ガタリ

サッカー(主にアントラーズ)のこと、日々のこと、あと小説書いたりもするよ。

しのび寄る恐怖。(vs大宮)

2007年04月07日 21時10分51秒 | サッカー
この間の水曜日、ナビ杯予選見に行きましたよ。
ベストメンバーじゃない甲府に負けましたよ。
雨は降るし、雹は降るし、寒いし、ガチガチ震えながら見た試合の酷いこと酷いこと。
あんまり酷いんでブログに書く気も起きませんでしたよ。

それでも今日、やっぱりスタジアムに行きましたよ。
今度こそ、いい試合を見せてくれるって信じてましたよ。

何も変わっていない……。

相変わらず、意思の疎通というものがない。
連係は全くといっていいほどに取れてない。
パスは繋がらないし、中盤でボールをとられることが多すぎる。
セカンドボールも拾えない。
守備は言うほど酷くないと思うんですよ。
サイドがポッカリ空くことはありますけど、大崩れしているわけではないと。
けど点が取れない……。
今日はどんなことをやっても点が入る気がしなかった。
試合後、スタジアムはブーイングの嵐に包まれました。
でもそれも仕方がない。
それだけの試合をしてしまったんだから。
私もさすがに今日は拍手できなかったよ……。

まだ始まったばかり。
それは分かってます。
けど心の奥底にチリチリと燻っている恐怖があります。
「降格したらどうしよう……」
早くこの恐怖を取り除いて欲しいのです。
それはアントラーズの選手たちだけにしか出来ないことなんだから!

最新の画像もっと見る

コメントを投稿