さくさく

中居正広ナシでは1日が始まらない、終わらない。元気をくれるのは中居&SMAP。

2016/1/23「サムガ」収録は1/19。世界/夜空/STAY 中居君からメッセージはしっかりと受け取りました

2016年01月23日 23時55分52秒 | サムガ オン&オンエア 中居正広

<ようやく年末年始の話をしま~すスぺシャル~>

 

 

中居 「どうもこんばんは中居です。『さて、気分的には明けましておめでとうございます。 17日から18日にかけて、関東では大雪が降りました。暖冬とはいえ、毎日寒いです。』 え~、『お勝手仕事をする・・お母さんは足元も・・冷えちゃいますね。 断熱材が入った足の冷えないスリッパみたいなもの売ってますが・・』 なんだこれ?」

「 『室内用のスリッパって、そもそも日本発祥だという説もあります。 明治の初期に海外の人が土足のままで日本の家に入る問題が発生。それを解決するために、靴の上から履く上履きが室内用スリッパの原型なんだとか。 中居君は家に居る時、スリッパって・・』 ・・スリッパねぇ、履く時と履かない時があるんだけど、なんかねえ、僕んちのスリッパが・・なんかビニール・・というか、皮みたいなやつで すっげぇムレるの。」

「・・・フッ ハハハハ(笑)  すごいムレるさ。 蒸れるから、ヤなんだけども、壊れてないから 履いてる感じだよ。 うん。」

「パジャマもさぁ  あのぉ~・・もう、洗濯しないとさ、・・・あの、冬物と夏物あるんだけど、冬物着てると・・冬物3あるのね。 で、夏物も3あるの・・3が切れると・・夏もんになって。今、なんか知んないけど俺、短パンとタンクトップっていう、パジャマ。(笑)寒いよ。」

 

「それでは参りましょう。  世界に一つだけの花。」

 

 

 

 

曲:世界に一つだけの花 

 

 

 

 

~CM明け~

イントロが流れ始める・・

中居 「 夜空ノムコウ 」

 

 

曲:夜空ノムコウ

 

 

 

 

(曲が終わり、優しい声で話し始める)
中居 「お仕事の話?」 

「・・・ あっ、 お陰様で、あのぉ「すべらない話」の・・えむ・・MVSっていうんですか? えー(笑)獲らさせていただきまして ありがとうございました。 たぶん、凄く松本さんなり、あの・・番組スタッフの審査員の皆さんがあの・・気を使ってくれて・・フッ(笑)ヘヘヘ・・獲らさせてくれたんじゃないかなって。」

「あの最初ね・・ なんか、ほんとスタッフからですけど、あのね、きょ・・去年なんか・・「2人でどうですか?」なんて言われたの。 あ、この話したっけ? で、まあ1人で出た方が・・なんか、あの~・・ねっ? カッコイイかなって。 ま、すべって も、1人で責任だし。 ま、なんかそこそこなんか、ねっ?面白いことなったとしても自分の・・そっちの方が・・もうでも、すべる覚悟で行きましたけど。」

 

「ま、なかなか“アウェイ感”なんだろな~・・って うん。 そんなにね、でもね、あの~・・・一緒にいるメンバーの方々が、ま、同世代より一つ下とか、一つ上とかほとんど同世代の方だったんで。 ま、アウェイ感は・・ ま、感じてたんですけど 意外とみんななんか良くしてくれたな~・・って、いうのを感じながら。 うん、やらさせてもらいましたけど、なっかなかね、緊張感でしたね。」

「いつもの感じじゃないですし、それはぁ~・・他の芸人さん うーん、本番前もそんなフランクにみんなとこうコミュニケーションって・・ピリーっとした・・ 「あ、こんな感じなんだぁ」と思いながら。」

「でも、僕ん中では、そのネタを・・一応、7つぐらい用意をしてんのね。 何回来るか分かんないし。 ね? 1個目のネタと、2個目のネタ。マネージャーさんとのネタっていうのは、一応つながってるから。 もし、・・でも2個目の方が・・あの・・1個目の話よりも、2個目の・・あの・・ゴルフの え~、ゴルフウェアの話の方がいけるなあと思ったんだけど、じゃあもう1個目やめようかなーと思って。」

「1発目ゴルフウェアから・・ いや、でもこれ繋がって俺の中でセットなんだけどもな!て。 3発目でマッチさんの話を・・ ここは一応、キャストがマネージャーと俺だから。・・・俺はマッチさんの話って5つ目ぐらいにしようと思ってたの。 いわゆるキャ・・物語でいうキャスティングだよね。うん。 誰々さんが・・マッチさんがいて、俺らがいて・・ キャスティングがメジャーな人はやっぱ一番最後にしたいなと思って。」

「話が来なかったら、マッチさんのネタ、これ話できないな~・・と思ってぇ うぅ・・苦渋だよね。 ウワァ・・どうしよぉ~・・やべ・・もう、マッチさんで行けーー!・・みたいな。」

「そのタイミングが難しかったワ。 ・・・うん。」

 

 

「ま、その後、「ガキの使い」にも出させていただきまして。 あっ え~・・ あの・・オカ・・オカリナさんに非常にご迷惑をかけた模様で。 あの~・・その後なんか、今までちょこちょこ仕事・・ね?会ってたんだけど。 あの オカリナさんとキスしてから・・あ、でもまだ僕もそんなにレギュラー・・あの~・・通常運行になってるわけじゃないからな。」

「なんか番組来ればいいのにね、普通にね。 それが一番早いね。 なんかホント、こんな久しぶりのキスシーン・・久しぶりだよー、いつ以来だろ?俺。」

 

「・・・・竹内結子ちゃん以来じゃないかなあ?」

「 フッ(笑)ハハハッ・・カカ・・ 竹内結子ちゃんと、・・あれ何年前だ?15年ぐらい前じゃない? ・・・俺が、にじゅう・・7、8じゃねえかなあ?  それからしてないからね。 テレビで。 日頃はもぉバンバンしてるんだけど。 ・・・ フッハ・・(笑)日頃はする・・ 日頃はキスしちゃいけないこと・・ え? 俺、そういう設定でやってるの?今、俺。」

「そんなことないでしょ? キスはいいでしょぉー」

 

「(笑)・・久しぶりのキスシーンだったからってこともあんのかな・・ えー? だってさこれ・・俺さ、ネットっていうのがもうさ、ファンのコだったらば、俺のキャラクターとか知ってるんだから、これが面白いってこと解ってるわけだから、だからそういう風に言ったら、ネットが盛り上がるんじゃないか・・つってやってるんじゃないかな。」

「俺、ネットを見てないから、分かんないのよ。 分かんないの。 ほんと、ネット見てないから分かんないけど。そういう事だと思うんだよね。」

ホントになんか・・俺のこと応援してる人・・ 俺がこれだけバラエティやっててさ、ねっ? そりゃ「めちゃイケ」に然り、「27時間」・・もうめちゃくちゃなこともやっててさ。それでも腹抱えて笑ってたりするわけじゃん? ・・うん。」

 

「来てくれればいいのにね。あのぉ・・番組に。 うん。 まあ、来てもらった時は  あの 和解のちゅうをしようと思ってますよ。 ・・フッ(笑)ハハハ・・・ 一番これが早いのかなって。 うん。 和解のキスをしようと思ってます。」

 

 

「さあ、そして。 「紅白」が終わって、カウントダウンがあったのか。」

「カウントダウン(CDTV)は、香取くんがドラマやってるんで、あのぉ~・・中居で・・ 中居がやります!と。」

 

「あのカウントダウンは面白かったですよ。 え~・・ まず、SMAP躍動感 ・・・が、あるSMAPをやりたいな~・・。 カッコイイSMAPと・・踊るSMAPと・・ え~・・「Battery」やって、え~・・「$10」やって。 んで、6分、7分ぐらい踊って・・5~6分踊って。「STAY」やって。 「Otherside」やって。 で・・「オリジナルスマイル」。」

「ん・・でもそういうのなんか、やっぱりなんか・・終わりもどうすればいいのかな?・・ 最初、MCなくてもいいのかな~・・なんて。」

「 『最後どう考えて』・・ ホントは曲で終わって、CM行きたかった。・・・ っていうのがあったんだけど、MCやりたいな、と。 MC終わってCMってのが気持ち悪いな、と。 じゃあ一曲よね、って。 ん・・・あ、じゃあ一曲は・・なんかサイン投げるとか・・なんかこう・・」

「ま。結局、サインボールになったんだけど、あれみんな、50個みんな自分でサイン書いたからね。(笑) フッヘヘヘ(笑) ・・・50個みんなサこうやってイン書いたからね。」

 

 

「だから、お陰様で お陰様でって・・僕はカッコイイSMAPが出来たかなぁ と思います。

「まあちょっと、後半くたびれましたけども。 ね?」

 

「あのぉ・・3日間ぐらいリハーサルやってたかな。 うん。 ギッチリ!やったね。」

「こんなんも多分、みんな久しぶりだと思うし。 もうライブの感じじゃないかな・・って。・・うん・・「POp up」?・・・あれ、Pop UPだったっけなあ~ ダンスとかなんだっけ?Pop UPの時かな?   まあま、なんかいい・・チョット変わった・・・・あ~・・・やっぱ、他のアーティストとも被りたくないですし。 今までのSMAPとも被りたくないし。

「で、テレビで出来ることって何かな?って ああいう風になったのかなぁ・・・うん」

 

(スタッフに尋ねられ)

中居 「「STAY」は評判良かった。 「STAY」は・・・いや、でも俺ねえ・・オンエア見たんだけど・・「STAY」がすっげぇ音痴で。 もう、息上がってて・・で、水飲もうと思ったけど、ダンスが終わって、バーーーンって終わった後、一発目だから。」

「踊りだったらまだごまかし・・歌ってさ、呼吸が乱れるから低い方が安定してないのよ。 張り上げた方がまだ・・ごまかし利くんだけども・・あれスゴイよね。 俺はもう歌えなかったもんね。 おっれ、や・・ひっさしぶりに・・なんか・・久しぶりつったらおかしいね。 あの・・・大脱線!? フハッ(笑)ハハッ・・ 久しぶりだったワ!」

「あー・・でもちゃんとやんなきゃいけねえな・・と思ってももうさ、喉がくっついちゃって・・「ん」ってこう、ツバ飲み込みたいんだけども、歌始まっちゃったから、ツバ飲みこ・・ごまかし利かないよねっ。  「STAY」。」

 

 

 

 

曲:STAY

 

 

 

 

~エンディング~

中居 「はいっ え~・・ということでございまして。 それじゃまた来週です。 今週のおまけハガキぃ~」

 

おまけハガキ 「中居君はお風呂で鼻歌は歌いますか?」


中居 「 歌うねぇ~・・・  お風呂は上手いんだ・・  また来週ぅ~ 」

 

 

 

ほんとにもぉ~・・・中居君ってば・・・・

中居君があまりにも中居君でさ・・・ 普段はあまのじゃくで 優しい言葉もない時があるけど

こういう時 この人は本当に優しい 私達に解り過ぎるメッセージをしっかりと 送ってくれた

 

聞き耳立ててた記者の皆さんには 読み取るものがなかったかな~(笑)

 

そりゃそーだ!

 

私達ファンはSMAPと刻んできた歴史というか・・・

「共有」してきたものがあるから

 

共有してきたものがない人には読み取れない「暗号」みたいなもの

きっと、かけた曲の歌詞をジッ と読み込んだり、曲のメッセージ性とかから解読しようとするのかな?

まあ、その歌の歌詞やメッセージはもちろん無関係ではないけどさ・・  そんな浅いものじゃないんだよ

 

あの日 あの時

一緒に乗り越えて来た 刻んできた 共有してきた・・。 ルーティンではない3回のメッセージ。

 

この日(1/23)は、「世界に一つだけの花」がオリコン・デイリーで第一位になりました! というニュースが流れた。

連日の報道に「踊らされない」と気に留めないようにしていても、多方面の情報などにきっと疲れていたんだろうね・・・

このニュースに ぱあっっ と一気に心が明るく やわらかくなっていくのがわかった・・


ファンだけじゃない 日本全国のたくさんの人の方の おうちに まさしく「花」が咲いた

 

あの5人の優しい声が 奇跡のユニゾンが たくさんの人の心を癒して 勇気づけているんだ・・

嬉しいなあ・・・

そんな風に思った数時間後の「サムガ」。

 

解り過ぎるほどの中居君からのメッセージ。「ちゃんと届いてるんだ」・・と嬉しかった。

そして、やっぱり「CDTV」は中居君の構成!!もーー泣けちゃうよ!

「躍動感があるSMAP カッコイイSMAP 踊るSMAP」をやりたい、と。

「やっぱ、他のアーティストとも被りたくないですし。 今までのSMAPとも被りたくないし。」by(中居君)


うん、うん。新年1発目のSMAPからのメッセージ、テレビの前でみんなが感じたことに間違えはなかったんだね。

解散を考えてる人の発想ではないよね。

 

いつか・・・ 真実が分かる時まで  ・・・踏ん張るよ!・・・ 大丈夫だよ、中居君。ありがとう

 

あっ・・・(小声で)あの・・オカリナさんとのKISSの件・・「俺のファンなら」と分かってくれてたのは非常~に嬉しいんですけど・・・あの・・
殺人予告とか・・炎上とか・・ あれやってるのほぼ、中居ファン以外の人たちですからぁ~・・ てへ 

 

 

「さくさく」姉妹版  「中居語録」はコチラ。


SMAP「世界に一つだけの花」 ついにデイリー1位到達 ~記事紹介~

2016年01月23日 22時05分05秒 | SMAP

 

大寒波で真冬の今だけど

あったかい気持ちになれた

 

日本全国のみなさんのおうちに CD届いてる お花がいっぱい咲いた~


【SMAP「世界に一つだけの花」購買現象…ついにデイリー1位到達】

2016-01-23 19:27

コチラ  ORICIN STYLE

~引用~
「 解散危機を回避し、存続を表明した人気グループ・SMAPの「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」が、オリコンの1/22付デイリーシングルランキングで1位を獲得した。


 同作は2003年3月に発売され、SMAPの全シングルの中でも売上ランキング1位(累積約257万枚)を誇る。

今月13日に一部スポーツ紙により「SMAP独立・解散」が報じられると、1/14付デイリーシングルランキングで圏外からいきなり9位に急浮上。在庫切れを起こし、週間では75位にランクインした。同作のシングルTOP100入りは、06年1/30付で86位を記録して以来10年ぶりのことだった。

 さらに、解散を望まないファンの間で購買運動が広がり、1/19付=19位→1/20付=3位→1/21付=2位と推移し、1/22付で1位となった。

 1/22付デイリーシングルランキングには、100位圏内にSMAPの作品がほかにも。11位に「Otherside/愛が止まるまでは」(15年9月発売)、28位「華麗なる逆襲/ユーモアしちゃうよ」(15年2月発売)、48位「シャレオツ/ハロー」(13年12月発売)、50位「Tpo Of The World/Amazing Discovery」(14年7月発売)、65位「Yes we are/ココカラ」(14年4月発売)がランクインした。 」


金スマが「スマイルたちへ」中居君とそしてSMAPを応援する人へのメッセージ 伝わりました(^-^)

2016年01月23日 08時30分45秒 | SMAP

昨日の「金スマスペシャル」

冒頭の番組名が「金曜日のスマイルたちへ」になってたね。

番組からのメッセージ

嬉しいね

 

何といっても 冒頭のドラマで・・

あ、おなじみ(?)平泉成さんがドラマじたてで、ゲストのドラマチックな出来事をナレーションこみで見守るやつね。

 

でもここですでに「金スマ」スタッフの中居君への愛が滲んでた。



設定は、1月22日(金)

成さん演ずる「村さん」が朝刊のラテ欄に目を通すと・・

今夜の「金スマSP」の“小林幸子の騒動”

村さん 「え~ 今、あのネタはマズイだろ」

そして、村さんがわざわざTBSの「金スマ」スタッフに逢いにきて事情を聞くところまである。

 

村さん 「タイミング悪すぎるよ」

村さん 「放送を遅らせること出来ねえのか?」

スタッフ 「それは無理です。 年始の収録をしていないので、他に出す(放送する)ものがないんです」

実際、この小林さんをスタジオに迎えての収録は12/26に行なわれた。

 

他にネタがない、というスタッフに

村さん 「紅白復帰の小林幸子。そして初めて語るあの話ねえ。」

「逆に、今かもしれんぞ。」

そう言って、バックに中島みゆきさんの「地上の星」が流れ始める。

 

もちろん。

この後、語られる小林幸子さんの4年間の物語と、支えるスタッフたちの「プロジェクトX」的な側面に合わせて

この曲が流されたのでしょうけど。

 

中居君を支え、信頼し合ってる「金スマ」スタッフの中居君へのエール、援護射撃に思えた。

 

2012年に起きた小林さんの事務所内の騒動・・・イメージダウン。

そこから、彼女が「紅白」に復帰するまでの物語。

朗らかに笑顔で語る小林さん

MCとして、笑顔でサポ―トする中居君。

予定通りに放送してくれた、TBS。「金スマ」に感謝。

 

この後、「ワッツ」にも通常運転の木村くんがいたよ。

 

少しずつ、少しずつ、中居君にかかわる人々・・・例えば共演者の山ちゃん、釈ちゃん・・など中居君の仕事ぶりを報告してくれることで

彼らに出来る「最大限のサポート」をしてくれたり。

松本さんのように、直接抗議して報道を「正して」くれたり。

 

「スマスマ」を制作している関テレの社長さんが番組継続の意思を示してくださったり

NHKのスタッフの方がSMAPの紅白司会ゴリ押しは「なかった」と明言してくださったり

 

SMAPの仕事ぶりを評価してくださっている方々の「いつも通り」の行動が 今、ここでしみるね。

 

これからも彼らが「正当な評価」を得られるように・・・

微力ながらやってゆきたい・・

 

 

最近、マジメなことばっかり言っておりますが(笑)

可愛い、かわいい、カッコイイ~ ばっかり言ってるブログをまたアップできるように・・がんばりどころ。

 

ちょっとだけ外出してきますね~。みなさんも寒波に備えてくださ~い。今夜は「サムガ」だ。


「中居語録」はコチラ  「中居語録」はコチラ。