コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

けいおん!! 第12話「夏フェス!」感想

2010-06-23 03:46:43 | けいおん!1期&2期(2009-2010)

 今回は毎年恒例の夏合宿回。今までは紬の海に近い別荘に行ったりしていましたが、今回は梓の提案で夏フェスに行くことになります。今までとはちょっと違った展開になりそうな夏合宿、どうなるんでしょうか。
 今までの合宿回がよかっただけに、どうなるか心配でしたが、予想以上の出来栄えで満足です~。ライブシーンも迫力ありましたが、夜会話シーンが素晴らしすぎでした。個人的に神回な1話です。


 いよいよ夏休みに入る今回。軽音部の面々も合宿を楽しみにしていました。いつもはクールに見ている澪・梓も。3年となる今回の合宿はどんなものになるのでしょうか。最初から画のクオリティがいつもよりちょっと高めで驚きでした。京アニは本当崩れませんね…。

 前半。唯の家で打ち合わせをすることになりますが、唯はやっぱり遊びモード…。結局澪達に止められます。最初唯は例年通り海に行こうと提案しますが、唯達が3年生で受験生ということで梓も心配に。
 そこで梓は今後の部活動のためにも夏フェスに行こうと提案。久々に軽音部らしい活動になりそうです。ちなみに自分は一度も夏フェスとかには行ったことがありません…。暑さに勝てる気がしない…。に、しても唯の山のイメージって何年前~。ベタすぎて思わず笑。あの謎な肉…本当何なのでしょう。

 チケット問題に関しては、さわ子先生が既に持ってたということで解決。さわ子先生、神出鬼没すぎ~。夏フェスについて暑く語るさわ子先生でした。澪もいつもの律並にやる気のようで、いつもとは違った澪の姿が見れそうです。ちなみに憂は今回も留守番でした。憂は意図があってこの見守るポジションに留まっているのか気になるところ。


 そんなこんなであっという間に夏フェス出発当日。みんなの衣装も可愛いです。梓が一番乗りかと思えば、後ろに変装した唯が~。珍しく早起き。その後続々とメンバーが集まってきますが、誰も唯に気付いていなくてなんか寂しかったです…。結局最後は唯が自分からいるよと返事をすることで終わりますが、ここでもめげずに明るく返事をする唯になんか暖かい気持ちになりました。唯はいい子…。あとさわ子先生は最後に登場しますが、ライブで徹夜+二日酔いで早くもダウン気味…。ハードスケジュールすぎです。でも行く前日に何かしたくなるのは何故なんでしょう。

 そうしてバスで出発!したものの、唯とさわ子先生が酔ってしまい大変なことに…。澪はやたら張り切っていて、律にも呆れられてしまいます…。紬も焼きそばを食べたいと庶民的提案。今回も紬の庶民ネタがいくつか仕込まれていました。これも今後の伏線だったりするんでしょうか。
 澪はドライブインでも張り切っていました。バス旅行の楽しみのひとつですね~。律といつもと立場が逆転しているようです。唯はアイスを食べて復活!アイスに目がない唯でした。梓がアイスをなめているシーンは狙っているとしか…。みんな変な方向に張り切っていました。


 夏フェスの会場に到着。人だらけです。さわ子先生、やたら仕切りたがりすぎ。それには律も呆れてしまいます。今回の律は本当常識人っぽかったです。皆がはしゃいでいるとそうなってしまうんでしょうか。
 こういうフェスでの寝場所確保も大変なんですね…。とりあえず斜面で落ち着くことに。ここでも紬の庶民への憧れネタが仕込まれていました。キャンプには虫よけスプレーは欠かせません。この辺の律に頭を抑えられている梓がかわいい…。

 そうして準備を整え、いよいよ会場入りすることに!

「はじまるぞ、夏フェス!」

 後半。色々なステージの説明を受けます。ステージの移動はTVで観ていても大変だなーと感じます。本当にジャンルごとに別れていたりと色々なステージがあるんですねー。食べ物に張り切る唯と紬が良い感じでした~。。
 さわ子先生は毎年この夏フェスに参加していたようです。で、今年も友達と来ようとしたらドタキャンされたようで…。なんだかかわいそう。

 そうしてバンドのステージを見ることに!けいおんで今まで見たことのないくらい人がたくさんいてビックリしました…。モブ描くの大変そう。会場の盛り上がりもすごすぎでした~。演奏も音楽のアニメだからかリアルに感じられました。さすが京アニ。
 唯達も演奏を聴いて盛り上がりはしゃぎます!澪もいつになく輝いています~。最近澪がなかなか目立たなかったので安心したり。
 ですがさわ子先生の指示で演奏を聴いてすぐに移動することに…。こういうの嫌ですね…。結局さわ子先生と別れて行動することになります。澪も張り切って違うステージへ向かいます。澪に律もついていくことに。残された唯・梓・紬はそのまま残って観ることに。こうしてひとまず3組に分かれます。

 澪と律。ギターの人がカッコ良~。左手ということで澪も大はしゃぎ。確かにたまに左利きの人を見るとなんか嬉しくなる時があります。実際左手は苦労することばかりで、そういいものじゃないのですが…。

 ステージを観ている梓と唯。唯がいつになく真剣にライブを観ているのをみて、梓は唯がようやくやる気になったのかと期待しますが、唯はそのバンドの男の人の変な髪型が気になっていました…。パイナップルにしか見えない件。確かにこういう髪型ってどういうふうにセットしているか気になります。きっと毎日セットに苦労しているんでしょうね…。和みました~。
 その後屋台コーナーで食料確保することになりますが、目当ての食べ物が売り切れで呆然…。今回の紬はなんかドジっ子っぽかったです。2期になって紬の印象もだいぶ変わってきたような。

 その後時は過ぎていき、会場には雨も降ってきます。でも皆それぞれ夏フェスを楽しんでいました。
 落ち着いた頃、時間が空いたということで食事を取ることに。澪が食料確保し、他のメンバーで場所を確保することになります。で、川で食事することに。
 が、ここでも澪の左手好きで困った事に…。左効きの人がいるバンドのTシャツを買ったことに浮かれて、肝心の食事を忘れてしまいます。結局さわ子先生から律からメールがきて、たこ焼きをもってきてもらえることに。今回の澪って…。


 そうして迎えた夜。夜の画が綺麗過ぎ~。合宿回の夜背景は毎回素晴らしいですね。大満足です。お風呂シーンはカットされたということであれかもしれませんが…。梓は相変わらず真っ黒に日焼け。唯のかわいいからいいじゃん…確かに正論です。さわ子先生は相変わらず。

 夜、まだ会場は賑やかでしたが、軽音部の面々はそれぞれの時間を過ごしていました。一人で佇む唯。この構図がなんか夜の空気を感じられてとてもよかったです。こういう構図に弱いです…。
 そこに梓がやってきます。更に背景が幻想的に…。唯は遠くのライブ会場の音を聞いていました。そう話す唯がいつもとどこか違って見えました。梓も座りこみ会話に。やっぱり唯と梓のコンビはいいなーと思います。
 その後他の三人もやってきて、5人揃います。星空がきれい…。


「なんか夢みたいだな…」
「はい、不思議な感じです」
「こんな広いところで
 ずっと音楽が流れているなんてね…」

「今日観たバンド、みんなカッコよかったな…」
「うん、音の勢いっていうか、
 迫力がすごかった…」


 寝転がり、今日のことを振り返る5人。皆にとって初めての夏フェスでしたが、楽しく終わったようで何よりでした。
 でも唯は自分達の演奏の方がいいと妙に自信ありげ。今回の律は控えめだったような…。それでも自信満々な唯。語る唯が輝いて見えました。


「でもやっぱり私達の方がすごいよ!
 一体感というか、なんというか…
 そう、オーラが!」


 なんかしんみりした雰囲気が良い感じ。その後も皆唯に続くように、バンドへの自信を語ります。演奏する方で参加する…その願いが叶う日はくるんでしょうか。唯達も今回の出来事でまた一歩成長し、絆を深めたようです。
 皆、思いが一つに。そして皆で会場を見つめます――。そして唯は改めて決意。


「これからもずっとみんなで
 バンドできたらいいね!」
「そうだな」「うん」「そうですね」
「ああ…ずっとな!」


 皆頷いたところで今回はおしまい…。なんか今までで一番良い終わり方だったかもしれません。この余韻がまた素晴らしい…。久々に京アニの本気が見れた気がします。今回は何度でも見返したい回になりそうです。合宿回は外れが本当にありませんね。


 次回は「残暑見舞い!」原作通り2年生組メインの話に~。待っていました!前の2年生回も独特な感じがしたので、次回もどういう雰囲気になるのか気になるところ。水着回でもありそうです。紬とさわ子先生のカットもなんか妙に気になってしまいました。今回の予告の編集上手かったです。
 次回は放送が2時からということで、いつも通りうpできるかちょっと分からないですができるだけ頑張ります~。

 ではまた次回に!

 


この記事についてブログを書く
« GIANT KILLING(アニメ)#12 ... | トップ | デュラララ!! 第24話 「則天... »