園芸大好きsakkoの記録

毎年同じことの繰り返しだが、でも少しずつ違う、
そんな日々の記録です


エンドウの支柱立てとネット張り

2018-12-09 22:27:55 | 農園・果樹園・花壇

急に寒くなったが今朝はまだ霜が降りていなかった。
エンドウの支柱立てはもう少し後にしようと思っていたが
暖かい日が続いて、エンドウは徒長気味。早くネットを張らなければ。
今日は風は冷たかったがいいお天気、頑張って支柱立てとネット張りをした。

パイプの∩型支柱を使うので、杭など打たなくていい。
先ずは支柱を立てるところに穴を開ける(一度支柱を立ててみて場所を決めて置く)

道具はこれ


30㎝位の深さに棒を打ち込んで穴を開けて置く



支柱を立てて



ネットを張る。(昨年のをまた使っている)




藁を括る所に先に紐を張って置く(支柱に巻き付けて置く)

風よけと保温のため藁を立てて置く




エンドウの前にしっかり藁の先を土に埋めて置く(風で飛ばないように)

先に張って置いた紐に括り付けていく

先ず、前から後ろに

後ろから前に



次はもう一度後ろへ。先に張って置いた紐にくるっと回す



しっかり引っ張って次に進む(強風が吹いても藁は動きません)




出来上がり



ネットも紐も再利用しますよ。

 

 その後、残りの菊芋を掘った。
小さいのがごろごろ、たくさん出来るものだ


花の写真

シャコバサボテン



元の「山茶花」

 

赤く成った火祭り




長く咲いていたがもう終わり。はかなげでいいな




多肉達




エンドウの支柱立てがおわり、次は2月のジャガイモ植えまで、
草取りと収穫、急ぎの仕事なし。
なのだが、畑に行けばそれなりの仕事はある。

 

コメント (3)

ブロコリーの収穫

2018-12-07 23:27:16 | 農園・果樹園・花壇

暖かい12月だったが明日から寒くると言う、急な気温差に注意しょう。
出掛けたり、雨だったりして畑は間が空いていた。

ああ、柿が無くなっている。
三つ並べて置いた柿がどこにもない。食べた後の皮も残っていない。
何処かに運んで行ったのだろうか。
小鳥さんに「お食べ」と言って置いておいた柿。誰が食べたのだろう。

 

ブロッコリーがやっと収穫できる大きさになった



花菜のつぼみも膨らんで、




ネットの中のエンドウは徒長気味



予備に植えた晩生の白菜も巻き始めている



早生の玉ねぎは草の中



草取りをした



空には雨雲が…・・一番日の短い時。もう収穫をして帰ろう

今日の収穫


ほうれん草


ブロッコリー




裏返して、何時ものブロッコリーとちょっと違う。



暖かかったのでなかなか開かなかった寒菊は咲きだした



寒水仙がもう咲きだした


カトレア




観賞用の唐辛子「なみだ」


多肉。。。。蕾かな?



冬瓜とかぼちゃとバターナット

冬瓜は生ごみ捨て場の一人ばえである。
正規に蒔いたのはは虫にやられて、遅くに生えて来た一人ばえの冬瓜が
たくさん収穫出来た。眺めながら熟れ良い蟻んこsakkoである

コメント (6)

竜田川の紅葉

2018-12-05 23:32:00 | 家族でお出かけ

曇りの予報だったがいいお天気だった。
国保病院内科、エコーの予約10時45分。内科診察11時予約だったが
一寸股関節辺りに異常を感じるので、整形も受診した。
エコーの結果、血液検査の結果も異常なしであった。
整形は直ぐレントゲンをかけて、股関節は異常なし、腰部は「ま~年相応な腰」で
痛み止めと湿布薬を貰った。待ち時間が長くて終わったのは1時半。
前日9時から絶食である。

もん父さんが時間を作って迎えに来てくれた。
まだ、竜田川の紅葉が見れるかもと今年最後の紅葉狩りに行くことにした。

先ずは腹ごしらえ。

トンカツと大きなえびとカキフライ。ご飯は残したが揚げ物は完食のsakkoである



竜田川の紅葉は在原業平が

ちはやぶる かみよもきかず たったがわ からくれないに みずくぐるとは

と詠んだところである。

今日は携帯を家に忘れて来ていた。病院の公衆電話で遅れる由、伝えたが
薬局からお迎えコールをしょうとしたら、タクシー会社直通だけ、
薬局の電話を借りた。携帯が無いとなんと不便なことか

そんなことで、今日の写真はもん父さんの携帯から。

  


紅葉は盛りを過ぎている感じだったが夕陽に映えて綺麗だった







  

ススキの穂も綿毛になり晩秋の竜田川であった。

竜田川の紅葉は前にも来たねとブログを見直したら16.12.4に家族で来ていた。
今日は思わぬ、もみじ狩りができた。もん父さんありがとう

コメント (6)

生姜作業。粉末生姜。生姜のピール。

2018-12-03 22:51:56 | 一人のための、料理、保存食、

12月に入っても暖かい日が続いている

この間収穫した生姜、約2.5㎏あった。
種生姜の500gは先ず先にスライスして干して粉末にする
息子や友人にも少し分けて、(冷蔵庫には300gほど、そのまま保存している)


残りはこれだけ



容器の重さは100gくらいかな。賞味1kg。何にしょうか

粉末生姜はこの間500g分を作った。
生姜500gで50gの粉末が出来る。約10分の1になる
100gはほしいな。で、あと500gをスライスして干すことにした




深夜電力を使って夜中に扇風機作戦で乾燥させ、一日日光に干した。完成品
後はミルで挽いて粉末にする




毎年作って載せているが、今年も同じ作業を載せよう

生姜のピール

熱さ2mm位にスライスしてたっぷりの湯で15分くらい茹で、湯を捨ててまた15茹でる




ざるに上げて茹で汁も取っておく。

生姜の重さの60%くらいの砂糖を煮溶かし、生姜を入れてゆっくり煮詰める

茹で汁



途中の写真を撮らなかったが、ゆっくり煮詰めて、すっかり水気が無くなったら
一枚ずつグラニュー糖をつけて、キッチンペーバーに並べて冷ます。
冷めた時点で、カチットかたまっていたら出来上がり(成功)



市販の生姜ピールもあるが、ただ甘いだけの様な気がする。
私のは舐めていると生姜の辛味が出て来る。
風邪気味で咽喉が痛い時、なめるといい。


コマ切れになった生姜。やっぱり摺り下ろしたのがいいと思う

摺り下ろして、薄く延ばし冷凍して、完全に凍ったら出してしばらく置くと
包丁で切れる。それをまた冷凍室で保存する




あまりにも小さくて摺り下ろせないのはミルを使った(水を少々入れた)






ペースト状になった。これも先のと同じように冷凍した



最後は生姜の茹で汁である。
これはある程度煮詰めてから、黒砂糖とキビ砂糖を入れて
さらに煮詰めた




甘くってピリッと辛い、黒蜜??。
少量をお湯で溶かして飲む。風邪気味の時、寒い夜、これが有れば大丈夫。



以上、今年の生姜仕事でした。

畑のピーマンも終わりにしなければと畑に行った(昨日は晴天で暑いくらいだった)

今年は暖かいから、まだ花も咲いている




今年は暖かいので葉物がどんどん伸びてしまった。
出来ればこの後に何か蒔きたいな。




ここにもあの虫がいた




葱の根元にも



これが最後の収穫




畑からの帰り道。今年も白い矢印が・・・・
ああ、中学生のマラソンがあるのだな。12月。年末だな・・・・。



むかし、むかしは12月に入るとお正月の準備、掃除から始めたのに

何もしなくても「お正月は来るわい」と。そんな日々を送っている。


コメント (8)

今日から12月。長芋、里芋に続いて菊芋を

2018-12-01 22:03:07 | 農園・果樹園・花壇

今年も後1ヶ月。一年の過ぎるのがなんと早い事か。
今年の夏は特に暑かった。そして11月が暖かかった。

畑仕事はエンドウ、ソラマメの定植が済み、後は収獲と虫や草の管理?。

菊芋を少し掘ってみた。小さいのがごろごろ・・・・


里芋も追加を掘った。猛暑を耐えた子芋がしっかりと付いていた。(すこし豊作?)

sakko便の野菜を収穫。

ほうれん草を取ってふと見ると「ヨトウムシ」が


拡大すると




今年は、ダイコンサルハムシが少なかったが、このヨトウムシ(合っているのかな?)が
12月になっても頑張っている。白菜の中まで入っている。困ったことだ


人参を間引いた。可愛い





大根は半分以上、外に出ている




立派な大根

7月に蒔いた牛蒡は中々成長しなかったので
抜いてしまって蒔き直した。


柿の徒長子が寒空に伸びている




木守柿も食べられて皮だけが残っている


お食べと言って並べて置いた柿は何時までもそのまま

そうか。置き方が悪いのか


これで如何ですか




ブロッコリー   後少しだな

 

畑の山茶花。枯れたと思っていたのにヒコバエが頑張っている

 

 多肉植物はビニール温室に入れているが、寒さに強そうなのを軒下に
並べている。どこまで耐えられるか。


コメント (4)

長芋、生姜、里芋を掘る

2018-11-29 22:48:53 | 農園・果樹園・花壇

明後日はもう1月だと云うのに暖かいな。
畑に行ったら仕事はいくらでもあるけれど、そんなに急ぐことはない。
で、ゆっくりであるが、この間掘った生姜で何か保存物を作ろうかと思ったが、中途半端なので続きを掘りに行った。

葉は霜で枯れかかっていた




簡単に手で抜けた

茎の上に置いているのが種生姜



重さの測定。
分りにくいが2.4㎏
籠の重さが400g有ったので正味は2kg 
この間1株掘ったのが570g
2000g+570g=2570g

種生姜は600gだったので 2570g÷600=4.28

例年ならば5~6倍の収穫なので今年は不作だな。




里芋、小さいが子芋たくさんついていた




長芋
これはこの間掘って置いた



中々手強い。牛蒡どころではない。
で、これはこの先の方が長いだろう??。ま、いいか




新生姜は息子宅、コナミの友人、何時も色々と頂く近所のm野さんに少しずつわけて
後は、我が家用。

先ずは親生姜で粉末生姜を作ろう





ピーラーでスライスして




乾燥させる

 

後は新生姜の砂糖煮と摺り下ろして冷凍。
新生姜と言ってもあの猛暑を乗り越えたツワモノ、辛味が強い。
甘酢漬けや紅生姜は初夏の頃、出回っているあのふっくらと柔らかい
和歌山の新生姜を使っている。

 

夕方温室を閉めに行っビックリ。
マサイの矢尻に角が・・・・・

 

 

カタツムリだ。 外は寒いけどお泊めできませんと出て行ってもらった

多肉の花もいろいろあってこれは地味だ

 

花だけ写すと

名前は

シャコバサボテンの蕾

 

春先にハウスの中に蜂が居た。小さな巣を見つけて早朝に虫スプレーをシューしたら
蜂が居なくなった。その時の小さな巣が落ちていた。
これは何蜂の巣かな?




今日の花はやっぱり山茶花

 

昼前に生姜を掘りに行って、序に里芋を掘り急いで帰って
納屋の外の水道で生姜と里芋の土を落として、写真を撮ろうと思ったら
カメラと携帯を入れているポシェットがない。
確かに自転車の前かごに入れて帰ったと思うのだが(ここで焦っている)
畑に置き忘れ??。畑まで行ってみたが無い。無い。無い。
納屋のあちこちを探すが無い。無い。スマホはマナーモードにしてある。呼び出せない!!
落ち着いてよく見らた台の下に落ちていた。一件落着。

ご飯を食べて急いでコナミに行った。
ヨガと、ピラティスを受けて帰ろうと思ったら自転車の鍵がない
フロントに聞きにいたら自転車置き場に落ちていたのを誰かが届けてくれていた。ありがとう。

よかったなとゆっくりお茶をして「携帯は??」無い。無い。無い
え~っ、コナミに置いて来た。コナミの借りロッカーの中に置いて来た。

また、コナミまで携帯を取りに行った来た。

探し物、忘れ物に振り回された日であった。

コメント (2)

また、暖かい日が續いている

2018-11-27 23:18:08 | 農園・果樹園・花壇

11月も後僅か、12月が其処まで来ているのに、今日も暖かかった。

同級生のmさんが来ていて4時前に帰ったので、ブログ更新の写真をとりに
畑に行ったのはもう暮れ初めてた。

温かいので菜の花がずいぶん大きいくなった



チンゲン菜にはやっぱり虫がいた



ネットの中のエンドウ



ソラマメ



生姜の葉が霜で少し痛んでいる。近いうちに収穫しょう



ネットを外そうかと思った「早生の白菜」小鳥が心配でまたネットを張って置いた



2~3日 前の霜で葉が枯れていたイチジク。この実は寒さで収穫不可だろう

 

収穫が終わって葉が落ちて柿は冬姿?




ポポーの木。

葉が落ちてそこに花芽が付いている。花咲く春がもう待たれる




これで畑の取材はおわり。



裏庭のいろいろ。

先ずは軒の玉ねぎ



よく見ると、根が動いている(矢印の所)




苗取り用のサツマイモのその後

芋から出て来た蔓を何本も取って植えた。
もう「ご苦労様」の芋なのだが捨てずにまた植えて置いた。
芽が出ている。これって春に蔓をとれるかな?




もみじ葉ゼラニューム。
冬になって元気に成って来た


チロリアン

晩秋の夕べ、この赤がなんとも暖かでいい


霊山寺のバラの挿し芽。根付くかな



また、明日は暖かいとの予報。
温かいことは良いことだが、やっぱり季節に合った気温が一番いいと思う。

コメント (8)

霜が降りて・・・・・・

2018-11-25 23:40:04 | 農園・果樹園・花壇

朝が随分寒くなった。ビニールハウスの温室のストーブの稼働は順調。
早朝と言っても7時ごろの霜の写真

秋色に冴えていたきれいな百日草にも霜がおりて







お隣さんの畑の霜(昨日耕されていた)



夏からずっと成り続けていたピーマンの類。もうおしまいにしましょう



強霜当たらない内に全部収穫した。



いちじくも霜に当たったら駄目に成るがこれは仕方ない



下仁田ネギを収穫して見た。こんなもんでしょう




昨日の夕暮れ



今朝の残月




多肉には寒さに強いものと、弱いものがある。
多分、強いであろうと思う多肉を並べてみた。

黄色い花の多肉



コノフィツムの花



さむさに強い?
ツルソバの花



我が家の白菜はまだしっかりと巻いていない。
近所のm野さんから頂いた。息子宅と半分こ。3㎏のも有った



キャベツもいただいた(これも息子宅と半分こした)



最初の柿が仕上がってから最後の吊るし柿。
今年も無事に仕上がった



この吊るし柿が仕上がって白い粉が付いたら「今年の吊るし柿仕事」終わりである。
吊るし柿を始めて何年目?。今では年中行事になっている。
来年も再来年も作れるといいな。


最後に山茶花の写真を一枚

コメント (2)

柿の収穫終わり

2018-11-23 22:44:30 | 農園・果樹園・花壇

11月も下旬。それにふさわしい寒さになった。
この間までの暖かい秋から一変して冬空になった。

昨年は我が家の柿は大豊作で取っても取ってもなっていた。
今年は不作とまではいわないが、昨年ほどではない。

ヒラタネ柿は友達や近所の方、皆にお分けして美味しい吊るし柿となった。
富有柿も宅急便で親戚、友人、aki君、知余さんに送ることができた。

木守柿を残して今年も収穫終わり。なんとなくホッとしている





イチジクは一番盛りの時に台風に遭った

その後、沢山実が成っているが、もう間に合わない。
このまま霜にやられてしまうだろう



小鳥が味見したがまだ未熟だったのかな



甘夏

今年は不作かな?



東側から見ると(川の方)

 
金柑が色づいて来た


キーウィも昨年ほどの豊作でなかったが400個くらいあった。
追熟させるリンゴ、トキ、秋映、ジョナゴールドなど試したが
殆ど変わりなかった。
 
今朝は室温が一桁になった



これでもまだまだ温かい。ピーマンの葉がまだ健在?。畑に霜は降りてない。



葉物野菜も、伸び伸びとしている
 




大根を収穫した,あ、ミカンも
 



秋の深まりを感じる夜である



コメント (10)

温室に暖房機を設置する

2018-11-21 23:00:16 | 農園・果樹園・花壇

11月にしては暖かい日が續いていた。
毎年11月初めに暖房機を設置するのだが、今年は随分遅い。
温度の必要な蘭の類が少なくなっているせいでもある。
明日は寒くなって木枯らし一号が吹くかもの予報あり。

胡蝶蘭など入れていた時は設定温度は15度にしてたが、今は8度にしている
8度以下になるとスイッチが入り温かくなるとスイッチが切れる、自動である。




コノフィツムはあまり温度がいらないので温室の外側に置いている。
今年の猛暑もなんのその、元気な子である
何年かぶりに花が咲いた




こちらは名無しの多肉ちゃん




温室に入れてない多肉の火祭り、赤く成ってないのと、紅葉したのと



 




畑の様子

初挑戦の下仁田ネギ




桃の木の下の一人ばえのニラ

 虫に強いルッコラ




虫に弱い「チンゲン菜」
チンゲン菜を間引こうとしたら虫が・・・・・
探してみたら5匹も居た



もっと間引かないと駄目だね



暖かかったのでどんどん伸びた葉物野菜。



イチジク
霜が降りるまでに熟するだろうか

 




すじ植えの玉ねぎ

土寄せをした

 

巻かないレタス「ビミダス」の葉の穴は小鳥の仕業だとおもう
ネットが必要だな




8月の終わり?9月になったからだったろうか、着果した冬瓜。霜が降りる前に収穫しょう


玉ねぎ苗が余ったのでまた追加植えた

 




富有柿はまだ沢山残っているが、ヒラタネ柿は子守柿のみ



召し上がってと並べて置いた柿は知らんぷり。
木で熟したのはすぐ突くのにね。




遅くに挿し芽した、サツマイモ。良いのが出来ていた



焼き芋に丁度いい大きさである。

最後まで残っていたヒラタネ柿の吊るし柿。陽の光が弱いのでゆっくりの出来である。
その分しっとりとして美味しい。




富有柿、キーウィ、ミカン、金柑・・・・・ああ焼き芋も。
体重増に気を付けましょう




コメント (8)

カリンとイチジク

2018-11-19 23:10:18 | 一人のための、料理、保存食、

隣の竹に負けてはなるものかとどんどん高くなったカリンの木。
毎年4~5個くらいなのに、今年は20個くらいなっていた。
もう収穫の頃かなと見にいったら全て落ちていた。
傷んだのは捨てて置き後は持ち帰った

かりん酒はまだ残っている。(あまり好きでない)

何とか消費する方法はないだろうか。
花梨の水あめを作ってみよう




半分に割って、




四つ割にして種を取って





出来るだけ薄く切って


10分くらい煮て



ざるにあけて
この実は捨てて汁を煮詰める




煮汁をある程度煮詰めてから砂糖を入れてさらに煮詰める



最後に我が家の生姜で作った粉末生姜があるのでそれを入れてさらい煮詰めて出来上がり



ビンに詰めて。見た目は美味しそうな色であったが、なんとなく「イグイ」
のどには良いだろうが・・・・・。




次はかりんのピールを作った

四つ割りにして種を取り皮をむいた



薄く切ってから暫く水に浸けて置いた



たっぷりの水で茹でて水を捨てもう一度茹でて汁を捨てた。
柔らかくなっていていぐみもなくなっていた。
砂糖を入れてじっくり煮詰めて




グラニュー糖をまぶしてかわわした




これは、もん父さんたちにも人気が良かった。

イチジクのジャム

美味しく熟すのを待って居たら小鳥に先を抜かれる
少し早めに取って柔らかくなるのを待った(2級品)



ある程度に詰まってから味を見ながら砂糖を入れた



程よい甘さのジャムになった





今日はホームベーカリーでパンを焼いた。





明日はこのジャムを付けて食べよう

コメント (8)

暖かいので葉物野菜が急成長

2018-11-17 23:51:11 | 農園・果樹園・花壇

紅葉真っ盛り。ここに来て暖かい日が續いている。
葉物野菜が急成長。うれしい事だが、不安もある。
冬中食べようと思って少しずつ蒔き足していたほうれん草が
一気に伸びて後続のほうれん草が先のに追いついてしまった。

 

9月初めに苗を買って植えたブロッコリーずっとネットの中だったが




ネットを外してみると、一番大きいのがテニスボールくらい


玉ねぎもしっかりしてきた

キヌサヤ




スナップエンドウ




定植した




何時も通りのsakko便の収穫ともう最後と思われる
ピーマンと唐辛子など

色付くまで後何日かかるだろう。緑のパプリカも収穫した




ピーマンと伏見甘長唐辛子




紐唐辛子




もう少し葉が枯れてからと思うのだが、一株だけ試し掘りして見た


洗って計ってみると574g

種生姜を外すと474g

約100gの種生姜が574gになったことになる。5.7倍か、それは良いが
生姜が小さい。
後はもう少し葉が枯れるのを待とう。


少しだけ花の写真を








コメント (8)

談山神社の紅葉と談山(かたらいやま)、ご破裂さん

2018-11-15 20:53:32 | 家族でお出かけ

我家の紅葉狩りは11月23日がほとんどなのだが、皆の都合で昨日14日に
談山神社に行って来た。8時出発で約1時間。
平日だし、駐車場は空いていた。

駐車場から山門まで


誘惑に負けて・・・・

草餅、古代米餅、とち餅






懐かしい大銀杏




孫達が小さかった頃、この大公孫樹の前にヒコバエが生えていて、その黄葉が
上手くカメラに収まった。先ずはここで記念撮影したものだ

これは2004.11.23の写真である


談山と御破裂山



私は昨日の霊山寺の奥の院までのウオーキングで疲れた足での山道と登り階段・・・・・
頑張って行って来た







ここから250ⅿの坂道を登って



ここから大和盆地が一望できるのだが生憎の曇り空でほとんど何もない何も見えなった


13重の塔





本殿からの眺め







ここに来れば必ず買って帰る濁り酒がある





空はどんよりしていて、いつ降り出すかわからない状態だったが、
今年も良い紅葉狩りが出来た。少し緑も交じっていて「新鮮な紅葉」と思った。

午後からは柿の収穫を手伝って貰う予定。
段ボールに詰めて友人、親戚に毎年送っている。
しっかり詰めると12~3㎏になる。助っ人が必要だ。

先ずはお食事から

いきなりステーキで



食後のデザート


写真撮らなかったが三人で頑張って柿の収穫。

段ボール5個分。クロネコに持って行って終了。お疲れ様でした
(たくさん取り過ぎて、、もん父さんちも我が家も柿がいっぱい。暫くはスポーツバッグが重くなる)

後はCちゃんとaki君が残っているが、何か付録を付けて送ってやりたい。

現地集合で収穫したヒラタネ柿、吊るし柿が上手く仕上がったと皆さん喜んでくださっている。

今年の柿もほとんど採り終わったが我が家の分がまだ木に残っている。
リンゴを入れたキーウイが甘くなっている。
蟻んこsakkoの備蓄品も揃ったし、感謝の日々である

コメント (8)

霊山寺(りょうせんじ)のバラを見に行って来た

2018-11-13 22:51:35 | 旅行・お出かけ・散策など

息子の幼稚園、小学の時のママとも4人で久しぶりにお出掛けした。
朝から、小雨が降りだしそうな天気。小雨決行で出かけた。
11月はまだ薔薇が見ごろになっているが、シーズンオフ
バスは1時間に一本、4人だからタクシーの方が安いよと一つ手前の駅、
学園前で下りてタクシーで行った。1490円÷4=

お寺なのになぜか大きな鳥居。


このお寺は弘法大師がお祀りになった弁財天がおられるので鳥居がある

入ってすぐ右手奥がバラ園






もう、薔薇は終わりに近いが、まだまだ見ごたえがあった





 










お昼は仙人亭で頂いた



久しぶりのお喋りは楽しかった。ご馳走も美味しかった



その後、モミジを見ながら散策

鳥居があちこちに有る










ここから奥の院まで1㎞の登さか(徒歩20分)、どうしょう・・・・
行きましょうと言うことになって、休憩しながら奥の院へ




やっと鳥居が見えてきたが、其処が入り口?、ず~っと続く石段(下り)





行きは(下り)は良いが帰りは(登り)どうするのと内心怯えながら下った。









奥の院に聳え立つ樹齢800年の大杉




晴れていたら紅葉がもっときれいだっただろうな。降り出しそうな曇り空だったが
かえって暑くなくてよかった。バラ園も良かったが、奥の院までの小ハイキングも楽しかったねと
帰途についた。秋の陽は短い。暗くなる前に帰れた。

 

追記

薔薇園で剪定された枝を頂いて来た。挿し木しょう

 

前回は2011.5.24に来ていた。
その時は薔薇の満開の時期。2011.5.25のブログから写真2枚を載せて置く



 

記録

昨日(12日)インフルエンザの予防注射を受けた。



 

コメント (8)

今日も日本晴れ、

2018-11-11 23:28:52 | 農園・果樹園・花壇

今日も日本晴れ、吊るし柿日和が続いている。
今年もヒラタネ柿で吊るし柿作りの輪が広がっている。
「お天気続きで今年の吊るし柿は綺麗に仕上がった」と皆さんからの便り。
我家の吊るし柿も上々の出来上がり。
今年の柿は特に大きい。250g級のがいっぱいだ
後少しで完成の吊るし柿。夜風に当てるか、夜露を避けるか。それが問題だ。
で、もう直ぐ完成の吊るし柿、

こうして寝袋でお休みいただいた





小豆の収穫。

初秋の頃、緑の莢がぶらぶら、今年は豊作だなと期待していたが
収獲前に虫に付かれて、期待薄になってしまった。
それでも5カップくらいあるだろうか。

選別にはこの竹の「箕」が一番いい。プラスチックではどうも駄目だ。
箕を斜めにして小豆を転ばして良い小豆を選ぶ。
カメラマンが居たら実演を載せるのにな。





夕方sakko便の野菜を取りに行った




気に成っていたエンドウの発芽

キヌサヤはしっかりと発芽していたが、南海みどりの発芽率が悪い。
種はまだどっさりある。追加10カップ蒔いて置いた





序に人参を間引いた。

 

花の写真

山茶花

蕾はピンクだが咲いたら純白

 

 



クレロデンドルム ウォリキー

数年前に買った花でこの春は殆ど枯れていたが植え替えて剪定したら
見事に復活した。

 







ビオラ



ツルソバ



暑さで枯れてしまったシクラメンの鉢に一人ばえがいっぱい

 

昨日の夕陽



夏の間はこの川の向こうに沈んでいた太陽が今は二上山のふもとにしずむ。
山の向こうは大阪の街。生駒山から見たあの夜景が目に浮かぶ。
あの日は雲があったけど今日は雲一つない。見てみたい夜景である。

コメント (4)

果樹・野菜

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ