コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デュラララ!! 第17話 「有為転変」 感想

2010-05-07 17:15:38 | デュラララ!!(2010冬春)

 今回で罪歌にまつわる話がひと段落。杏里と静雄はどうなるんでしょうか…。静雄無双がすごかったです!静雄が主人公でいいんじゃあ…。杏里と春奈のヤンデレ同士の戦いは見ていてヒヤヒヤするものが…。


 はじめは杏里の幸せな家族回想から。今回は臨也=神谷さんナレーション。臨也は結構ナレーションにぴったりな役回りなのかも。ですがそれは夢でしかなく…。現実は厳しいものでした。前回罪歌の大本だと明かされた杏里。その過去には何があったのでしょうか…。
 一方静雄は罪歌が操る人間と戦っていました。その人数、約100人…。普通の人ではとてもではないですが立ち向かえません。アニメで一番どう表現するか気になっていた静雄無双ですが、迫力があって良い感じでした~。今までのアニメにはない不思議な空気を感じました。
 次々と人々を蹴散らしていく静雄。そんな静雄の姿にセルティも惚れ惚れ。静雄すごいです~。ですが突然罪歌の操る人間が止まり…。セルティはその隙に罪歌の元へ向かうことになります。セルティは静雄に黒い手袋を託しその場を後に。セルティかを送り出した静雄は更にやる気になります。まだまだ戦いは続くようです…。

 杏里と春奈。春奈は罪歌の本体を宿していたのが杏里だと知り驚きつつも、それを認めたくなく反発…。春奈も罪歌の子でしかありませんでした。
 そして杏里は事態を収拾するために、春奈に罪歌の子達を止めるように頼みますが、春奈は聞かず。そこで杏里はいつも自分が聞いている罪歌の声を春奈にも聞かせることに。


「少しだけ聞かせてあげます。
 私の中に、いつも響いている罪歌の、
 愛の言葉を」


 そうして杏里は春奈へその声を流し込みます――。ですがその罪歌の愛しているという言葉はとても恐ろしいもので…。いつもこの声がずっと聞いていたら狂ってしまいそうです…。原作でもテキストが愛しているだらけで恐怖を感じました…。
 ここで杏里の過去も明らかにされます――。古物商だった杏里の父親でしたが、商売が上手くいかず、そのストレスの矛先は杏里へ…。杏里は父親から虐待を受けていました。杏里が常に客観的であろうとする理由にも納得です…。
 そして5年前のある日、古物商の杏里父が罪歌を持ち込んだことで悲劇が起こってしまいます…。杏里の首を絞めていた父親を罪歌を持った母親が殺し、そして母親も自殺…。5年前の切り裂き魔は杏里の母親でした。過酷すぎる…。杏里は目の前で家族を失ってしまいました。杏里が人を愛せなくなったのはその過去の経験によるものでした。
 そして残された杏里が罪歌に手に触れたことで、以降罪歌は杏里に…。とにかく暗い杏里の過去でした…。

 罪歌の声を聞いた春奈は限界…。そして何故杏里にその声に耐えられるのかとたずねます。それに杏里は足りないものがあるから、人を愛することができないことからずっと客観的に聞くことができるんだと答えます。
 春奈はそれでも認めなくてやけになって杏里を切りつけますが、罪歌の大本の杏里にはきかず…。杏里はそれでもう春奈を説得するのを諦めて、罪歌を使うことを決意――。


「謝りませんよ。 
 ここでまた謝ったら、
 私の生き方を否定することになりますから

 私はずるいんだと思います。
 あなたにひどいことをして、
 自分の平穏を守ろうとしているんですから…
 でも仕方ないんですよ。寄生虫ですから」

「だから愛してください、罪歌のことを」


 杏里もようやく何か吹っ切ったようです。杏里思い切りすぎ…。そうして杏里は自分の生き方を貫くために春奈を斬り、人々の動きを止めます…。こうしてこの晩の一連の事件は収束へ向かっていきます。


 静雄無双。静雄は大勢の人々から刃で攻撃されますが、それでも静雄は止まらず。音楽も良い感じになってきました~。飛んで攻撃をするシーンがとにかくすごかったです…。蹴りがもう人間じゃない…。
 静雄はこれまでの臆病だった自分を思い出しつつも、今それを振り切ろうとしていました。静雄もようやく自分の力を受け入れられる時がきたようです。
 に、してもどうして戦う静雄はこんなに生き生きとしているんでしょうか…カッコよすぎです。そして敵に対してもこんなセリフ。


「俺を愛してくれる奴の前で、
 倒れるわけにはいかないだろ?」


 今回の静雄は本当にカッコよかったです~。ですがその頃罪歌の支配が終わり…。杏里が春奈を支配し、人々の意識を開放したことで、静雄が攻撃している間に 静雄も慌てて力を止めようとします…。


『止まれ!
 止まりやがれぇ~!!』


 これまでずっと自分でも止められなかったその力。静雄は頑張って自分の力を止めます――。他の一般市民にも目立った怪我はなく。それに静雄は心から安心します…。


「やっと…
 やっと俺のいうこと、きいてくれたな」


 静雄は大喜び!静雄の笑顔がとても素敵でした。今回の静雄は本当に主人公のよう…。


 その後の杏里達。セルティもやってきます。また教師の那須島にからまれますが、杏里は教師を助けたことで、借りを返したとはっきり告げます。

「私は先生のこと、大嫌いですから」

 そして何故セルティに追われていたのかと教師を問い詰めます。どうやら那須島は春奈のことだけではなく、追われるだけのことをしたようですが…。その後那須島は罪歌に脅され退散。最後までヘタレでした…。


 後半ワゴン組から。どうやらあの夜の後の話のようです。いきなり乃木坂春香が出てきてびっくりしました…。しかもキノの旅トークまで!さすがは電撃文庫。ワゴンは痛車になってしまいました…。確かにこれで犯罪はできませんね…。

 入院している杏里。罪歌があっても無傷とはいかなかったようです…。あと帝人が見舞いに。正臣は用事があるからと帰った様子。今回の罪歌の事件では帝人は本当に部外者でした…。まあ1巻の時出番が大目だったので仕方ないんですが…。
 杏里から話を聞く帝人。杏里が静雄とセルティに助けられたと知り驚いている様子。しかも杏里はセルティを男だと勘違いしていて、セルティに好意を寄せていました…。帝人危うし。セルティが女と知っている帝人は更に色々複雑なようです…。
 そして杏里は、


「何も起こらないこと…
 毎日毎日同じ事の繰り返しで、
 何も起きない…何も変わらない…。
 それが本当の――」

 

 と、本当の非日常は、何も変わらないことだと帝人に話します。やっぱり普通の日常が一番なんでしょうね…。

 あの後セルティは春奈を回収し、治療のため家に運ぶことに。また去り際に杏里にアドバイスも。セルティは杏里に何かの道を示し去っていきます――。こうして杏里は罪歌で100人を操る力を得ましたが、どうなるんでしょう…。
 すべてが終わった朝。そんな中、罪歌の声が一瞬止まり、杏里に一言話しかけてきます…。

「あなたのことは愛せないけど、嫌いじゃない」

 杏里はその罪歌の声を嬉しく感じます。そして杏里の思い出に帝人と正臣が…。杏里もまた歩き出そうとしていました。どこか爽やかに、一連の罪歌の事件は終わろうとしていました。今こうして振り返ると今回の話は意外なことばかりでした…。
 ですが杏里は罪歌で取り込んだ人達の記憶を見て、この事件の裏に黒幕の存在がいることを知ります…。どうやらまた事件が起こりそうです…。


 それは折原臨也。事件終わり回ということで絶好調です。そんな臨也の話を波江が聞きます。こうして見ていると話を聞かせるために波江を雇ったんじゃあ…とも思えてしまいます。
 やっぱりこの作品の黒幕は臨也…。教師の那須島を杏里の家へ向かわせるように仕向けたのも臨也でした。どうやら教師は色々なところから借金をしていた様子。臨也の金まで盗むとは命知らずですね…。で、那須島はあの後、戦い後の静雄と遭遇してボコられたそうです…。見事なやられっぷりでした。
 臨也は罪歌で人を操る力を持っていた春奈を利用しようとしていましたが、大本の杏里が現われたことで、また考えを変えることに。また臨也にはまた違う狙いがあったようですが…?

 ワゴン組。街は何だか色々な陣営が入り乱れ物騒に…。ダラーズ・黄巾族・罪歌と三陣営の集団ができあがり、街ではいよいよカラーギャングの争いが起きようとしていました。帝人はまだ切り裂き魔の情報を探していたりと、何だか空回り…。なんか出遅れています。
 臨也はダラーズ・黄巾族・罪歌の三陣営の争いを加速させようとしていました。あのゲーム盤はこの状況を示していたようです。各リーダーが帝人達3人組というのがまた皮肉ですね…。しかも不穏な空気になってきましたし…。3人はこのまま臨也の思惑通り戦うことになってしまうんでしょうか…?ハラハラな展開になってきました。


 一方黄巾族では集会が開かれていて、正臣が黄巾族の将軍として持ち上げられていました。黄色が効果的に使われていました。ですが正臣は戻されてしまったことにうんざり中…。とても不機嫌でした。


「俺を……引き戻さないでくれ」


 正臣はうんざりしつつも、杏里が入院したのが罪歌のせいだと思い込み、罪歌への恨みを募らせます…。そしてただの普通の高校生である自分を引き戻したことも…。

『それを…ぶっ壊しやがって…!
 許せねえ…
 杏里に手を出したのは本当に許せねえ…!』

 そして黄色のマフラーを巻き、再び将軍として黄巾族に戻ることを決意します――。


『俺を引き戻しやがって…
 ちくしょう…ちくしょう…!!』


 決意する正臣が原作以上になんか怖かったです…。宮野さんの演技がすごかった…。正臣なんだか杏里以上にヤンデレ…。でもマフラーを巻く瞬間はカッコよかったです。
 こうしてやる気かどうか分からなかった正臣も参戦、役者が揃ったような空気がするところで次回へ続きます。ダラーズ・黄巾族・罪歌の三陣営の争いはどうなるんでしょうか…。

 

 次回は「死生有命」ナレーションは正臣=宮野さん。前回ナレーションをした時と違ってシリアスな感じが…。黄巾族時代の正臣の過去・臨也との因縁も明かされそうで楽しみです。遊馬崎が目を開けているのも…。何があったんでしょう。
 と、今回で原作の2巻が終了、いよいよ原作の山場の一つである3巻へ突入です!今思い返すとこの話の頃が一番面白かったような気がします。4巻以降はのんびりした流れが続いて何だか…。アニメはやっぱり3巻でで締めなんでしょうか。幽の出番があるかどうか気になる…。

 ではまた次回に!

 


コメント (2)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
« GIANT KILLING(アニメ)#05 ... | トップ | おおきく振りかぶって~夏の... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
幽出ると思いますけどねぇ。 (空想野郎)
2010-05-07 22:36:16
こんにちはー。
多分オープニングとエンディングにきちんと登場していますし、
幽話あると思いますけどねえ。
私はそれだけが楽しみで今、この作品を観ている感じなので、
無かったらかなり辛いです。汗
コメントありがとうございます! (ソウキ)
2010-05-09 02:53:36
空想野郎さんコメントありがとうございました~。
確かにOPとEDにも出番があるのに、これで出なかったらおかしいですよね。
幽は原作では確か4巻からの登場だったので、アニメではどうなるか気になります。
出ると良いですね~。

ではでは~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

42 トラックバック

デュラララ!! 第17話 『有為転変』 (リリカル☆スアラ)
――パラサイト・ガール 「愛」を知らない杏里は、罪歌の愛の言葉に依存する。 杏里を虐待する父親を、罪歌を持った母親が殺し、自...
デュラララ!! 第17話 「有為転変」 感想 (wendyの旅路)
新たな抗争へ―
デュラララ!! 第17話 「有為転変」 (物理的領域の因果的閉包性)
日常の行方、愛の行方。
デュラララ!! 第17話「有為転変」 (♪風の~吹くまま~気の向くまま~♪)
切り裂き魔を蹴散らす静雄。 かっけー!静雄かっけー! 静雄の強さは圧倒的だね。 静雄ぉぉぉーーー!!!!!! 杏里VS春奈 激しい戦いを期待してたんだけどなぁ。 偶然と必然 偶然はどこまでが偶然? 今回の事件の黒幕は臨也。 ダラーズ(リーダー:竜ヶ...
デュラララ!! 第17話 「有為転変」 (シュガーライト)
大勢の罪歌相手に派手に暴れる静雄ですが、人が舞いすぎだw セルティ「怖い・・・いや、カッコイイ!」 http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/e003801...
デュラララ 第17話「有為転変」 (Happy☆Lucky)
第17話「有為転変」
デュラララ!! 第17話「有為転変」 (ミナモノカガミ)
罪歌を宿す者。
デュラララ!第17話『有為転変』感想 (TAHITI80の○○○○ってレベルじゃねーぞ(^0^o)人(^-^o)/)
チカラを持て余すもの(平和島静雄)にとってはそのチカラに制御を得た初めての日。そして妖刀『罪歌』に操られた杏里をトップとした切り裂き魔集団 約100名と黄巾集団の元ボス正臣、ダラーズのトップ帝人、、、、、なんか三つ巴で抗争始まりそうなんですけど発端に気...
デュラララ!! 第17話 (まぐ風呂)
[関連リンク]http://www.durarara.com/#17 有為転変罪歌の持ち主それは杏里だったのだ春奈と対峙する杏里杏里は罪歌の言葉を春奈に聞かせる杏里の父親は古物商だったしかし上手く行かない商...
デュラララ!! 第17話 「有為転変」 Part.1 (中濃甘口 Second Dining)
もう、シズちゃん無双!! 圧倒的に強すぎて、もはや笑うしかないw という事で罪歌編もクライマックスジャンプなデュラララ!!、第17話の...
デュラララ!! 17話 「有為転変」 (欲望の赴くままに…。)
罪歌編、クライマックス(`・ω・´)  さて今回で罪歌編は終わりましたが、次は黄巾賊編で彼がメインの回に。罪歌編も面白かったけど、来...
デュラララ!! #17「有為転変」 (* Happy Music *)
静雄さんの凄まじい強さを目の当たりにしたセルティは、惚れちゃった? んで、結局やる事の無いセルティは、影で作った特別製のグローブを静...
デュラララ!! 第17話 「有為転変」 の感想 (24/10次元に在るブログ)
デュラララ!! 1 (Gファンタジーコミックススーパー)茶鳥木 明代 by G-Tools 本当に面白い、ただただそれだけ     -公式サイト- TVアニメーシ...
デュラララ!! 第17話 『有為転変』 感想 (メルクマール)
すべては臨也の思い通りに運んでいるのか、それとも。デュラララ!! 第17話 『有為転変』 の感想です。
「デュラララ!!」第17話 (日々“是”精進!)
   #17「有為転変」偶然現れた那須島を追いかけ姿を消す贄川春奈。そしてその後を追う杏里。罪歌を操り、斬り裂き魔の集団を統率する春奈との対峙によって、杏里の過去が徐々...
デュラララ!! 17話「有為転変」感想 (月の砂漠のあしあと)
デュラララ!! (5)【完全生産限定版】 [DVD]販売元:アニプレックス発売日:2010-06-23クチコミを見る一先ずは終息を見た『切り裂き魔事件』しかし、臨也の策謀により、お互いを大切に思うが故に、新興のダラーズ、再興した黄巾賊、この日誕生した罪歌。池袋を三分する勢力...
デュラララ!! #17「有為転変」 (無限回廊幻想記譚 別宅)
それは偽り…… それは真実…… 南池袋公演で罪歌の子供たちに操られた人間を次々と
デュラララ!! 17話「有為転変」 (破滅の闇日記)
デュラララ!!5(初回限定盤) [DVD](2010/06/23)TVアニメ≪CD付完全生産限商品詳細を見る やはり、切り裂き魔事件は折原 臨也が裏で糸を引いていました...
デュラララ!! 第17話「有為転変」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
オリジナルの罪歌-----------!!すべては偽りか、真実か-------------?まさかの杏里の秘密。そして斬り裂き魔の本当の正体。まぁ、ここまで裏の顔を持った奴らばかりだと、そろそろ驚愕度...
デュラララ!! 第17話「有為転変」 (隠者のエピタフ)
「私のために戦わないで!」という杏里の悲痛な叫びが聞こえるようです。
デュラララ!! 第17話「有為転変」 (WONDER TIME)
「狙い通り 事は運んでくれた訳だし」 今回の黒幕もやっぱり臨也でしたw そして正臣もついに動き出す…!! 【第17話 あらすじ】 偶然現...
デュラララ!!  第17話 「有為転変」 (アニメは日本の文化遺産)
フハハ、人間がゴミのようだぁ!
デュラララ!! 第17話「有為転変」 (Spare Time)
『偶然現れた那須島を追いかけ姿を消す贄川春奈。そしてその後を追う杏里。 罪歌を操り、斬り裂き魔の集団を統率する春奈との対峙によって、...
デュラララ!! ♯17 「有為転変」 感想 (起源風景)
新OPって発売まだなんですよね・・・早くフルで聞きたい。 静雄「MSのパイロット・執事・超能力者やるには、これぐらい強くないとダメなんだよ!!」 静雄「執事は白手袋なんだけどな・・・」 春奈「その刀と赤い眼!?まさか・・・小夜!?」
デュラララ!! 第17話 「有為転変」 (SERA@らくblog)
少しだけ聞かせてあげます。 私の中にいつもいつも響いている罪歌の愛の言葉を――。 杏里は贄川に斬り裂き魔達を止めさせるために自分の...
『デュラララ!!』#17「有為転変」 (ジャスタウェイの日記☆)
「あなたの心を私の罪歌に乗っ取らせていただきます」 贄川春奈に子罪歌を止めるよう訴える杏里。 罪歌を愛の力で押さえつけている自負が...
デュラララ!! #17『有為転変』 (本隆侍照久の館)
それは――――偽り。
デュラララ!!第17話「有為転変」 (空想野郎の孤独語り)
「空想野郎の孤独語り」…この作品に関しては、 ほぼ「平和島兄弟とその周辺の人々」にしか 視点がいっておりません。 つか絶対、静雄と幽とドタチンがいなかったら観てなかった…。 (兄弟が揃ってなくても途中で挫折していたかも…汗) これが、先週上げた「平和...
デュラララ!! ♯17 「有為転変」 (つれづれ)
 ここに来てまだ面白くなるかって感じでした。何か凄いことになっていますね。
デュラララ!!~第17話 感想「有為転変」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
デュラララ!!ですが諸行無常、有為転変は世のならいということで本当の非日常は毎日同じことの繰り返しで何も変わらないことだそうです。妖刀・罪歌の大元・園原杏里の凄絶な過去も判明しますが、平和島静雄は罪歌に心を奪われた人々と文字通り一騎当千のバトルを繰り広げ...
デュラララ!! #17 有為転変 (Ηаpу☆Μаtё)
偽りと真実
デュラララ!! 第17話 『有為転変』 (ティンカーベルをください)
ダラーズ 黄巾族 人斬り集団 勢力を分けたかった臨也。 うわぁw楽しそうだなぁ(笑) 何やらかすのか、ドキドキわくわくです(・∀・)
[アニメ]デュラララ!!:第17話「有為転変」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
地に足をつけ、彼女は一歩ずつ踏み出していく、一歩一歩と。
デュラララ!! 第17話 「有為転変」 感想 (ひえんきゃく)
静雄「やっと、やっと俺の言う事、聞いてくれたな」 偶然現れた那須島を追いかけ姿を消す贄川春奈。 そしてその後を追う杏里。 罪歌を...
デュラララ!! #17 「有為転変」 レビュー キャプ (ゴマーズ GOMARZ)
那須島を追い詰め、斬りかかろうとしていた贄川春奈の前に現れた 杏里は己の腕から本物の妖刀、罪歌を取り出す。杏里は自分は人を 愛せない代わりに人を愛する罪歌に寄生して生きていると春奈に 告白する。春奈と杏里が対峙した事によって、罪歌にまつわる真実が 明らか...
デュラララ!! 第17話「有為転変」 (SOLILOQUY)
デュラララ!! 第17話「有為転変」この世の中の事物一切は因縁によって仮に存在しているもので、常に移り変わっていくはかないものであるということ。(出典:大辞林)公式HPよ...
デュラララ!!第17話感想 (うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳)
#17「有為転変」 『そのお胸力を、彼女は重荷に感じた』巨乳ちゃんは肩こりに悩ま
デュララララ17話 (ハルジオンデイズ)
17話「有為転変」
デュラララ!! 第17話 感想 (荒野の出来事)
 デュラララ!!  第17話 『有為転変』 感想  次のページへ
デュラララ!! #17 「有為転変」 (ひそかにささやかにアニメを応援している日記)
一瞬の日常・静寂にホッとしました。 そしてすかさず物語は次へ向けて動き出したようですね。
デュラララ!! #17 (Shooting Star☆彡)
第17話『有為転変』  先輩は私と違って人を愛することが出来るんですから 罪歌の件は終わりに近づくにつれて、新たな火種が燻り始め...
デュラララ!! 第17話 「有為転変」 (すずきはきょうもいきています)
杏里ちゃんマジ杏里