注意を。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年もお世話になりました (ジャンプ4、5号合併号感想)

2005年12月27日 11時44分09秒 | WJ感想(毎週)
(ハンター以外の)休載が無かったせいなのか、久しぶりに読んだ!という満足感がありました。いろんな企画からハンターの存在が抹殺されていることに、百抹くらいの不安がよぎりつつも… 仕事納めが早すぎる…

>ブリーチ

日番谷が、とうとう鉄壁のNo.2を切り崩しおった! しかも一護ともかなりの僅差だね! 組織票の匂いぷんぷんだけどね! おかげでカラーで大きな日番谷が拝めて、私はとても嬉しい。 しかしこの衣装がまた、なんとも久保先生らしいというか、ね。 いやカッコイイんだけど、ね。 もう少し時期が遅かったら、ゆみちかも入ってきたと思うのに。

さて、本編。 ちょっ、何すんの! 顔はやめて! 日番谷隊長はスペイン語まで理解できちゃうんですね。 そんなことより、限定解除ですけどね。 ああ、そういや、そんな設定もありましたよね…な。 うっっっっっすら覚えてはいたんですが、まさかこんな危機的状況で、律儀にそんなん守っていたとは思わなんだ。 なるほど、あいつは三席だから制限されてなかったわけね。 へー、ほー。

それにしても。

日 「…やっと来たか」

恋 「待ちくたびれたぜ!」

何故だろう、恋次だけ負け惜しみのように聞こえてしまうこの不思議。 何はともあれ、新年早々日番谷の活躍が期待できそうなので、お楽しみはこれからだ! 恋次くんのうんちくを信じるなら、×5、だったっけか、確か。 ていうか、今までは5分の1の力で卍解してたってことなのか、すげえな、天才児。

どうでもいいけど、『十刃』と聞いて、ついつい某明治剣客浪漫譚の『十本刀』を連想しちゃったのは私だけじゃないと思う。 それから「穴アキにする」なんて、元々穴開いてるやつには言われたかないや。

>リボーン

ツナの仮面を被った別人がいる。いや、もう見た目すらツナと判断していいものかどうか。誰、この男前!

隼人の体でツナを攻撃してるの見るのはつらい… ひいいいい、やめて!ほんと!これ本人が知ったら、切腹するとか言い出してもおかしくないよね… あ、まじで言いそう。いろいろと落ち着かないので、やっぱり骸は骸のままでいてくれるのが一番だと思った。

>ですの

「ニア、早い!」

ほんとにな!またまた、ニアの一人スピード推理劇場が展開されています。字が詰まり過ぎてて読むの面倒… と思いつつも目を通したら、字面を追っただけなのに、なんかちょっと自分まで頭よくなったかのような錯覚に陥った。

メ ロ ?

>読み切り

何がすごいって、今時「ミステリー研究会」なんていうお決まり設定を堂々と持って来れるところだと思う。

***

認めたくないけれど、いつの間にかブリーチを真面目に読んでいる自分がいる… こんな後付け設定だらけの漫画に、そして毎回サブタイトルが英語の漫画に、けしてハマってなるものかと思っていたのに!悔しい!
それに、ここんとこリボーン感想短いよな。看板に偽り有りすぎだよな。面白いんだけどね。
コメント   この記事についてブログを書く
« 種のあれ | トップ | よくもまあ飽きもせずに »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

WJ感想(毎週)」カテゴリの最新記事