コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

花咲くいろは 第15話「マメ、のち、晴れ」感想

2011-07-11 03:44:16 | 花咲くいろは(2011春夏)

 今回は前回の話の後半。バイト4人にいきなり辞められ、困る緒花達の修学旅行先の旅館の人達…。この危機を旅館はどう乗り越えていくことになるんでしょうか。緒花達の関わり方も良い感じで見ていて楽しかったですー。今回初めて結名がかわいいと思えました。今後が気になるキャラの一人になりそうです。


 はじめは前回のシーンの続きから。不真面目なバイト4人が突然旅館を辞めると言い出し、困る洋輔をはじめとする福洋の従業員達…。それに便乗するように結名も洋輔に女将の仕事にやりがいを感じないとプロポーズを断ります。洋輔、ついてなさすぎ…。
 その後人手が足りないということで福洋は大変なことに…。やはりそう簡単に働き手は見つからないようです。そこで緒花が手伝うと申し出ますが、お客様だからと断られてしまいます。洋輔の両親はやはりこの辺ちゃんとしているようで。緒花もこの時は納得するのですが…。

 移動中も旅館のことが気になる緒花…。それでも修学旅行は続いていきます。
 喜翆荘の皆のおみやげ選び。民子は徹へのおみやげに名前入りのキーホルダーを選びます。こういう名前のおみやげ、ついつい見てしまうの分かる気が。緒花の名前はありそうでないんですね。
 と、そこにはあのボイコットしたバイト4人組が…。仕事の愚痴ばかり言う4人組。洋輔も悪いとはいえ、こっちは社会人として色々失格です…。
 そんな無責任な4人に腹をたて乱入する緒花!

「そっちの方がありえないです!」

 結果、アイスをぶちまけることになってしまったりと、なんだか大変なことに…。とりあえず逃げることになります。これ以降この4人はこのままフェードアウトしてしまいますが、戻ってきてもあまり良い感じはしないのでこれでよかったのかも。
 あとここの作画がのっぺりしているのが気になりました。常に安定している花いろにしては珍しいですね。普通の作品だとこれが普通なんですが、花いろだけにちょっと気になってしまいました。花いろ、ここまで来ても毎回画が安定しているのはすごいと思います。

 そして緒花は放っておけず、福洋旅館へ戻ることに!次郎丸のおみやげはエッチなものがいいと言い残して~。緒花、変なこと気にしすぎ~。そうして緒花は福洋旅館へ。
 結局福洋旅館も働き手が見つからず困っていました。ここで緒花が!緒花はどうやら旅館の仕事が大好きで仕方ないようです。こういうふうに思えるってきっと幸せなことなんでしょうね…。
 また洋輔父は両親スイさんと、喜翆荘のことを知っていたようです。洋輔父はしっかりしているようで。そのこともあって、洋輔父は緒花に手伝いをお願いすることに――。期待通りの展開になってきました!

 そうして早速緒花は手伝うことに。ハイテクな機械に心踊らせながら仕事にあたります。洋輔もこうなったことに対して謝りますが、緒花またもやばっさり~。緒花、いつも容赦無いですね…。バイトとの付き合い方も難しいようです。
 大忙しな旅館。機械で盛り付けしていく光景になんだかバイトした時の記憶が妙にリアルに蘇ってきました…。この辺の描写もリアルでした。PAのこういうところ、やっぱりすごいです。


 また民子・菜子も一緒に手伝うことに!そうして事はどんどん良い方向に回っていきます。ですがまだまだ終わらず…。それも緒花は秘密兵器があれば大丈夫だと思っていましたが、ここで思わぬトラブル発生…

「機械が止まった!」

 まさかのトラブルで秘密兵器終了です…。アニメとか映画でこう最新鋭の機械が出てくると絶対こうなるようで…。やっぱりあまり便利なものに頼りすぎるのはよくないようです。

 この危機をどう乗り越えるのか話し合う旅館の面々…。ここで緒花はシャワーどんを提案。食事前に先にお風呂に入ってもらうということでした。これはいいしのぎ方ですね。周りのスタッフもこれに賛成、早速行動に移ることに。
 

 その後、緒花の学校が旅館に戻って来ます。急ぐ緒花達。ですが緒花達は楽しそうでした。こういうふうに仕事できたら楽しいんでしょうねー。
 結名もそんな緒花を見つけ、気になってしまいます…。そしてその後大浴場を掃除する洋輔に話しかける結奈。ですが洋輔からの話題は緒花のことばかり…。お人好しだといいつつも、旅館の仕事が大変なことを知っているから手伝ってくれているんだと、旅館の仕事に一生懸命な緒花に感心しているようでした。
 他にやりたい仕事はないのかと洋輔に訊ねる結名。ですが洋輔もこの旅館で色々見てきたようで、辛さは知っているものの楽しいこともあると、結名の考えを否定。またここで結名の望み通りプロポーズを撤回しますが、結名はそれはそれで不満なようで…。女心は色々難しいようです。
 ここで洋輔に緒花を引き合いに出された結名はムキになり、掃除をしようとします!

「しないわけじゃないもん、できないわけじゃないもん!
 別に緒花ちゃんがどうとかじゃないんだから」

 こうして二人で掃除することに。自分が磨いたところが綺麗になってやりがいを感じる結名。結名も遂に旅館の仕事に目覚める時が…?

 そうしてお風呂の準備もばっちりに。結名も一応貢献したようで。配膳もなんとか終了。緒花はいつの間にかクラスの女子も巻き込んで仕事していましたー。緒花もクラスに馴染んでいるようでちょっと一安心。そして結名も皆に褒められて嬉しそう。この瞬間、初めて結名がかわいいと思えましたー。

 食事の前、洋輔は今日のことを皆に謝ります。ですが皆暖かく許してくれました。また結名が風呂を洗ったと聞いて、男子達は妙なことに…。
 仕事がひと段落したその後、緒花・民子・菜子・結名は洋輔からお礼ということで露天風呂を貸切にしてもらえることに。と、いうことで入浴シーンです!あまりよく見えませんでしたが、BDだとまた違うんでしょうか…?安らぐ緒花達を見ているだけで1日の疲れがとれる気がしました。
 結名も疲れたものの、すっきり。

「なんかちょっと楽しかった」

 そして緒花、力説。とにかく緒花が旅館の仕事が大好きだと今回の話でよく分かりました。
そしてまたもやエッチなおみやげの話~。菜子のツッコミが妙に冷静で笑。こうして楽しいひとときが過ぎていきます――。

 
 そうして修学旅行、最後の日に。緒花達が帰る日になりました。洋輔も今回のことで反省し、色々学んだようでした。結名ともまだまだどうなるか分かりません。結名がまたここにくる可能性もあるんでしょうか。

 緒花と別れ、家に帰る結名。この家に帰る光景が修学旅行帰りっぽい雰囲気があって良い感じでした。この時間も楽しい時間だと思います。
 帰る中、結奈は改めて自分の家の旅館を意識。いつもと違う結名の一面が見れるシーンで良い感じでした。結名も旅館で働く辛さを知っているからこそ、旅館の仕事から遠ざかっていたようです。でも今回のことで旅館への意識もちょっと変わったようで。結名がふくやで働く日がくるのかもしれません。

 緒花達も喜翆荘へ戻ってきました。スイも緒花達の帰りを待っていたようです。緒花もすっかり喜翆荘の一員です。そしておみやげ披露。おみやげいい加減過ぎ~。
 おたふくのお面の豆爺、ハゲヅラの縁、はにわに戸惑う板長面白すぎでしたー。エッチなものじゃなかった…。皆のおみやげ、巴との落差が凄まじいです…。どうしてこんなことに…。でも徹に喜んでもらえて民子、よかったね…。

 今回最後はふくやを見上げる結名でおしまい。

「まあぼんぼってみますか」

 今回の修学旅行で結名の考えもまた変わったようでした。前回までの結名と比べとても輝いて見えます~。ふくやで働く結名の姿も見てみたいような…。
 前回からの修学旅行編は、なんだかいつもよりストレートな面白さがあって見ていて楽しかったですー。緒花もいつも以上に頑張っていました。ちゃんと最後にテーマや答えがしっかり用意されていたことも好印象でした。働くことが楽しそうに描かれていたことも。今回の話は是非学生の方に観て欲しいですー。


 次回は「あの空、この空」いままでにない感じの予告の仕方で面白かったです。この予告だけ見ても内容予想しづらいですね。どうやらまた温泉街を盛り上げるために皆で話し合う話になるようですが…。
 今月の放送分のあらすじが公開されましたが、今月もぼんぼり祭りはまだで、今回のような話が続くみたいです。でも18話は岡田さん脚本で、菜子話が来そうなので楽しみです~。菜子ファンの方は18話お見逃しなく!

 ではまた次回に!