声楽 レッスン 埼玉 越谷 レイクタウン サクラダ音楽教室http://www.sakuon.com

声楽レッスンのアドヴァイス
サクラダ音楽教室の講師
 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シューベルト ロザムンデ

2013-06-14 21:46:48 | 日記

この日のレッスン

コンコーネ20、21

ドナウディ 明るいなつかしいの地よ

イタリア歌曲 愛の喜び

シューベルト 鱒

シューベルト ロザムンデ劇「ロザムンデ」のためのロマンツェ

 

サクラダ音楽教室でずっとピアノと声楽を月2回レッスンされています。

シューベルトがライフワークとのことです。

最後のロザムンデは私も知らなかった曲で、ご自分で選曲されて

楽譜もご用意されてきました。

とっても素敵な曲です。

渋いけれどとっても素敵なチョイスです。

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

立教ゲスト 音楽史の名曲

2013-06-11 22:47:41 | 日記

昨年に引き続き今年も立教大学にてゲストティーチャーとしてお邪魔してきました。

星野先生のキリスト教音楽の授業の中で

一講義、音楽史の名曲を主人のリュートで歌ってきました。

80名くらい、一年生の皆さんが真剣に聴いてくださいました。

グリーンスリーブスから始まって、デュファイ、ジョスカンデプレ

セルミジ、ダウランド、カッチーニ、モンテヴェルディなどです。

音楽史とあわせて当時の美術

町や統治者の話、カール大帝やエリザベル1世などの話と

ともに聴いていただきました。

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

岡井結花 レ・ミゼラブルコーラス

2013-05-27 22:46:04 | 日記

先週、帝国劇場で「レ・ミゼラブル」行ってきました。

素晴らしい公演でした!

コーラスで岡井結花ちゃんが出演。

コーラスとはいえ、短いソロが何回もあって

パンチの効いた素敵な声でした。

彼女の出ているレミゼを見れるなんて感無量です!

彼女は高校時代三年間、サクラダ音楽教室で声楽とピアノ、ソルフェージュを勉強しました。

これからの活躍が楽しみです

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日のレッスン3月

2013-03-10 15:49:05 | 日記

今日の声楽レッスンは二人。

もちろん合間にはピアノの生徒さんたちがレッスンに来ます。

 

一人目

コンコーネ27.28

チェスティ   Intorno all'idol mio(私の偶像である人の回りに) イタリア歌曲2

モーツアルト Ridente la calma(静かな微笑みが) イタリア歌曲2

プッチーニ   O mio babbino caro(私のお父さん) オペラ「ジャンニ・スキッキ」

Ridente la calmaは少しキーが高いので少し冒険でした。

先月まではなかなかむずかしかったですが、今日はバッチリ。

ご本人によると

「高音も出るようにいつも以上に足の指を広げて

しっかり立って足の後ろもしっかりしたのでふくらはぎが痛い」

とのことでした。

 

二人目

コンコーネ19.20

A.スカルラッティ    Se Florindo e fedele (フロリンドが誠実なら)

チェスティ    Tu mancavi a tormentarmi(お前は私を苦しめていなかったのに)

 

Tu mancavi カッコいい曲です。特に中間部。

譜読みがとても早くて、予習もできる方なので

一回目のレッスンからフルボイスで息もしっかり

ある程度雰囲気もつけて歌えます。

そこまでくるのに何回ものレッスンが必要な方と比べると

曲がたくさんできていろんなことを経験できるのでとてもいいです。

川崎のほうから頑張って通ってきています。

武蔵野線強風でとまっちゃったけど帰れたかなあ。 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

フオーレ歌曲

2013-02-26 19:57:38 | 日記

昨日の声楽レッスンは二人。ひさしぶりにレッスンの様子を。

フランス歌曲、フォーレはどれもとても素敵な曲です。

メロディーがなめらかで高低が少なく、歌いやすい曲が多いです。

リディアは美しい女性の名前ですが

教会旋法のリディア旋法で作曲されていてとてもオシャレです。

フランス語はとても声楽にあっている言語と言われています。

日本語や英語、ドイツ語などよりよっぽど声楽的です。

慣れるまでちょっと大変ですが

詩自体が味わい深いものが多いのでやりがいがありますね。

フォーレは教会のオルガニストだったからでしょうか

どの曲もピアノ伴奏はオルガンの音(のイメージ)がします。

 

一人目

フォーレ リディア

      五月

イタリア歌曲 Segui,segui

 

二人目

コンコーネ17番 18番

ドナウディ O del mio amato ben

モーツアルト ケルビーノのアリア Voi che sapete

シューベルト セレナーデ

         アリエッテ

       

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12月9日サンシティリハーサル 二人の名女優

2012-11-30 20:46:04 | 日記

12月9日 越谷サンシティコンサート
後半のプログラムで岡井結花さんがミス・サイゴンから
「命をあげよう」を歌います。
先日子役のお子さんとリハーサルがありました。
教室でピアノを習っている4歳のお子さんです。
結花さんとの初めての顔あわせで「あわてんぼうのサンタクロース」を歌ってくれました。
お二人のステージ楽しみです。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12月9日(日)11時 越谷サンシティ コンサート

2012-11-22 20:19:14 | 日記

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ムジカ・エランテ コンサート 修了しました

2012-11-10 22:05:19 | 日記


ティアラこうとうの素敵なホールで昼、夜の二回公演 修了しました。


静かな音楽で、オペラや歌曲とはまた
違った渋いマニアックな世界です。

わざわざ足を運んで下さった方、ありがとうございました。
 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

古楽のコンサート ムジカ・エランテご案内 楽譜編 その2 「優しい鳥たちよ、奪わないでほしい」

2012-10-30 16:05:06 | 日記



  優しい鳥たちよ、奪わないでほしい (バートレット作曲)

〈第一部〉
不快な思いでいっぱいな私は
シルヴェーヌ(森の神)の棲家に行った
憂いに満ちた心を軽くするために
そして翼のある者たちが
いつも耳を楽しませてくれる心地良い調べを奏でることで
傷ついた我が心に与えてくれる慰めを見つけるために
優しい鳥たちよ、こんなにも心地良い調べを奪わないでほしい

〈第二部〉
ツグミが澄んだ声でまたとても楽しげに鳴いた
ベニヒワが魅力的な声をあげ
ゴシキヒワがさえずり、カササギがおしゃべりした。
クロウタドリがヒュウと鳴いて私を微笑ませ
ヒメモリバトが荘厳な柔らかい調子でクウと鳴いた
コクマルガラスがカアカア叫び、その後でミドリキツツキが
自分の役を演じた。色とりどりの衣をまとった
カケスがそのオーボエで堂々と喉を鳴らした。
ミソサザイが可愛らしい調べを高い声で歌った。
キツツキがそのメロディーを叩いた。
トビが絶えずティウ ウイウ ウイウと叫び
高く舞い上がってはまたすぐに戻ってきた
全ての寝取られ亭主の先触れがクックと歌った。
哀れなメンフクロウがこう叫んでいる間
「夜の警鐘を鳴らしたのは誰だ」と。
すべてが申し分なかった。ああ、いつもこれが聞けたなら。
優しい鳥たちよ、こんなにも心地よい調べを私たちから奪わないでほしい。
〈第三部〉
その時、宵の明星が空に暗雲なような夜をもたらした

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

古楽のコンサート ムジカ・エランテご案内 楽譜編 フレンチ・カンタータ「アリオン」

2012-10-30 15:33:17 | 日記



「アリオン」はギリシア神話に出てくる偉大な音楽家。
ギリシアのコリントスの宮廷につかえ、イタリアやシシリアの音楽祭に出演して
多くの賞と名声を得ます。
しかし、その帰り道。邪悪な心を持つ船乗りたちに捕えられ
殺されそうになります。
「わかった、君たちにはまけた。しかし死ぬ前に
私のリラと声で最後のハーモニーを歌わせてくれ」
とアポロン讃歌をうたいます。
彼の音楽に一瞬心を奪われた船乗りたちも
欲望にはかてず、アリオンを海のなかへと投げ込みます。

あわや!というところで、イルカに助けられ故郷に帰れたアリオンです。



これがぜーんぶカンプラという17世紀のフランスの作曲家によって
一曲のカンタータになっています。
カンプラはパリのノートルダム大聖堂やベルサイユ宮殿などで活躍した作曲家です。

古楽グループムジカ・エランテ演奏会。
イギリスとフランスの音楽 
イギリスではダウランドや フレンチ・カンタータ「アリオン」など


江東区住吉の「ティアラこうとう」にて昼と夜の二回公演です。

10月31日(水)
  昼公演  14時半
  夜公演  19時
   前売り3500円(学生2500円)
   当日 4000円

曲目などは三日前のブログチラシ編参照で。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする