Saku+X!

残すところ、あと1ヵ月。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2006年12月24日 23時04分35秒 | 日記
会社の評価=代理店さんの評価?
会社の評価≠代理店さんの評価

意見がないこと=会社の評価
意見がすぐに出ないこと=会社の評価

どうすればいい?

いつも色々なことを考えておく必要がある。
これは確か。

僕はいつも考えが浅はか
⇒計画性のない人間

細かいことをすぐ忘れる
⇒徹底的にメモする(当たり前)

優先順位を考える
⇒アンテナを張る

継続してやる
⇒一番得意なことじゃないか!!!!!!!!!!

周りをいちいち気にしない
⇒これはマズイ

とにかくやってみる
⇒これが苦手

もう一度頑張ってみよう。
1からやり直し!!!!!
まだ始まったばかりだからさ。
コメント

Hippodrome de Longchamp

2006年02月18日 01時22分05秒 | 日記
フランスに卒業旅行に行ってきました。

ロンシャン競馬場です。
感動的です。
コメント (3)

忘年会

2005年12月29日 14時54分21秒 | 日記
昨日は内定者の飲み会でした。
結論から言うと、完璧に潰れました。

あんなになったのはホント久しぶり。
それもこれも全て、テキーラのせいです。
全部で10杯以上飲んだかな?
覚えてませんが・・・
未だに考えるだけで吐き気がします。

で、1次会で記憶をなくし、気付いたら朝。
財布の諭吉さんがいなくなってました。

話によると、新宿からタクシーで帰ったらしい。
電車に乗れるような状態じゃなかったため、友人が一緒に地元の駅まで付き添ってくれたそうです。
でも、その付き添ってくれた友達が誰だったのかすら、わかりません。

内定者とは、まだそんなに面識あるわけじゃないのに・・・
かなり迷惑かけたっぽいです。

もう少し、酒の飲み方を考えようと思いました。
といいつつも、今日も飲み会です。
懲りないねぇ・・・
コメント

owatayo!

2005年12月27日 16時45分08秒 | 日記
卒論が終わった!
あいや、ホント長かったです。

でもこれでやっと解放される~!
かなりイイ気分。

31日に紅白見ながらカタカタ・・・
っていう状態にならなくてホント良かったです。

結局全部で39000文字くらいになりました。
思ってたより長くなったなぁ。
おかげで、ブラインドタッチが出来るようになりましたよ。

卒論のテーマは

「介護保険 ~利用者負担からみる介護サービス保障の財源政策~」

でした。

最初は利用者負担だけで書くつもりだったんですが、
やってるうちにこれじゃダメだと思って、最終的にこうなりました。

具体的な内容は、介護保険の財源政策の転換を提言したものです。
利用者負担を現行の応益型から応能型にして、保険方式ではなく租税方式で財源を賄うというもの。

社会保障の租税財源化は、年金や医療でも議論されているものですが、
介護保険でもその議論があるわけです。

でも、これで先生にダメ出しされたらどうしよう・・・
提出が怖いです。なんせ、卒業できるかどうかに人生かかってるからね。
とにかく、自分では頑張ったつもりなんで、大丈夫だとは思います。
あとは、先生の良心に任せるのみ。

とにかく、終わってよかった!!
早速飲みに行きたいですわ。
忘年会、忘年会!!
コメント   トラックバック (1)

カタカタ・・・

2005年12月21日 21時56分10秒 | 日記
ここんとこ生活が腐ってます。

起きる→タバコ吸う→パソコンカタカタ→うたた寝→パソコンカタカタ→

うたた寝→パソコンカタカタ→本気で寝る→深夜4時くらいに目が覚める→

布団に入る→最初に戻る

って感じです。

きちぃー。
マジきちぃよ・・・

今日も朝からマッキーが歌い続けてます。

「だけどしぃんじてる、しぃーんじてる、君をしーんじてるー」

何回聞いただろ。
早く終われー。
コメント (2)

いい男

2005年12月13日 22時44分49秒 | 日記
今朝バイトしてたら、常連客のおじさんが突然こう言い出しました。


常「あっつーいホットミルクと、目玉焼きモーニングちょうだい。(←いつもの注文)」

僕「あっ、はぁーい。あざーす。」

常「それにしても、君はいつ見ても本当にいい男だなぁ~。」

僕「はっはっ、またまたご冗談を。(全然嬉しくないよ・・・)」

常「君はあれだな、アレに似てるよ。」

僕「え、誰すか?」

常「アレだ、ジャッキー・チェンだな!!」

僕「はっ、ジャッキー・チェン!?」


・・・。

びっみょ----。
微妙すぎるよ、おじさん。

まず、ジャッキー・チェンはいい男なのか?
そりゃいい男の部類に入るとは思うけどさ、基本アクション系だよね?
でもって、いい男で挙げるならもうちょっと他の人がいるよな、多分?

次に、仮に百歩譲ってジャッキー・チェンでいいとしよう、うん。
褒められてることに変わりはないよな、うん。
贅沢は言っちゃイカンよ、うん。

似てないよ!!
絶対似てない!!

僕がジャッキー・チェンに似てると思う人、挙手求む。
コメント

卒論

2005年12月12日 22時52分05秒 | 日記
終わりません。
こないだ中間提出があったもんで、先生からコメントをいただきました。

「もう少し、詳細に、注意深く、真面目にやってください。」

・・・。
あいやー。

やっぱりわかるのね。
ちゃんとやってなかったこと。

もう最終提出まで2週間しかないのに。
きょうも朝から学校行って卒論やってました。

卒業だけじゃなく、将来もかかってるので、頑張らないといけません。
「絶対卒業」をスローガンに掲げ、あと2週間乗り切ろうと思います。

バスケについて書きたいことまだまだあるけど、それは時間ができてからにしようと思います。
ファイトー、自分。
コメント

三年生へ。

2005年12月09日 11時32分21秒 | バスケ
優勝です!!優勝!!
遂に優勝することができました。

届きそうで届かなかった優勝。
それを、遂に達成したのです。
本当にこの優勝を誇りに思います。

>あっちゃん
CAPお疲れ様。
最後は本当に頼りになるCAPでした。
みんなもそれを感じていたはず。

メンタル的に一番成長したのはあすかでした。
うまくいかなくて凹んでるときも、
いろんなことに対してイライラしているときも、
僕はあっちゃんを試合に出し続けました。
それは、CAPとしての責任は試合に出て結果を出すことで果たせると思っていたから。
CAPっていうのは、そういう役割なんだと僕は思っています。

最後はDe頑張って、常に声を出してるっていう、
去年とは180度違うといってもいいくらいのプレイスタイルになったけど、
そこまで自分を持ってこれたことに対して、
自信を持っていたのではないでしょうか。
そして、そんなあすかだったからこそ、みんなが着いてきたのです。

最後の試合、3P決められた後のタイムアウトで

「絶対勝ちにいく!」

って言ったときの顔が胸に焼き付いて離れません。
本当にたくましくなったね。

>めりこみ
幹事お疲れ様。
幹事とプレイヤーを両立することは本当に大変だったと思います。
でも良く頑張った。

まりこは、悩みを内にためて一人で考え込んじゃう子で、
それがプレイにも直結することが多かった。
しかも、いつも周りのことを考えて、悩んでることを人に見せないようにしちゃう。
そういうすごく真面目な選手でした。

でも、そういう性格がプレイにもよく表れていたと思います。
選手としての悩み、サークル運営での悩み。
そういった色々な悩みから逃げ出さずに、一つ一つ乗り越えてきた。
そうやって蓄積された力も、ちゃんとプレイに反映されていました。
そして、それはチームに一番必要だった「地力」という力を与えてくれたと思います。

最後は本当にずっとコートに置いておかなければならないプレイヤーに成長しました。
そのひたむきなプレイスタイルがみんなに力を与えていたことは、疑う余地もありません。

>イガ
連盟お疲れさま。
のんさん亡き後の会計は大変だったと思うけど、
連盟の運営が滞りなく進んでいて安心しました。

みさこはプレイ的に一番うまくなったんじゃないでしょうか。
想像もつかないようなプレイを何度も見せてもらいました(笑)。
そして、その成長がチームを純粋に強くしたと思います。

あれだけリバウンド取れる選手になると、誰が想像したでしょう。
イガのカットインとシュートで、何度勝ちを決めてきたことでしょう。
イガがいるというだけで、試合に出てる選手は本当に安心できたと思います。

イガのプレイがチームの状態や成績に直結するだけに、
とてもプレッシャーのある立場だったと思います。
でも、本人はそれに気付かず(笑)いつもマイペースでやってくれたので、
本当にチームが安定していました。

そういう面以外にも色々な意味で、
そのキャラが存分に活きた一年間だったと思います。

>えりか
会計お疲れ様。そして、お金なくて何回も迷惑かけてすいませんでした。
えりかは役職的にもプレイヤー的にも、チームの縁の下の力持ちでした。
チームのムードメーカーの、さらにムードメーカーって感じ(笑)

最後はあんまり練習これなくて、試合には出れなかったけど、
自分も含め、一年間えりかに励まされ続けたチームだったと思います。
そして、そんなえりかをチームのみんなも心の支えにしていたはずです。

合宿で辛かったとき、練習の雰囲気が悪いとき、
いつも最初に聞こえてくるのはえりかのよく通る声でした。
そして、そういうえりかの姿をみて「自分も頑張らなきゃ」と誰もが思った。

えりかがこのチームの成長の足場をいつも固めてくれていたのです。

そして、あっちゃんはえりかにかなり影響を受けたんじゃないかな?
二人は学校で一緒にいる時間も長かったみたいだし、
本当にいい形で影響を与え合った、最高のパートナー同士だったんじゃないでしょうか。

以上、僕の思いをつらつらと述べてみました。
とにかく、ほんとうにみんな良く頑張った!!
そして、優勝できて本当に嬉しい!!

心から「ありがとう」と言いたいです。
コメント

勝った。

2005年12月05日 22時57分52秒 | 日記
勝った!勝った!
遂にものにしたこの1勝!!!

優勝に向けてこれ以上無く大きな勝利。
うれしかった。本当に嬉しかった。

正直、ここまで安心して試合を見ていられると思ってなかった。
完勝。負ける気がしない内容だった。

本当に強くなった。
みんな、本当に強くなった。

いやいや、ここで安心してはいけない。
今度は選手じゃなくて、自分に言い聞かせる。
優勝しなければ、全ては水の泡だということ。

ここまできたら、もう信じるしかない。
ここまで成長したみんなを信じること。

今うちが1番優勝に近い所にいる。

残り1試合。
勝つ。必ず勝つ。
チーム全員の、1年間の全てを、たたきつける。
勝利をもぎ取る。
優勝する。

それが、コーチとしての僕の責任だと思う。
コメント

卒論

2005年11月21日 22時25分25秒 | 日記
いよいよ中間提出の締め切りが迫っております。
期限は23日、あさってです。

卒論は4万字書かないといけないんですが、中間提出でほぼ完成させて来いと。
先生がおっしゃっておりました。
現在3万字。無理だよ。間に合わないよ。

さっきゼミの友達から電話かかってきました。
友達「サク、どうよ??(かなりあせった感じで)」

自分「ん?ヤバイねぇ。かなりやばいよ。」

友達「実際何文字くらい??(少し安心したように)」

自分「今3万字・・・」

友達「うっそ?マジ?
   俺今サクの半分しか書いて無いわ・・・(諦めたように)」
で、さっそうと電話が切れました。

みんなてんぱってるのかなぁ。
でも、卒業かかってるし、やらないわけにいかないんですよね。

せっかくバイクがきたのに、満足に慣らし運転もできてません。
早く終われ~。

そういえば昨日、高橋尚子選手が2年ぶりに出場するレースを見ました。
結果は優勝。
因縁のコースで見事復活勝利を挙げたわけです。

完璧に感動した。
感動して泣いたことってほとんどないんですが、昨日は泣きました。
39キロを過ぎてから何度も後ろを振り返っていた。
最後のコーナーで拳を突き上げる。
涙が抑え切れませんでした。

この2年間、どんな思いで練習を重ねてきたのだろう。
最後のインタビューの言葉が印象的でした。

「暗闇にいた私が、夢を持つことで充実した1日1日を過ごすことができた。」

ありきたりの言葉のようだけど、彼女が苦労してきたことを誰もが知っている。
知っているなんていうのもおこがましいくらい、苦労と努力を重ねてきたんだろう。
だからこそ、この言葉が胸を打つんだと思う。
その姿にたくさんの人が勇気付けられただろう。

僕も少しだけ力をもらったような気がします。
コメント